ローディング中

Loading...

江戸時代から三大珍味と言われて、たくさんの人に愛されている「このわた」。見た目は少しグロテスクですが、ひと口食べると止まらなくなるおいしさ。食べず嫌いなんてもったいない!このわたについて、アレンジレシピやおすすめ商品もご紹介します!

貴重な珍味このわた

このわたは、漢字で書くと「海鼠腸」です。漢字の通り、真ナマコの腸を材料としています。真ナマコの腸を塩辛にしたものが、「このわた」です。

このわたは、江戸時代から「カラスミ」、「ウニ」とともに、日本の三大珍味と言われてきました。真ナマコの腸を使うということは、1匹から獲れる腸は1本だけ。量も少ないため、昔から海の宝物として珍重されてきたのですね。

そんなこのわたの、味とはいったいどんなものなのでしょうか。さらに、作り方についてもご紹介していきます。

なまこってなに?

なまことは、海底に住んでいる棘皮(きょくひ)生物の一種です。ウニやヒトデなどの親戚といわれています。

ウニやヒトデと違うのは、外皮が柔らかいところ。あのぶにぶにとした見た目はなかなかインパクトがあり、水族館で見たことがあったり、また海で実際触ったことがある人も多いでしょう。なまこには食用のものとそうでないものがあり、判断できない場合には食べないようにしましょう。

食用のナマコのなかにも種類があり、主に外洋にいる「赤ナマコ」と比較的陸に近い湾内にいる「青ナマコ」に分けられます。寒い時期が旬であるため、お正月のおせち料理の一品に加えている地域も多いです。赤ナマコの方が旨味が強く、肉厚で身が柔らかいことから、少々値段も高価です。ナマコ独特のコリコリとした食感が好きな方は、青ナマコが低価でよいかもしれませんね。ナマコは、三杯酢をかけて食べるのが一般的で、一番親しまれている食べ方です。

また、ナマコはもともと「コ」と呼ばれており、生状態のナマコは「生」だから「ナマコ」と呼ばれるようになったという説があります。冬に活動する「キンコ」という黒色のナマコを干したものは、高値で取引される高級食材として知られています。

このわたの歴史

このわたは、奈良時代に能登から平城京への貢ぎ物として運ばれた記録があるほど、古い歴史をもっています。

また、江戸時代には「島ワタ」と呼ばれ、徳川将軍家御用達の食品に指定されていたため、非常に大切に扱われていたそうです。

どんな味?

このわたは塩辛にしているので、ちょうどよい塩気とほのかな甘み、旨味があります。さらに、海の潮の香りがふわっと口の中に広がります。熱々ご飯に乗せればその風味がより引き立ち、何杯もおかわりしてしまうことでしょう。

また、トロトロとした食感とクセのある旨味が、お酒との相性が抜群で、つまみとして愛されています。そのため居酒屋やお酒の美味しい料理店では定番の酒の肴として人気です。

おいしい食べ方

このわたは、卵を落として食べるのが、よりマイルドになっておいしいのです。また、エビやイカとあえてもおいしくいただけます。

ごはんの上にのせて食べると、このわたのもつ塩辛さと甘味がとてもマッチします。さらに、日本酒やビールなどの酒の肴に最高です!このわたとお酒を飲んでしまうと、お酒が止まらなくなってしまいますよ。

このわたの作り方

まずは、ナマコをさばいていきます。ナマコは必ず生きたものを使用してください。触ると色が変色するのが生きている証拠です。

ナマコは、最初に両端の硬い部分を切り落とし、ナマコの腹をさき、内臓を取り出します。これがこのわたです。

取り出したものをキレイに水洗いをして、水気を切りましょう。塩と酒を少々まぶしたら、保存容器に入れます。冷蔵保存で、2〜3日おいたらこのわたの完成です。

冷蔵保存で5日ほどもつといわれていますが、できるだけ早めに召し上がってください。

このわたアレンジレシピ

「このわただけでは、クセが強すぎて食べられない……」という方や、「このわたの食感が苦手」という方に、このわたをアレンジしたレシピがあります。

クセの強いこのわたの旨味を最大限に活かしたレシピをご紹介します。ぜひ参考にして作ってみてくださいね。

このわたのパスタ

このわたを使ったパスタです。このわたの塩気を活かして、オリーブオイルやニンニク、しょうゆなどの調味料と混ぜ合わせたものを、茹でたパスタにあえるだけ! 簡単で、おいしいパスタが食べられます。白ワインや日本酒と一緒にいかがですか?

このわた蒸し

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ

脂肪の少ないランプ肉は、赤身肉の人気部位です。ヒレ肉よりやや手頃で、上手に焼くと柔らかくなりクセが無いので人気があります。ランプ肉について詳しく学び、美味しい焼き方をマスターしてランプ肉をお家で気軽に焼いてみ…

レシピ スイーツ スムージー まとめ

甘味とさわやかな酸味が人気のキウイ。みなさんが好きなキウイレシピはありますか?スイーツだけでなくサラダやお肉に使えるソースまで思う以上に色々な使いかたができるんですよ。デザートはもちろんお食事にもぴったりなキ…

フレンチトースト レシピ たまご

たまごのスペシャリスト「たまごソムリエ」が、おせんべいをもちもち食感のフレンチトーストに大変身させちゃいます。しかも、たった10分でできちゃう超簡単レシピ!さらにおいしくするアレンジ3種も合わせてご紹介!

レシピ おにぎり

「わかめごはん」は、給食で人気の混ぜごはんメニューですね。子どもの頃に好きだった方も多いのでは?今回は、わかめごはんを自宅で簡単に作るレシピとアレンジした作り方、わかめごはんによく合うおかずなどをまとめてご紹…

レシピ スイーツ おやつ チョコレート ブラウニー ビスケット

今回はインスタで話題の「ロータスブラウニー」のレシピをご紹介!混ぜて焼くだけで作れるフォトジェニックスイーツだそうですが……そもそもロータスってなんでしょう?基本の作り方から評判、ロータスの正体まで調査してみ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

知らず知らずに摂取していた食べ物が自分を傷つけてしまっていたらと思うと…ぞっとしますね。。そうならないためにも、知っておきましょう!今回は、「老化を促進させる」コワい食べ物をまとめました。

レシピ まとめ

みなさんは「ペルシャ料理」を知っていますか? 「ペルシャは中東だから、スパイスを全面に押し出したピリ辛な味付けが特徴?」といった想像をしがちですが、実はそういった強い辛味や香りの強い香辛料は使わないんです! …

レシピ メイソンジャー スイーツ ケーキ まとめ

蓋があるため持ち運びも便利、形も可愛い、ということで大人気のメイソンジャー。もちろんメイソンジャーを使ったお菓子作りもできちゃいます♡素材を詰めるだけですが、横から綺麗な層が見えるため、見た目も良いメイソンジ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ

緑茶は和食や和菓子にしか合わないと思っていませんか?濃厚なうまみの「キリン 生茶」なら、日本の料理だけでなく世界のさまざまな料理ともぴったり合うんです!今回は、生茶とチーズ料理のマリアージュをご紹介します♩

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る