「岩下の新生姜」がおしゃれに変身!生ハム巻きアレンジで食べよう

親しみやすい味と、お手ごろなお値段で日本全国の食卓に並んでいる「岩下の新生姜」。特に暑い夏には夏バテ予防によく食べますよね。そんな「岩下の新生姜」を生ハムで巻いた、とってもおしゃれなアレンジ方がおいしいと話題になっているんです。

2020年1月16日 更新

食卓にあると安心「岩下の新生姜」

ピンク色に染まった生姜のお漬物「岩下の新生姜」。日本国民なら、知っていて当たり前のような存在ですよね。生姜のピリリとしたからさと、酸っぱい漬け汁が絶妙なハーモニーで、一度食べると止まらなくなる味です。ビールともよく合うので、おつまみとしても食べられていますね。

今、ツイッターやInstagramなどで、この岩下の新生姜のアレンジレシピが話題になっているのをご存知ですか?今回は、生ハムを使ったとてもおしゃれなアレンジ方法を紹介します。

新生姜の生ハム巻きが絶品!

岩下の新生姜を生ハムで巻いた「新生姜の生ハム巻き」なるものが、新レシピとしてちょっとしたブームになっています。簡単にできて、しかもおいしい。ビールだけでなく、ワインにも合うアイテムに大変身するんですよ。

では、どうやって作るのでしょうか?ご紹介します。

作り方はとっても簡単

作り方は、本当にとても簡単、スライスした岩下の新生姜を、生ハムで巻いて完成です。レシピではクリームチーズも一緒に巻いていますが、なくても大丈夫です。生姜の量をお好みで調整したり、生ハムも調整して、自分好みの味のバランスを編み出してくださいね。

いったいどんな味?

ツイッターでは「岩下の新生姜に生ハム巻いて食べるのウマイよー」「おつまみに最高」などなど、やはりお酒のお供として絶大な支持を得ています。

生姜の酸っぱさと、生ハムの塩気で、お酒が進むのかもしれませんね。手っ取り早く試してみたいときに、すべてコンビニでそろえることができる食材なのもありがたいところです。

アレンジもいろいろ

新生姜の玉ねぎ漬け

岩下の新生姜のつけ汁を取っておき、スライスした玉ねぎをつけて、トッピングに使用。つけ汁まで残さず使えるのがいいですね。アボカドをプラスすることで、よりまろやかで濃厚な味わいになりますよ。見た目もおしゃれなので、パーティーなどでもよろこばれそうです。

アペタイザー風

とってもさわやかな酸味と辛さの「岩下の新生姜」。夏の前菜にはもってこいのおつまみですよね。クラッカーの上に、クリームチーズ、生ハム、岩下の新生姜の順番でのせれば、簡単におしゃれな前菜のできあがりです。

お好みでサーモンもプラスして、バラエティ豊かな前菜を演出してもいいですね。味は「めちゃ美味しい」とのことで、試す価値ありのアレンジレシピですね。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

チョビ子

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう