ローディング中

Loading...

飲みすぎてしまった次の日の朝、二日酔いで目が覚めるのはつらいですよね。早く解消したいと誰もが思うことでしょう。そんなとき、コーヒーが二日酔いの緩和に効果を発揮するのをご存知ですか?お助けドリンク、コーヒーの効能と効果的な飲み方を紹介します。

本当につらい、二日酔いの症状

調子に乗って飲みすぎてしまった次の日の朝、昨日の楽しさはすっぱりと消えてしまい残された二日酔いに悩まされて飲み過ぎたことを後悔したことはありませんか?二日酔いの症状は、アルコールによる血管拡張や胃酸過多など、さまざまな要因によって引き起こされます。頭痛や吐き気、脱水、食欲不振などの辛い症状があり、気分も体調もすぐれません。脱力感や疲労感までもあるので、二日酔いを引きずったまま仕事や前々から計画していた外出のある日は特につらく感じるでしょう。

二日酔いの原理は?

つらい症状の二日酔いはどのような原理で引き起こされるのでしょうか。お酒を飲むと気分が高揚するのは、アルコールの血管を拡張させる働きによるものですが、その血管の拡張が長く続くと血管に炎症が起こり、ズキズキする頭痛の原因になります。他にも血管拡張作用があるのがアセトアルデヒドです。アルコールが分解される際に作られ強い毒性もあるので、頭痛や吐き気を引き起こす原因とされています。また、アルコールの持つ利尿作用によって、体が脱水状態となり脳隋液も減少し、脳への圧力が変化し頭痛や吐き気を誘発することにもなります。

二日酔いにコーヒーが効果的な理由とは?

毎日の食後やティータイムに習慣のように飲んでいる人も多いコーヒー。これが一体どのように、つらい二日酔いの症状に効果的な働きをもたらすのでしょうか。ここではコーヒーに含有されているカフェインに注目してみたいと思います。

利尿作用でアセトアルデヒドを体外に放出できる

二日酔いがもたらす頭痛をやわらげるためには、原因の1つであるアセトアルデヒドを体の外に出してしまい、脳の血液循環をよくすることが大切になります。その際に効果を発揮するのが、コーヒーに含有されているカフェインの利尿作用です。これがアセトアルデヒドを体外へ放出するのに役立ちます。さらに、カフェインには肝アセトアルデヒドの分解をうながす作用も。飲み過ぎてしまった翌朝、つらい頭痛があれば、まずは1杯のコーヒーを飲んでみることをおすすめします。

カフェインによる血管の収縮

カフェインには先にあげた利尿作用の他に覚醒や興奮作用があることも知られていますが、同時に血管を収縮させる作用も持っています。アルコールを摂取し、血管の拡張によって引き起こされた頭痛を、血管を収縮させることにより緩和する効果も期待できるのです。コーヒーが好きな人にとってはうれしいことですね。ただし、カフェインも摂りすぎると利尿作用によって脱水状態を起こす可能性もあるので、カフェインが助けてくれるからと言ってコーヒーの飲みすぎることがないようにしましょう。

効果的な飲み方は?

二日酔いの緩和に効果を発揮するコーヒーに含まれるカフェイン。では、どのような飲み方が効果的なのでしょうか。飲むときに注意したいことやコーヒー同様の効果がある飲み物についてご紹介します。

砂糖やミルクをたっぷり入れる

『コーヒーはブラックで、砂糖やミルクなんか入れない』という人も多いかもしれません。でも砂糖やミルクをたっぷり入れたコーヒーを飲んだ方が二日酔いの緩和には効果的なのでおすすめです。また、二日酔いのときは胃腸も同じように弱った状態なので負担にならないよう、ミルクもたっぷり入れて飲みましょう。

飲み方によっては悪化してしまう場合も・・・・・・

二日酔いの緩和が期待されるコーヒーですが、吐き気がひどい場合にガブガブ飲んでしまうと、逆に症状が悪化するケースもあります。お酒の飲みすぎによる脱水状態で二日酔いになっている場合、カフェインを摂りすぎると、利尿作用によってより脱水状態が悪化してしまう可能性もあります。また、二日酔いの吐き気の原因の1つには、アルコールの刺激によって胃がダメージを受けたことがあります。カフェインには胃酸の分泌を促す作用もあり、これがさらに胃に負担をかけることになるので、吐き気がひどく空腹のときには控えた方が無難です。適量を守って体の状態に合った飲み方をしましょう。

紅茶は効果はある?

コーヒーを飲むのは苦手で・・・・・・という人には、コーヒーと同様にカフェインを含む紅茶が二日酔い解消におすすめです。紅茶には解毒作用もあり、リラックス効果のある「テアニン」という物質も含まれているので、二日酔いを緩和するのにおすすめです。フレーバーティにはたくさんの種類があり、その中から特にリラックスできる紅茶を選ぶとよいでしょう。他にも緑茶、ウーロン茶、コーラなどカフェインが含まれている飲料も二日酔いの症状緩和に効果があるといわれています。

お酒もコーヒーも適度に摂取を

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

居酒屋

注文すると、瓶にライムがささって出てくるコロナビール。このライムはどうしたらいいの? 絞るの、入れるの、出すの? 瓶ごと飲んでOK? 何だか逆さにしてる人もいるし…。今回はコロナビールのかっこよい飲み方と、定…

バー

バーにもいろんな種類がありますが、なかでも「ショットバー」は比較的気軽に入れるバーです。今回は、ショットバーとは何か、名前の意味や、ほかのバーとの違いなどをお話しします。ショットバーの楽しみ方を押さえて、ぜひ…

和食

懐石料理と会席料理。どちらも日本の伝統料理として伝えられてきました。敷居の高いイメージですが、日本の料理ですので、ぜひこの機会に日本の食文化をおさらいしましょう。そして少しのマナーを押さえておけば、堂々と食事…

日常生活を送る中で、お茶の子さいさいという言葉を使うことはありますか?ご自身で使うことがなくても、「お茶の子さいさい」という言葉は聞いたことがあるでしょう。この言葉には、どのような意味が含まれているのでしょう…

サングリア レシピ ワイン カクテル まとめ

サングリアは、フルーツたっぷりの華やかなワインを使ったドリンクです。王道の赤ワイン、ライトな白ワイン、ノンアルコールタイプまでとても簡単なレシピをご紹介します。アルコール度数が高く飲めないという方も、初心者の…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

コーヒー まとめ カフェ

ドリップコーヒーを作ると必ず残るのが「コーヒーかす」。普通だったらそのまま捨てるところですが、実はこのコーヒーかすは捨てるのはもったいないほど驚きの様々な効果があるのです。そこで、その驚きの効果を「9」つまと…

まとめ

お家で料理するのも外食するのも大好きというあなたにこそ見てほしい食の現実を映したフードドキュメンタリー映画があります。あなたの食に対する情熱を少し、食を見つめ直すことに使ってみませんか?

お菓子 スイーツ まとめ

結婚式のときに悩んでしまうものの一つとして必ず挙げられるのが「結婚式の引き菓子」。来てくれた人に喜んでもらうにはどんなものがいいのでしょう?おすすめの引き出物向けの菓子をまとめたので参考にしてみてください。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ

緑茶は和食や和菓子にしか合わないと思っていませんか?濃厚なうまみの「キリン 生茶」なら、日本の料理だけでなく世界のさまざまな料理ともぴったり合うんです!今回は、生茶とチーズ料理のマリアージュをご紹介します♩

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る