冷凍したほうがおいしい説!?「冷凍舞茸」の保存方法と活用レシピ

みなさんは、舞茸を買ったらどのように保存していますか?冷蔵庫や野菜室に入れておくという方が多いと思いますが、意外にも冷凍したほうが、旨みや栄養分が増しておいしくなるんですよ。今回は、そんな冷凍舞茸の保存方法や活用レシピをご紹介します!

舞茸をどのようにして使ってる?

みなさんは、舞茸をいつもどのようにして使っていますか? 買ってきたものを冷蔵庫で保存し、炒め物や汁物に使う方が多数派でしょうか。舞茸独特の風味を損なわないためにも、なるべく早く使いきったほうがいいと考える方も少なくないはずです。

しかし、その使い方、本当に舞茸を「一番おいしい状態」にできているのでしょうか?今まで疑いもしなかった舞茸の保存方法の常識が、きっとこの記事を読むことでくつがえされますよ!

ではいったい、どのようにして保存すればいいのか……じつは、「冷凍」するのが最善とされているのです。

舞茸は冷凍するとおいしくなる!

冷凍保存方法

舞茸は、包丁を使わずとも手で簡単に裂くことができるので、保存する前には適当な大きさにしておきましょう。それをフリーザーバッグやタッパーなどに入れ、冷凍庫へ。そうしておけば、お味噌汁やうどん、炒め物など、ふと使いたくなったときに解凍せずに使うことができるので、とっても便利ですよ。

さらに使いやすさを求めるのであれば、冷凍する前に裂いた舞茸を小分けにしておけば、わざわざ袋から少量を取り出すという手間もなくなります。

冷凍するメリット

舞茸を冷凍することで、舞茸の中にある水分が氷の結晶になって細胞壁を壊すため、細胞内にある旨み成分や栄養素が溶けだしやすくなり、冷凍する前よりも甘みが増し、旨みがなんと約3倍にもなるのだとか。あわせて栄養価もアップするので、ダイエットにもぴったり!まさに、いいことずくめですね。

栄養価を下げないためにも、保存するときは水洗いしないで冷凍し、また冷凍した舞茸はなるべく完全に解凍させないで調理することがポイントになります。

保存期間

舞茸は冷凍保存すれば、約1ヶ月ほどもつと言われていますが、変色やヌメリなどの変化は定期的に見ておくようにしましょう。とはいえ、冷蔵で保存するよりも長持ちするのは明らかなので、やはり冷凍保存は最適と言えますね。

そのほかの保存方法

常温

基本的に常温は避けるべきですが、天日干しをして、乾燥させたものは常温保存が可能です。保存できる期間は、おおよそ4〜5日ほど。旨みもアップするので、ぜひ試してみてくださいね。

冷蔵

舞茸は、ラップに包んで冷蔵保存するとよいです。冷蔵する場合は、なるべく3~4日で使い切るように心掛けてください。また、水気があると傷みやすいので、保存するときにきちんと水気をとるようにしましょう。

舞茸を使ったおすすめレシピ10選

1.舞茸の天ぷら

舞茸の定番料理である天ぷらは、料理酒を入れることによって、まるでお店のようなサクサクとした食感に仕上げることができます。料理を普段しない人でも、このレシピなら大丈夫!揚げ物を敬遠していた方は、ぜひ試してみてほしいレシピになります。

2.舞茸とシーチキンの炊き込みご飯

必要な具材、調味料を炊飯器に入れるだけでできる簡単レシピにも関わらず、その味は本物です。舞茸のシャキシャキ食感はしっかり残っていて、歯応え抜群!お米にもしっかり味が染みていて、箸が止まらなくなりますよ。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

りこぴん

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう