ローディング中

Loading...

みなさんは「ジュニパーベリー」をご存じですか。おそらく、アロマに詳しい人であれば一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。ブルーベリーのような見ためが特徴のジュニパーベリーですが、実は食用・飲用としても古くから使われていたのです。

ジュニパーベリーってなに?

ジュニパーベリーとは

皆さんは「ジュニパーベリー」をご存知ですか?アロマオイルなどに詳しい方なら聞いたことがあるかもしれませんね。

ジュニパーベリーとは、ヒノキ科の常緑樹に属する植物です。和名を「セイヨウネズ」といい、今日ではこのセイヨウネズの果実を乾燥させたスパイスのことをそう呼んでいます。

実の大きさは5~8mmほどで、ブルーベリーのような見ためが特徴です。植物のなかでもっとも広い分布域を持つとされており、北極をはじめ、北緯30度までの北アメリカ、ヨーロッパ、そしてアジアと幅広い地域で自生しています。

そんなジュニパーベリーですが、実は非常に歴史が深く、ヨーロッパでは治療薬としてはもちろん、私たちもよく知っているお酒の原材料としても使われていたのだそうです。それはいったい何なのでしょうか。

ジュニパーベリーはジンの香りのもと

中世ヨーロッパで黒死病が大流行した際、その解熱・利尿作用から、ジュニパーベリーの蒸留酒が治療薬として大活躍していたのだそうです。

17世紀当時のオランダにはすでに多くの蒸留酒製造者が存在しており、ジュニパーベリーやアニス、コリアンダーなどのスパイスで香り付けするのが一般的でした。

製造された蒸留酒は薬局で薬用酒として販売され、ジュニパーベリーの蒸留酒であるジンもそのなかのひとつだったのだそうです。

やがて、このジンはイングランドで社会現象となるほどの人気となりましたが、当時ジュニパーベリーは高価だったため、そのほとんどがテレビン油という安価な油で代用されたものでした。

そのため、経済状況に関わらずどんな人でも購入ができたため、人々はジンにおぼれてしまい、やがて、ジンは低所得者・不良の好む酒というマイナスのイメージがついてしまったのです。

そこで、そういった安価な類似品の販売を防ぐため、ジンはライセンスを持つ人だけが販売できるお酒とし、やがて現在の地位を回復していったようです。

今では、ホテルのバーなどのオシャレな場には欠かせないジンですが、実はこんな歴史があったのですね。

ジュニパーベリーのおすすめの使い方

ヨーロッパでは古くからジンの原材料として使用されていたジュニパーベリーですが、なかなか一般家庭でお酒を造るわけにはいきませんよね。そこで、自宅でもできるジュニパーベリーのおすすめの使い方をご紹介します。

キャベツで常備菜に

ジュニパーベリーは料理にもおすすめ!

そんななかでもおすすめしたいのが、ほのかな酸味と塩味がクセになる、ザワークラウト(酢漬けキャベツ)です。

キャベツをスライスし、塩、ジュニパーベリー、キャラウェイシードを加えたらしんなりするまで手もみします。水分が出てきたらローレルの葉を加えて2~3日寝かせればできあがりです。発酵食品のため健康にもよく、日持ちもするので常備菜としてもおすすめですよ。

ハムのテリーヌ

ひき肉やたまねぎ、コーヒークリームなど、普段自宅に常備しているような食材も、工夫を加えれば大変身。ジュニパーベリーなどのオシャレなスパイスをプラスすればおもてなし料理としても使えるひと品になります。

フードプロセッサーで材料を細かく砕き、耐熱容器に入れてスチームレンジで10分ほど火を通せば、見ためも華やかなテリーヌの完成です。先ほどご紹介したザワークラウトとの相性もよさそうですね。

飲み物として

ジュニパーベリーは、飲み物としてもおすすめです。ハーブティーとして飲むのはもちろん、少し甘みが欲しいという時はメープルシロップやてんさい糖を加え、希釈タイプのハーブコーディアルの材料としても使えます。

ジンジャーなどのピリ辛系のスパイスとの相性がよく、むくみや冷えが気になる時や二日酔いにも効果があるのだそうですよ。

精油として

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

お弁当 レシピ

アメリカのSFコメディー映画「ゴーストバスターズ」。あの映画に出てくる幽霊をマネっこした「ゴーストバスターズ弁当」のレシピをご紹介します。材料も簡単に手に入るものばかり!では、詳しい作り方をみていきましょう。

レシピ おにぎり

「わかめごはん」は、給食で人気の混ぜごはんメニューですね。子どもの頃に好きだった方も多いのでは?今回は、わかめごはんを自宅で簡単に作るレシピとアレンジした作り方、わかめごはんによく合うおかずなどをまとめてご紹…

レシピ

生姜たっぷりの身体ぽっかぽかレシピ、「生姜ご飯」をご存じですか?生姜は女性にも嬉しい効能がたっぷり。このレシピ、風味が良く白米変わりにバクバク食べられるおいしさなんです。生姜チューブを使ったり、簡単に作るコツ…

オムライス たまご お弁当 レシピ

お弁当にオムライスを入れたいけど、普通の見た目じゃちょっとつまらない。だけど難しいアレンジはやりたくない~という方、必見です!今回は簡単レシピでかわいい「日の丸オムライス」の作り方をご紹介します。これなら忙し…

B級グルメ 埼玉 レシピ

ご当地B級グルメ「ゼリーフライ」をご存じですか?ゼリーをフライに……したわけではないんです。埼玉県行田市発祥の人気グルメ、ゼリーフライについてご紹介。特徴や食べ方、おすすめ店まで、気になる方はぜひチェックして…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ まとめ 離乳食

この頃になるとハイハイができ、あちこち移動して遊べるように。音の出るおもちゃや動くおもちゃに興味を示し、部屋の中の物すべてが興味の対象(笑)ママの姿が見えないと後追いし始めるのもこの時期。大泣きしたら「ママは…

ちくわ レシピ 和食 洋食 まとめ

いつも安くて美味しく食べれちゃう「ちくわ」を使ったレシピです♪給料日前でも美味しく過ごせる!?お手軽レシピから手の込んだものまで、8つのレシピをまとめてみました。お手軽にもう一品作ってみてはどうでしょうか。

じゃがいも レシピ まとめ

「スタッフ」は詰め込むという意味でして、じゃがいもにあれこれ詰め物している料理ってことですね^^別名は二度焼きポテトとも言い、副菜としても主菜としても活躍できるメニューなのです。パーティーにも是非この一品を。…

オムライス レシピ まとめ

オムライスはみんな大好き!ケチャップかけたシンプルオムライスはお母さんの懐かしい味♡そして進化系オムライスはひとくち食べたら驚き♪食べた人を幸せにしますよっ♡ケチャップライスの入った基本のオムライスとアレンジ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

スープ

「お腹いっぱい食べたい!でもヘルシーな食べ物を口にしたい」これは女性共通の想いですよね。そこでおすすめしたいのが、イトーヨーカドーのレンジアップスープ。具たくさんでヘルシーだと話題の厳選3品を実食し、一番おい…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る