ローディング中

Loading...

さくらんぼの最高級ブランド「佐藤錦」。奇跡の赤いルビーと呼ばれるほど、艶やかで美しい見た目とそのおいしさに魅了される人が後を絶ちません。今回はそんな「佐藤錦」の歴史から、効果・効能、さくらんぼ狩りができる果樹園まで徹底ガイドします♩

佐藤錦とは?

佐藤錦はさくらんぼの種類のひとつです。さくらんぼのなかでも最も人気の高い品種で、ルビーのように光輝くつやが特徴です。ナポレオンと黄玉をかけ合わせることで作られました。大きさは6グラム程度のものが多く、最近では大玉のものも生産されるようになりました。

さくらんぼのなかでも甘みが強く、糖度は16度から18度位のものが一般的です。なかには20度以上のものも珍しくありません。甘みと酸味のバランスが取れた佐藤錦はさくらんぼの最高傑作と謳われています。贈答用としても人気が高く、箱の中に人の手によってひと粒ひと粒詰められたものはまるで宝石箱を見ているかのよう。

収穫地や旬の時期は?

佐藤錦はさくらんぼの生産地として名高い山形県で多く作られています。山形県にはさまざまなさくらんぼの品種が栽培されていますが中でも佐藤錦の収穫量はナンバーワンを誇ります。そのシェアは8割にも上ることから、さくらんぼのなかでも佐藤錦の人気の高さがうかがえます。佐藤錦の旬の時期は、6月中旬頃から7月初旬頃となっており、その収穫時期は満開時期から数えて50日から55日後頃とされています。

佐藤錦の歴史について

佐藤錦は果樹王国と昔から呼ばれてきた山形県のなかでも特別な存在として扱われています。そんな佐藤錦のふるさとは最上川の支流である乱川の扇状地、東根市。明治の初めごろ、内務省がさくらんぼの苗木を配布したことからさくらんぼ栽培が開始されました。

収穫時期が梅雨と重なり実が割れたり、日持ちがせず生産量が伸び悩んだことから、新しい品種を作りだそうと佐藤栄助翁の手によって品種改良を重ね続けました。1922年、果肉が硬く酸味の強い「ナポレオン」と甘いが日持ちしない「黄玉(きだま)」をかけ合わせました。さらに選別を進めること15年余り、原木の育成に見事成功しました。栄助翁を支えたのが果樹に関する知識を多く持っていた岡田東作翁。二人の絆なしにこの佐藤錦の誕生はなかったといえます。

「砂糖に」新品種を東作翁は「佐藤錦」と提案したことでそう名付けられました。砂糖のように甘いと二人が喜び合ったことが由来とされています。さらには、東作翁の栄助翁に対する敬意と友情を表しているともいわれます。栄助翁が生み出し、東作翁の努力によって普及した佐藤錦は、今やさくらんぼを代表するまでに成長を遂げています。

ほかのさくらんぼとの違いは?

佐藤錦がほかのさくらんぼと一番違うのは値段でしょう。相場はその年によってばらつきはあるものの、1㎏あたり2,000円から高いもので20,000円以上にもなります。最高級品になるとひと粒260円ほどになるものもあるほどです。贈答用のものは粒の大きさや色がそろい、きれいな光沢があることから値段もより高くなっています。一般的によくスーパーに出回っているアメリカンチェリーと比べて、果肉がやわらかく、やさしい甘みと酸味があるのも特徴です。

じつは花も綺麗

佐藤錦の花は、名前にあるように桜の花ととてもよく似ています。桜の花びらと同様に5枚の花びらをつけます。色はきれいな白い花をつけ、満開の佐藤錦の花は桜とよく似ていて咲き誇った姿は圧巻です。佐藤錦の花が咲くのは桜の終わったあと、ちょうど八重桜が咲く時期と同じころに満開になります。おいしい実をつけるだけではなく、きれいな桜のような花が咲くことも魅力のひとつ。

さくらんぼの効果・効能

さくらんぼには小さなひと粒の中にたくさんの栄養が含まれています。さくらんぼの栄養素が効果的とされる貧血、疲れ目、美肌、疲労回復といった代表的な症状についてみていきましょう。気になる効果や効能についても合わせてご紹介していきます。

貧血予防

現代女性の多くは、栄養バランスの崩れによって、貧血を起こしがちだと言われています。さくらんぼの中には鉄分が多く含まれていることから、貧血気味の方にもおすすめなんですよ。その鉄分の量はさくらんぼ100g中0.3gとたくさんある果物の中でも群を抜いています。

また、葉酸も100g中38μgと豊富に含まれているので、貧血の予防にも効果が期待できます。この葉酸は、水溶性のビタミンのため熱を加えると半減してしまう栄養素です。なので、生のまま食べられるさくらんぼは、特に効果的に摂取することができるんですよ。

疲れ目

パソコン作業など目を酷使する場面が多い人にとって、つらい疲れ目。この症状には、さくらんぼが含むカロチンが効くといわれています。さくらんぼは100g中42μgものカロチンを含んでいます。カロチンは食べることによって体内に吸収され、ビタミンAに変わります。そのビタミンAには目の中にある網膜にある光を感じるたんぱく質、ロドプシンを作り出す働きを促進させます。このことからも眼精疲労を予防したり、夜盲症になるのを抑する効果が期待できるんですよ。

美肌効果

さくらんぼには抗酸化物質が含まれ、肌の老化や劣化を防ぐ働きを持ちます。ビタミンCも含まれ、メラニンを作り出すのを抑制することから美白やシミ予防にも効果が期待できます。さくらんぼはビタミンAも含み、皮膚や粘膜を正常に保ったり、乾燥を防ぐ役割を果たします。ヒアルロン酸の合成を活性化させるとされる成分、βクリプトキサンチンも含んでいます。また保湿作用のあるソルビトールを含有するので、乾燥肌対策にも役立つといいます。

疲労回復

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

大根

とってもおいしい大根おろしですが、口に入れていられないくらい辛いことがありますよね。そんな時あなたならどうしますか?この記事では、そんな辛すぎる大根おろしの辛さを和らげるとされる数々の方法を検証!試すべき方法…

まとめ

2017年、おいしい秋がスタバに到来!かぼちゃや栗をたっぷり使ったスイーツを始め、ボリューム満点な新作フードも見逃せません。昨年大好評だった"あのメニュー"も復活……?スタバファンもそうじゃない方も、今年の秋…

レシピ

脂肪の少ないランプ肉は、赤身肉の人気部位です。ヒレ肉よりやや手頃で、上手に焼くと柔らかくなりクセが無いので人気があります。ランプ肉について詳しく学び、美味しい焼き方をマスターしてランプ肉をお家で気軽に焼いてみ…

サングリア フルーツ

「サングリア」とはどんな飲み物か、詳しく知っていますか?お酒が苦手な方でも飲みやすいと、人気のカクテルなんです。赤・白ワインを使って、自宅でも作れるんですよ。今回はサングリアの度数や作り方、おすすめの飲み方な…

レシピ 缶詰 まとめ

大人から子供まで大好きな人が多いコーンスープ。自宅でも簡単にできるほか、インスタントでも様々な種類がありますよね。今回はそんなコーンスープの作り方をご紹介!冷製や中華風、さらに豆乳を使ったものなど、アレンジを…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

イタリアン カフェ まとめ

軽食として、カフェのメニューとして、親しまれているカジュアルなイメージのピザ、パスタ。しかし食べてみると意外と難しい。なんとなくソースが散ってたり…。イタリア料理を美しく食べましょう!デートや友達と気軽に食事…

お弁当 まとめ

みなさんは、コンビニやスーパーで売っているお弁当に入っている、おかずとおかずを仕切る“アレ”の名前をご存知ですか?今回はそんな身近に潜む、意外な知らない食にまつわる正式名称をご紹介します!…

日本酒 まとめ

貰い物の日本酒って、ついつい全部飲み切れずに中途半端に余ってしまうことってよくありますよね。そんなときにオススメしたい日本酒の活用法を3つご紹介します!

まとめ

髪の毛は女性の命とも言うように、お手入れはしっかりしておきたいですよね。食事は身体の健康だけでなく、髪の毛にも影響を与えます。そこで今回は、髪の毛に良い食べ物を紹介します。いつまでもツヤツヤで美しい髪の毛を保…

まとめ

一日のスタートである朝食は大事だといわれていますよね。今回は特に朝、何を食べるといいかご紹介します。たんぱく質やミネラルなど、体の健康を維持するために必要な食品。時間がない朝でも取り入れられるものもあるので、…

バター まとめ

バター不足で、スーパーの棚からバターがなくなったという話も耳にしますが、バターの代替えになる食品ってないのでしょうか?ということで、今回はバターの代わりになる食材についてご紹介します。手作りバターの作り方もあ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ

緑茶は和食や和菓子にしか合わないと思っていませんか?濃厚なうまみの「キリン 生茶」なら、日本の料理だけでなく世界のさまざまな料理ともぴったり合うんです!今回は、生茶とチーズ料理のマリアージュをご紹介します♩

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る