ローディング中

Loading...

「粕漬け」って聞いたことがありますか?発酵食品のひとつであり、女性にうれしい栄養成分がたっぷりと詰まった優秀な食材なんですよ。今回は、そんな粕漬けの魅力に迫ります。レシピや効果効能、おすすめのお店もお教えしますね。

粕漬けとは

粕漬けとは、魚、肉、野菜などを酒粕やみりん粕に漬けたもののことです。一般的によく知られているのが、お漬物ですね。きゅうりや、なすなどのお漬物は、好きな方も多いと思います。また、粕漬けの魚は濃厚な旨みがギュッとつまっいるので、ご飯とも相性もよいですし、お酒のおつまみにもピッタリです。

英語では、酒はそのままsakeと表し、「pickled in sake lees」と書くんですよ。

みりん粕、酒粕ってなに?

粕漬けは、みりん粕や酒粕で作られることがありますが、そもそもみりん粕や、酒粕って何か知っていますか?まず、みりんやお酒がどのようにして作られるかを説明しますね。

みりんは、もち米や米に、米麹と焼酎を合わせ発酵させたものを絞り、それをさらに熟成させたものです。その絞ったときに残るものがみりん粕です。みりん粕はほんのちょっと甘みを感じ、梅の味も感じるそうです。

酒粕は、日本酒を作る際にでた「もろみ」を圧縮したものです。日本酒は蒸したお米と、米麹で作られ発酵したのちに絞ってできあがります。その絞った際にでてきたのがもろみで、お米の栄養分が豊富に含まれてるんですよ。

どんな味がするの?

では、酒粕を使って作られた粕漬けは、お酒の味がするの?食べたことのない方は、そんな風に思ってしまうかもしれません。たしかに酒粕の粕漬けは、お酒を作ったときに出る粕なので、少しアルコールの香りはしますが、お酒の成分は飛んでいるので小さなお子様でも召し上がれます。酒粕に塩や砂糖で味を付けているので、独特の旨みがありますよ。

また、みりん粕で作った粕漬けは、酒粕で作った粕漬けに比べて、甘みが強く香りもやわらかいので、お酒の風味が苦手な人にはこちらがおすすめです。

粕漬けの作り方

野菜

野菜を3日間塩漬けにしてください。3日間経ったら、野菜を取り出し、皮をむきカットし、塩を洗い、水気を切りましょう。桶の底に、酒粕を敷き、ざらめを散らしましょう。そのあとは、野菜→酒粕→ざらめ→野菜と繰り返します。ふた、重石をセットして、10〜14日間置きます。

10〜14日後、野菜を取り出し粕を取り除き、再度新しい粕に漬け、さらに10〜14日間置けばできあがりです。2回漬けることで、よりいっそうおいしい粕漬けとなりますよ。

※冷蔵庫保存だと、野菜の粕漬けは1年持ちます。

お肉

酒粕と砂糖、みりん、酒、味噌をしっかり混ぜておきます。容器に、酒粕と筋切りした豚肉を交互に入れ、冷蔵庫で2〜3日ほど漬けてください。取り出した際は、キッチンペーパーで豚肉の表面に付いた酒粕を取り除きましょう。魚焼きグリルかフライパンで、両面に焦げ目が付くまで弱火で焼いて、できあがり。

※漬け込む(保存期間)のは最大でも1〜2週間までとしましょう。

まず、酒粕にお湯を加えふやかしてください。そこに、味噌、甘酒(もしくはみりん)、酒を混ぜたものを加え、さらに混ぜ合わせます。これを粕床として容器に入れ、ガーゼ→サワラ→ガーゼ→粕床の順にのせていき、約1日漬け込みましょう。1日経ったら、取り出してグリルで焼いてください。しっとりしたサワラを堪能できますよ。

※漬け込む(保存期間)のは最大でも1〜2週間までとしましょう。

粕漬けの効果効能

便秘

最近よく耳にする発酵食品。この発酵は乳酸菌によって行われ、この乳酸菌が腸内環境を整えてくれ便秘に効果的なのです。野菜の粕漬けは、発酵の力に加えて野菜の繊維も丸ごと食べることができるので、便秘の方におすすめですよ。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ

生姜たっぷりの身体ぽっかぽかレシピ、「生姜ご飯」をご存じですか?生姜は女性にも嬉しい効能がたっぷり。このレシピ、風味が良く白米変わりにバクバク食べられるおいしさなんです。生姜チューブを使ったり、簡単に作るコツ…

レシピ

プニプニかわいい「みたらしにゃんこ」がツイッターで話題となっています!串を刺すのも思わずためらう愛らしさに、癒される人が続出中なのだとか。今回は作者さんのツイートを参考に、詳しい作り方やアレンジレシピをご紹介…

うどん レシピ まとめ

おつゆにとろみのついたあんかけうどんは、体の芯から温まりますよね。寒くなると食べたくなるレシピのひとつではないでしょうか。今回は、卵入りや野菜メインなど、バリエーション豊富なあんかけうどんの作り方を20件ご紹…

レシピ スイーツ スムージー まとめ

甘味とさわやかな酸味が人気のキウイ。みなさんが好きなキウイレシピはありますか?スイーツだけでなくサラダやお肉に使えるソースまで思う以上に色々な使いかたができるんですよ。デザートはもちろんお食事にもぴったりなキ…

レシピ

秋が旬のすだち。脇役のイメージが強く、冷蔵庫で余ってしまうことも。そんなすだちはすだちシロップにすることで、いつでもすだちの味を楽しみことができますよ♩長期保存可能なのも◎。すだちシロップの作り方と活用レシピ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

パスタ レシピ まとめ

春に旬を迎える「グリンピース」。実は苦手ってひとも多い食材ですが、旬のものはやっぱりおいしいんです。そんなグリンピースをつかったオシャレでおいしいパスタのレシピをご紹介!ちょっと苦手って人も、この機会にぜひチ…

レシピ パスタ まとめ

パスタを食べたいけどカロリーが....という声をよく聞きますが、それを解決するのがこれ!野菜でパスタを作って大幅カロリーダウンするベジヌードルダイエットが今アメリカでじわじわ人気です。野菜を麺にする専用の機械…

まとめ カレー

カレーを作る時というのはキャンプなどのアウトドアで大勢人数がいるとき、もしくは数日先までカレーと腹を決めて、大量に作るときが多いですね。しかし、悲劇が起きるのは二日目で飽きはじめたとき・・。そんなときにはこの…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ

緑茶は和食や和菓子にしか合わないと思っていませんか?濃厚なうまみの「キリン 生茶」なら、日本の料理だけでなく世界のさまざまな料理ともぴったり合うんです!今回は、生茶とチーズ料理のマリアージュをご紹介します♩

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る