泡が消えない

揚げ物が終わって、食材を取り出したあとも細かく消えにくい泡が多くなってきたら取り替えのサインです。使い続けると食材が見えないほどの状態になるので、そういった状態になる前に新しいものへと交換しましょう。

180度程度で煙が出る

通常、新鮮な油は240度近くまで煙が出ません。しかし、劣化した油は180度ぐらいで煙が出てきます。それほど温度設定を高くしたつもりはないのに煙が出る・・・という場合は真っ先に新しいものへと交換しましょう。火事の恐れもあり、非常に危険です。

粘りがある

温度が下がったとき、粘りがあったら油が劣化している証拠です。せっかくの揚げ物も粘りがあってはおいしくないですし、食べた際の食感も気持ち悪いですよね。「味に変わりはないし・・・」とせず、新しいものと交換しましょう。

いやなニオイがする

最も分かりやすいサインと言えるのではないでしょうか。油自体がいやなニオイになると、素材の食感や風味が損なわれてしまいます。また、食べる気もうせてしまいますよね。酸味が強かったり、生臭いなど違和感を感じた場合は、新しいものと交換しましょう。

正しい油の捨て方を知れば料理が楽しく

これまで油を捨てる時に感じていた心配や罪悪感も、今日でおしまい!油の捨て方が分からず面倒に感じていた揚げ物料理も、正しい捨て方を知ることでちょっと気軽にできるかもしれませんね。 どうしても面倒という人は市販の凝固剤に頼れば大丈夫。空の牛乳パックや古新聞を再利用すれば、簡単にお金をかけずに「燃やせるゴミ」として捨てられます。やってみると意外と簡単に感じて、揚げ物の回数が増えたり料理の幅が広がるかもしれませんね!ぜひ、正しい捨て方で気持ちよく料理をしてください。
▼その他の処理に困る◯◯の使用後の扱い方はこちら
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ