ローディング中

Loading...

サムゲタンやマッコリなど、ここ数年で日本でもすっかりおなじみとなっている韓国料理。でも、「チョングッチャン」はご存じですか?韓国ではおふくろの味とも称されるこの料理、実はとっても栄養満点で嬉しい効果もある優秀食材だったのです。

韓国の国民的料理「チョングッチャン」

チョングッチャンとは

思わず「え?何それ有名人?」と言ってしまいそうなほど、まだまだ日本では知名度の低い韓国の国民的料理チョングッチャン。

チョングッチャンとは発酵させた大豆ペーストのことで、このペースト自体をチョングッチャンと呼ぶこともあれば、チゲに使用されることが多いため、レストラン等ではチョングッチャンを使う料理を指してチョングッチャンと呼ぶこともあるのだそうです。

どこか懐かしい、素朴な味わいがおふくろの味と称されるチョングッチャンですが、その独特な香りと風味は本場韓国人でも好き嫌いが分かれるのだそう。日本でいうところの納豆に近いのでしょうね。

そんな古くから韓国で親しまれているチョングッチャンですが、その発祥は実に古く、清の時代にまでさかのぼります。

チョングッチャンの起源

日本でも、最近になってこそ韓国好きの間では徐々に知名度をあげてきているチョングッチャンですが、韓国では清の時代から続く伝統的食材なのです。

チョングッチャンは漢字で「清麹醤」と書きます。これは、中国の清の時代に存在していた麹菌とその形状が似ているからといわれていますが、諸説あり、定かではありません。この他にも、清から伝わったものだから、忙しい戦時中でも時間をかけずに簡単にできることから「戦国醤」から転じたのではないかなどともされています。

韓国人がいつ頃からこのチョングッチャンを食べ始めたのかに関しても定かではありませんが、満州地方の騎馬民族が茹でた豆を馬の鞍の下に入れて移動中に食べており、馬の体温によって自然発酵したのがはじまりではないかと言われているそうですよ。

なぜダイエットにいいの?

チョングッチャンが近年日本でも注目されつつある理由は、そのダイエット効果にあります。国内ではまだチョングッチャンを取り扱っているお店は限られていますが、本場韓国ではおなじみで、サプリや粉末状のチョングッチャンも販売されているのだとか。

韓国版納豆というとそれだけでなんとなくからだに良さそうなことは分かりますが、具体的にどういった点がダイエットに向いているのでしょうか。

答えは、大豆が本来持つ栄養素と発酵食品というところにあります。チョングッチャンの原料である大豆には大豆イソフラボンが多く含まれており、これが女性ホルモンに似た働きをすることから美肌や精神安定にもつながるといわれています。

また、大豆はビタミンも豊富で腸に良く、腸内環境を整えることで便秘や冷えが改善され、ダイエットにつながるのです。そのほか、チゲなどの温かい料理に入れて食べることが多いため、からだが温まり、血流が良くなることもその理由ではないかといわれています。

こう聞くと、なんだかチョングッチャンを作ってみたくなりますよね。そこで、次項ではチョングッチャンの作り方をご紹介します。

自宅でも簡単!チョングッチャンの作り方

チョングッチャンを食べてみたいけれど、どこで食べられるのか分からない!韓国に行く機会がない!という人もご安心ください。チョングッチャンの材料は大豆のみ。なにも本場の韓国に行かなくてもご自宅で簡単に作ることができるのです。

キムチや豚肉を入れて煮込んだ料理をチョングッチャンと呼ぶ場合もありますが、今回は発酵させた大豆そのものをチョングッチャンとして、その作り方をご紹介します。

チョングッチャンの作り方

1. 大豆をたっぷりのお湯でゆでる。
2. ゆでた大豆をわらをしいたザルにのせ、40~45℃で2~3日寝かせて自然発酵させる。
3. 塩や醤油、味噌などで好みの味付けにする。

材料は本当に大豆のみ。温度設定が難しいところですが、それさえ整えれば特別な調理器具が必要ありません。

枯草菌とは

チョングッチャンを作るのに欠かせないのが枯草菌(こそうきん)です。これは、土壌や空気中にも存在しているバクテリアの一種で、枯草の表面に多くいることから名付けられたのだそう。

枯草菌は腸内の善玉菌を増やしてバランスを整えてくれることから、近年では「腸内フローラ」として食品メーカーの間でも非常に注目されています。

この枯草菌の働きによって腸内環境が整い、先ほどご紹介したダイエット効果に結びついているのですね。

チョングッチャンの食べ方

大豆だけで簡単に作れるチョングッチャンですが、やはりそのまま食べるのには少し抵抗がありますよね。特に、納豆自体もあんまり好きではないという人はニオイも気になるのではないでしょうか。

そんな時、チゲ鍋など温かい料理に入れて食べるのも良いですが韓国のりと一緒に食べることをおすすめします。本場韓国ののりは日本の焼きのりや味付けのりと違い、ごま油と塩がふんだんに使用されており、そのまま食べてもおいしいですよね。韓国のりでまくことでチョングッチャン特有のニオイや風味が気にならなくなり、一気に食べやすくなります。

また、温かいご飯にナムルをのせてビビンバ風にし、それを韓国のりで巻いても韓国風海苔巻き「キンパ」のようになって食べやすいですよ。チョングッチャンそのままでは食べにくいと思う人はぜひ試してみてくださいね。

本場で食べるなら?現地で人気の「ソルリ」

韓国の中心部、ソウルから車で約1時間ほどのところにある広大な「ソイル農園」。その敷地内に「ソルリ」はあります。

このソイル農園は約3万5000坪の敷地内にて、天然塩、地下150mからくみ上げた天然水を使用して長年チョングッチャンを自然栽培しているのだそうです。この他にも梨や梅などの栽培もおこなっており、「ソルリ」ではこのチョングッチャンをはじめとする伝統料理が楽しめるほか、お土産としてチョングッチャンを購入することもできます。

名物は「納豆風味韓国みそ汁定食」

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

キムチ鍋になに入れる?おすすめ具材と変わりダネで新コンビ発見!

キムチ レシピ まとめ

味がしっかりとしていて食べ応えのあるキムチ鍋。あなたはどのような具を入れていますか?キムチ鍋に入れる具によって、全体的な味わいが変わりますね。ここではキムチ鍋におすすめの具材をピックアップしてご紹介していきま…

肉好き女子の8割はおなかに自信なし!? おいしく食べて健やかボディに♩

ヨーグルト

空前の肉ブームが続く中、肉好き女子たちの多くがおなかについてのある悩みを抱えていることが発覚!今回は、おなかにうれしいビフィズス菌が入った「BifiX ヨーグルト 甘くないプレーン」をご紹介します。プレゼント…

ツンッとピリ辛!『韓国風ネギサラダ』は+きゅうりでさらにシャキシャキ♩

きゅうり 韓国料理 韓国 サラダ おつまみ

今回ご紹介するのは長ネギを使った韓国風サラダ!焼肉屋さんでみかける長ネギのサラダを、自宅で作れるレシピとして再現しました。シャキシャキとした食感と、ツンとくる長ネギの辛み……。ビールが進むこと受け合いです♩…

キラキラ弁当も一瞬で♩「シーセージ」のほっこりアレンジレシピ7選!

小田原 お弁当 まとめ

みなさん、シーセージって知っていますか?魚のすり身を使用したカラフルなソーセージなのですが…毎日のお弁当や食事をもっと楽しくしてくれる素敵な商品なんですよ♩今回はそんなシーセージを使ったかわいいアレンジレシピ…

ニトリのお茶碗が最強説!新作「飯碗」なら食欲の秋でも食べすぎないワケ♩

新米の季節!甘くておいしいお米があるとついつい食べ過ぎてしまいますね…!そこでぜひ手に入れてほしいのが、ダイエットに便利だというニトリの飯碗。目安に合わせてごはんをよそえば、きっちりとごはんの量を制限できると…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

【健康第一】ダイエット中におすすめの炭水化物7選

まとめ

炭水化物ダイエットが有名ですが、じつは炭水化物って身体にとってすごく重要。摂らないのは体調を崩す原因になります。じゃあどうすればいいの?という疑問にお答えします。ダイエット中におすすめの炭水化物炭水化物を紹介…

空腹時のエクササイズは危険!運動前におすすめの食材11選

まとめ

いくら痩せたいと思っても、ダイエット中でも空腹のまま運動するのは血糖値が下がってしまい、危険な状態になる可能性があるのでNG!しっかりとエネルギーをとってからエクササイズしましょう!今回は、運動前におすすめの…

ギフトにぴったり♩おしゃれパッケージの人気「日本茶」5選

お茶 おしゃれ 日本茶 まとめ

思わずギフトにしたくなるようなパッケージがかわいい日本茶をまとめました。かわいいうえだけでなく、お茶なので誰にでも喜ばれると思いますよ♩自分用に買ってもワクワクできそうです。種類も豊富なので贈り物に迷った時は…

もらいたい&あげたい☆おしゃれなカフェの美味しいお土産6選

カフェ お土産 テイクアウト まとめ

街で評判のカフェには、評判になるようなお土産アイテムが絶対にありますよね。今回は中でも評判のカフェのお土産を選りすぐってお届けします。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

渋谷でしゃぶしゃぶなら「しゃぶ禅」の食べ放題以外考えられない

しゃぶしゃぶ 渋谷

渋谷のセンター街をまっすぐ抜けてさらに突き抜けたところに、大人な雰囲気漂うしゃぶしゃぶ食べ放題のお店「しゃぶ禅」がある。バブルを経験したバリバリの経営者なども好むとされるこのお店の魅力を探るべく(本当はしゃぶ…

連載記事

ワンコインから!中之島「本南鉄火」でドカ盛り鉄火丼を食べる

大阪市北区中之島にある海鮮料理屋、「本南鉄火」に行ってきました。

連載記事

大阪市堂島のおしゃれなカフェ!ロンドンティールームでモーニングを食べる

カフェ

大阪市堂島にある喫茶店、「ロンドンティールーム」に行ってきました。

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る