バーボンの代名詞!「アーリータイムズ」の魅力とおいしい飲み方

バーボンに詳しくない人でも、アーリータイムズを耳にしたことがあるのでは。イエローとブラウンの二つのラベルがあり、各々個性的な香りと味わいが楽しめます。バーボン・ウイスキーの代名詞として、世界で愛されるアーリータイムズの魅力に迫ります!

2017年3月9日 更新

紅茶割り

お酒が苦手な方でも飲みやすいのが紅茶割りにする飲み方です。アーリータイムズをいれたグラスの上から紅茶を注ぎます。アップルティーやマスカットティーなど、フルーツ系の紅茶で割るとさわやかな味と香りが楽しめます。甘みが欲しいときははちみつがよく合いますよ。ホットでいただくと、寝酒にぴったりです。

冷やしあめで割って

人気漫画で紹介されて以来、話題を呼んでいるのが、ウイスキーを冷やしあめで割って飲む方法です。グラスにウイスキーと冷やしあめをお好みで入れて飲むだけです。濃厚な甘さのなかにウイスキーの香りが感じられますよ。また、生姜の味がどことなく懐かしいような味わいも魅力のひとつです。一度、試してみてはいかがでしょうか。

おわりに

アメリカが生んだ唯一のスピリッツであるバーボン・ウイスキー。その代表的銘柄として多くの人々に愛されるアーリータイムズ。その歴史は長く、時代が変わってもその伝統の味は変わらず人々を魅了しています。

アルコールが強く、ハードなイメージのウイスキーもアレンジ次第では誰にでも親しみやすいものになります。あなたがアーリータイムズをいまだ知らないならば、この機会に、一度アーリータイムズを楽しんでみてはいかがでしょうか?また、アーリータイムズが好きだという方も、新しいアーリータイムズの楽しみ方を試してみるのもいいかもしれません。
2 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう