まるで宝石みたい!「ロックキャンディー」のかわいいアレンジレシピ

ロックキャンディーはクリスタルみたいにキラキラ輝く、とってもおしゃれなキャンディーです。まるで宝石のようで、大人でも思わず笑みがこぼれそうになります。作り方は簡単。休日に子供と一緒に作ってみませんか?レシピをまとめてご紹介します。

2016年9月8日 更新

キラキラ輝くロックキャンディー

思わず見とれてしまうクリスタルみたいな透明感のあるロックキャンディーは、子供だけでなく、大人の心も引きつけるパワーを持っています。食べるよりも眺めていたい……そんなロックキャンディーは形も色もさまざまで、ホームメイドの良さが溢れたシンプルなスイーツ。カラフルな色合いで作る楽しみも倍増ですね!お休みの日にお子さんと一緒に作ってみませんか?

基本のロックキャンディーの作り方

鍋に水を入れ沸騰させ、グラニュー糖を入れ完全に溶かし、10分ほど弱火で沸騰させたら火から下ろします。10〜15分冷ましたら、数個の耐熱グラスに分け入れ、それぞれお好みの食用着色料を入れてよく混ぜてください。

竹串を用意し、水に浸けて砂糖をまぶします。砂糖水が常温まで冷めたら、竹串をグラスに入れます。竹串を洗濯バサミなどで挟んでグラスの中央に立てると便利ですよ。竹串がグラスの底につかないように気をつけてくださいね。あとは砂糖がどんどん竹串にひっついてくるまで忍耐強く待つのみ!2〜3週間で写真のようなロックキャンディーになります。

水と砂糖の割り合いは、およそ1:2。砂糖がこれ以上溶けないくらいまで入れるとうまくできます。砂糖は1カップずつ入れ、その都度混ぜてくださいね。

ロックキャンディー使い方いろいろ

1. コーヒーロックキャンディー

コーヒー好きな方はロックキャンディーもコーヒーフレーバーがおすすめ。作り方は砂糖を水のかわりにコーヒーで溶かした液を作り、スティックをさして、あとはクリスタルのコーヒーキャンディーが日に日に成長していくのを待つのみです。コーヒーにシナモンなどのスパイスを入れてみるのもいいですね。

2. お茶にぴったりサフランフレーバー

pinit

pinterest like count 352

pinterest comment count 7

紅茶好きな方には、サフランのロックキャンディーがぴったり。着色料のかわりにサフランを入れると、香り豊かで鮮やかなサフラン色のロックキャンディーができあがります。お好みの紅茶に浸して食べるとおしゃれ度もアップ!

3. ディスプレイとして

ホームパーティーでのロックキャンディーもご覧の通り。ディスプレイ次第でこんなにおしゃれなスイーツバーになるんです。思わず引き寄せられる魅力いっぱいのロックキャンディーにゲストも感激してくれそう!

4. ウェディングにも

pinit

pinterest like count 390

ロックキャンディーは、ウェディングにも輝きを添えてくれます。ゲストのテーブルにデコレーションも兼ねてそっと置かれるロックキャンディーは、華やかな輝きを添える大切な役割も。白で統一されたテーブルには特に光りを増すでしょう。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

TK

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう