賞味期限を延ばす「あさり」の冷凍保存&解凍方法!砂抜き方法も必見!

とってもおいしいので、賞味期限が短いあさり。そんなあさりの賞味期限を延ばせるのが冷凍保存なんです。冷凍することであさりのうまみもぎゅっと閉じ込められるので、よりおいしく食べることができるんです。ぜひ試してみてくださいね!

2019年4月4日 更新

調理の瞬間まで完全冷凍

もしも、冷凍庫の温度を上げてしまうなどして環境を崩してしまうと、そのなかで冷凍されているあさりが影響を受け、熱湯や電子レンジでも貝は口を開かなくなってしまいます。しっかり熱が冷めていないものを冷凍庫に入れたり、冷凍庫の扉が閉まり切っていないといった状態にならないよう、ご注意ください。

解凍方法

冷凍保存したあさりの場合、あえて「解凍」という工程はとらず、「調理」による加熱で一気に冷凍状態から解凍させてしまうのが基本です。保存法別に解凍方法をご説明します。

水ごと冷凍している場合

氷水と一緒に保存したあさりを、凍ったままの状態で沸騰した鍋に入れ、火力を弱めず一気に解凍してください。解凍して溶けた水にはあさりの旨みが存分に溶けだしているので、汁物料理にはこの解凍方法が最適です。

殻ごと冷凍している場合

水ごと冷凍している場合と同じく、凍ったままの状態で一気に強火で貝が開くまで加熱調理し、解凍させます。蓋が開いたらワインやお酒を入れてください。パスタや酒蒸しなどの調理に適しています。
5 / 7

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

中山陽子

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう