賞味期限を延ばす「あさり」の冷凍保存&解凍方法!砂抜き方法も必見!

とってもおいしいので、賞味期限が短いあさり。そんなあさりの賞味期限を延ばせるのが冷凍保存なんです。冷凍することであさりのうまみもぎゅっと閉じ込められるので、よりおいしく食べることができるんです。ぜひ試してみてくださいね!

2019年4月4日 更新

殻ごと冷凍

砂抜き・塩抜きが済み、しっかり洗ったあさりの水気をとり、金属トレイなどに重ならないように並べていったん冷凍します。凍ったら、保管しやすい容器や保存袋などに移して冷凍しておきましょう。ちなみに100gであさり7〜8個です。パスタや酒蒸しなど、1人分ちょこっと作りたいときに便利です!

むき身で冷凍

むき身の状態で冷凍保存する場合は、砂抜き・塩抜きが済み、しっかり水気をとったあさりを使用してください。そして、包丁もしくは食事用のナイフなどを差し込み、ひねって貝の口をあけ身を取り出します。それを、保管袋などに入れて冷凍します。
または、レンジで2分ほど加熱して口をあけ、身を取り出して冷凍することも可能です。
炊き込みご飯混ぜご飯パスタなどに使いやすいですね。

冷凍保存の注意点

鮮度がいい状態で冷凍保存

おいしく食べるために、あさりを手に入れたその日のうちに冷凍保存することが鉄則です。冷蔵で3日間もたせたあとで食べきれないからと冷凍するのではなく、あらかじめ冷凍分と冷蔵分を分けておきましょう。

できるだけ急速冷凍する

急冷効果が高い金属製のトレーやアルミホイルなどを利用すると、早く凍らせることができるので、あさりの鮮度をしっかりと保つことができます。冷凍庫の上段に金属製のトレーやアルミホイルを入れたままにしておくと、急冷コーナーとして使えるので、あさりの冷凍保存以外にもいろいろ活用できますよ!
4 / 7

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

中山陽子

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう