ローディング中

Loading...

「パスタ」と「スパゲッティ」このふたつの言葉に疑問を感じたこと、ありませんか?違いなんてあるのでしょうか。もしあるとしたら、太さ?食感?形?分からない疑問は、解明してみましょう!違いや種類、正しい食べ方まで、詳しくご紹介していきますよ。

パスタとスパゲッティって違いあるの?

突然ですが、思い浮かべてみてください。あなたは外食することになり、イタリアンレストランに入りました。そこであなたは、店員さんを呼びオーダーします。

このとき「◯◯パスタください」と言いますか?それとも「◯◯スパゲッティください」と言いますか?

友達同士の間で、1度はこの話が話題にのぼったこともあるのではないでしょうか。「パスタとスパゲッティ」、このふたつに違いはあるのだろうか。はたまた、違いなどまったく存在せず、イコールでつながるのか。謎は深まるばかり……。

というわけで今回は、分かるようで分からない、でも何となく気になる素朴な疑問「パスタとスパゲッティ」の違いを解明したいと思います。

すべての源はパスタだった!

そもそも私たちがカフェやレストラン、自宅で料理して食べる「パスタ」とは小麦粉などの穀類を練った、イタリアの麺や生地の総称のこと。たとえばペンネやラビオリ、ラザニア、マカロニ、ニョッキ、そしてスパゲッティなどはすべて、パスタに含まれます。

つまり、パスタという大きな枠の中にスパゲッティが存在しているというわけなんです。私たちが日頃何気なく発していた麺の名前に、こんな由来があったなんてちょっと驚きですよね。「パスタ」と「スパゲッティ」の違いについて、ご理解いただけましたか?

ではスパゲッティとは?

では、「スパゲッティ」の定義とは一体何なんでしょうか。一般的に、麺の長さが25cm前後のロングパスタの中で、太さの直径が1.6~1.8mm程度のものを「スパゲッテイ」と呼びます。

麺の長さと太さが数ミリ変わるだけで、その呼び名が大きく変わるんですね。なるほど、実に奥深い。もし今度、友達との会話の中でこのネタが議題にあがったとしたら、”スパゲッティはパスタの1種で、太さと長さによって〜……”と、ドヤ顔で教えてあげてみてください。きっと、みんなから賞賛を浴びることでしょう。

パスタの種類はたくさん!

すでに冒頭でチラッとお話しましたが、パスタにはスパゲッティ以外にもたくさんの種類が存在します。その数なんと、600種類以上!

とは言えここでそのすべてを紹介していたら、きっとあなたはものすごい速さで画面をスクロースして、違う記事に気移りしてしまう気が……。それはちょっと切なすぎるので、メジャーな3種類だけご紹介します。サクッとまとめたので、ぜひ手を止めて読んでいただけたらうれしいです。

ロングパスタ

カッペリーニ:太さの直径が1mm前後の極細パスタ

リングイネ:麺の断面がだえん形のパスタ

タリアテッレ:麺が5~10mm幅の平麺。別名フェットチーネとも呼ばれています

ショートパスタ

マカロニ:太さの直径が3~5mmで、真ん中に空洞があるショートパスタ

ペンネ:円筒状になったショートパスタの両端を、斜めにカットしたパスタ

ファルファッレ:りぼんのように、両サイドが大きく開いた形のショートパスタ

実はラザニアもパスタ

ラザニア:板状になった長方形のパスタ

ニョッキ:小麦粉とジャガイモをこねて作る、団子状のパスタ

ラヴィオリ:小麦粉を練った生地の中に、ひき肉やチーズを詰めた四角い形のパスタ

パスタでスプーンを使うのは、間違った認識?

パスタを食べるとき、日本ではフォークで麺を引き上げてから、スプーンの上でそれをクルクル巻いて、パクっと食べるスタイルが主流です。と言うかむしろ、それが正しいマナーだと思っているのでは?でもちょっと待った!その食べ方、間違っているかも。

なんでも本場イタリアにおいてはスプーンを使うのは子どもだけで、ほとんどがフォークのみで器用に食べるんだそう。地域や古くからの風習でスプーンを使う人たちも中にはいるようですが、基本的にスプーンを使うのは食べ慣れていない”子どもだけ”という考えが一般的なようです。

スプーンとフォーク両方を使った食べ方は、日本ではよく見る光景なのでなんら不思議はありません。けれどイタリア人から見たらテーブルマナーがなってない、と思われてしまうことだって十分にあり得ます。イタリア旅行でパスタを食べるときは、スプーンは使わずフォークのみで食べてみましょう。

まとめ

私たちが今まで同じだと思い込んでいた「パスタ」と「スパゲッティ」。でも本当のところは、スパゲッティはパスタというカテゴリーの中の1種である、ということが分かりました。作り方は同じでも、麺の長さやミリ単位の細さの違いによって、細かくジャンル分けされているというから、ちょっとびっくり。

しかも、今までよかれと思っていたスプーンとフォーク両方を使った食べ方が、本場イタリアの人たちから見たら、間違ったマナーだと捉えられていたなんて……。私たちが常識だと思って行っていることが、海外から見たらちょっと違う、ということが多々あるのかもしれません。パスタとスパゲッティの違いだけでなく、本場の食べ方を知っているあなたがパスタマスターになれる日はそう遠くはないはず。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

作り置きOK!「ミートソース」のレシピ&アレンジ3選

ミートソース パスタ レシピ 作り置き まとめ

子どもから大人まで人気のパスタと言えば、ミートソースですよね。今回は、基本のレシピや簡単なコツ、さらにアレンジレシピもご紹介。冷凍ストックしておくこともできるんですよ◎ おいしいミートソースを作って、いろいろ…

ミートソースとちょっと違う!ラグーソースで本格イタリアンレシピ15選

パスタ レシピ まとめ

パスタに欠かせないラグーソース。お店で耳にすることはあっても、実はよく知らないという方もいるでしょう。今回は、定番パスタはもちろん、そのほかにも大活躍のラグーソースを使った人気レシピをご紹介します。ぜひ試して…

なめらかソースのコツ3つ!簡単クリームパスタレシピ16選

レシピ パスタ

定番のカルボナーラを始め人気のクリームパスタ。牛乳や生クリームを使うレシピはちょっと難しい印象をもっている人もいるのでは?固まりやすいクリームパスタを上手に作るコツや、ほうれん草やツナを使った人気レシピもたく…

おすすめシードル4選!ワインとちょっと違うおいしい飲み方とは

ワイン

シードルとは?りんごから作られた果実酒のシードルについてご紹介します。気になる作り方や、語源、ワインとの違い、おいしい飲み方など色々な情報が満載です。シードル好きな方も、シードルを飲んだことがない方も、ぜひ参…

同じ部位でも雌だとミサキ!?「ぼんじり」の呼び方が意外とややこしい

レシピ

焼き鳥屋さんではおなじみの「ぼんじり」。お店にいけば気軽に食べられる部位ですが、実はとても希少な部分なんです。一羽にわずかしかない、ぷりぷりとした食感が人気のぼんじりの部位とはどこ?具体的な場所や名前の由来に…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

【日本酒ランキング】酒のプロが選ぶ1,500円以下のおいしい日本酒

日本酒 まとめ

「日本酒は飲んだことがあるけれど、自分で日本酒を買うにはどのような日本酒を飲めばいいかわからない」という方や「目上の方におすすめしてもらう日本酒はちょっと予算が高い」という方に、お酒のプロが選ぶ1,500円以…

【これであなたも日本酒通(ツウ)!?】日本酒に使える香りの表現5選

日本酒 まとめ

日本酒を飲んでも「おいしい」だけで終わらせていませんか?味覚の表現を豊かにすれば、お酒を飲むのも楽しくなるはず!ということで今回は、日本酒の香りを表現するヒントを5つピックアップしてみました。

ハッピーホルモン「セロトニン」を増やすおすすめ食材5選

まとめ

セロトニンという物質の名前を聞いたことはありますか?実はこの物質は体内で作ることができないため、食材から摂取しなければなりません。身体にとってとても重要で、精神状態も左右してしまう恐れがあるようです。食生活を…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

15分で簡単おいしい!「クリーミーガーリックスカロップ」の作り方

にんにく レシピ

にんにくの風味も香ばしいホタテを使った料理を作りましょう。なんと15分でできちゃうので急なお客様の時にもいいですよ。また一緒に食べたいスパイシーなエビを使ったサラダのレシピも紹介しますので是非あわせて作ってく…

しっとり濃厚♫ファミマの「とろける濃厚チョコスフレ」がコスパ抜群

スイーツ チョコレート

ファミマから新発売となった「とろける濃厚チョコスフレ」。見た目はチョコレートというよりはかなり濃厚な黒!やわらかな口当たりはやみつきになってしまうこと間違いなし!?しっとりなめらかで濃厚なチョコはコーヒーなど…

メインもおまかせ!意外と万能「モッツァレラチーズ」のレシピ25選

レシピ まとめ チーズ おしゃれ

モッツァレラチーズといえば、ピザのトッピングやサラダの材料として使われることが多いですよね。今回はそんなモッツァレラがメインになる料理など、合わせて25選をご紹介!ちょっと余っているときはもちろん、わざわざ買…

ページTOPに戻る