ザワークラフトを添えて

アイスバインはザワークラフトを添えて、いただきます。ザワークラフトとは、ドイツ語で「酸っぱいキャベツ」を意味する欧米版のお漬物のこと。キャベツにワインや酢を加えて一緒に炒め、即席のザワークラフトを作りましょう。 また、ザワークラフトも瓶に入ったものがよく売られているので、一緒に食べて本場を味わってみて。

粒マスタード

自宅で手作りしたアイスバインを食べるときは、粒マスタードを添えていただくのもおすすめ!粒マスタードの酸味とピリリとした刺激が、甘い豚肉の脂との相性がよく、飽きずに食べられます。

アイスバインの食べ方

本場ベルリンのレストランでアイスバインを食べるときは、骨付きの大きな肉の塊がお皿にドンッと乗って提供されます。ゆでたじゃがいもとザワークラフトが添えてあることが一般的。パンにつけながら、一緒にいただきます。

本場で食べるアイスバインの相場は?

ベルリンでは日常的に食べられているようです。金額は2,000円前後と、少し高く感じるかもしれません。しかしこれは、物価が高いドイツの家庭的なレストランにおいては、平均的な値段なんですよ。

シュヴァイネハクセ

アイスバインをグリルした「シュヴァイネハクセ」は、現地ではとても人気。人気レストランの列に並ぶ時間がないとき、気軽にテイクアウトもできるんだそう。こちらもぜひ、一度は食べていただきたい名物のひとつです。

おすすめのアイスバインレシピ3選

1. 圧力鍋で豚ロースのアイスバイン

豚ロースで作るアイスバインです。こちらのレシピのように豚ロースを使えば、下ごしらえも簡単!その上、圧力鍋を使っているので手早く肉がやわらかくなるんですよ。甜菜糖(てんさいとう)を入れて、やさしい甘さを感じるひと品に。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ