ローディング中

Loading...

亜鉛の取り過ぎは体に良くないってご存知ですか?サプリメントなどで栄養分を簡単に摂れる時代、しかし、それが仇となりサプリの過剰摂取で体に副作用が起きる場合も!今回は亜鉛にスポットライトを当て、取り過ぎるとどうなるかをご説明しましょう。

亜鉛の一日の摂取目安量

亜鉛は人の体が正常に機能するために大切なミネラル群のひとつ。私たちの体内に亜鉛は、わずかに含まれていて、体重70kgの人には平均2.3g程度だといわれています。

厚生労働省による亜鉛の一日の推奨摂取量は成人男性で12mg、成人女性で9mgなので、足りない分は食事などで補わなくてはなりません。さらに女性の場合は、妊娠中や授乳中はより亜鉛が不足しがちとなるので亜鉛を多く摂取する意識が必要となります。

最近では、サプリなども多く販売されているので、手軽に摂取できるようになった亜鉛。しかし、亜鉛の取りすぎには注意が必要です。取りすぎてしまうと健康に支障をきたす恐れがあるので、注意が必要です。

亜鉛の取りすぎによる症状

亜鉛の一日の摂取量の上限は30mgとされています。これは普段の食生活ではおよそ超えてしまう量ではなく、1日や2日過剰に摂取したからといってすぐに体に影響が出るわけでもありません。しかし、過剰摂取を長期にわたって続けてしまうと、体にさまざまな副作用を及ぼしてしまいます。ここでは、亜鉛の過剰摂取が体に引き起こす症状についてご説明します。

腹痛、下痢、嘔吐

亜鉛を大量に取りすぎてしまうと、腹痛や下痢、嘔吐などの胃腸障害を引き起こす原因になりかねません。サプリメントなどは簡単に亜鉛を摂取できますが、それゆえに過剰に摂取しやすくなってしまいます。体にいいものだから少しくらい多めに取っても大丈夫だろうと考える方が多いのですが、なにごともほどほどが大切

過剰摂取した状態になってしまうと、胃腸が亜鉛の刺激に耐えられずに、お腹がゆるくなってしまったり、悪化すると下痢や嘔吐などの症状まで起きてしまいます。サプリを飲んでいる方は特に注意してください。

肌荒れ、抜け毛

亜鉛は適正量を摂ることで免疫力向上効果や育毛効果を期待できます。しかし、過剰に摂取してしまうと、逆に免疫力の低下や抜け毛の原因にもなってしまう場合があるので注意が必要です。免疫力が低下してしまうと、肌荒れも引き起こしてしまいます。用法用量をしっかり守れば美容効果も大いに期待できる亜鉛。上手に摂りたいですね。

発熱、貧血、めまい

亜鉛は過剰摂取した分だけ体外に排出されるわけではありません。その過剰分も体に蓄積され続け、最終的には悪影響を及ぼします。そして、急性亜鉛中毒を引き起こしてしまうのです。急性亜鉛中毒は、発熱やめまい、筋肉痛などを引き起こします。

また、亜鉛は取りすぎると銅や鉄分が体内に吸収されるのを阻害すると言う副作用があるので、ミネラルを摂っているにもかかわらず、貧血を起こしてしまう可能性もあります。

亜鉛の取りすぎの原因

亜鉛サプリの過剰摂取

近年、栄養バランスを整えるために、サプリメントを活用する人が多くなりました。亜鉛サプリも色々な場所で見かけることが増えましたね。肌の状態をよくしてくれたり、髪の毛にハリが出たり、妊活にも効果が期待できます。

その効果を期待するあまり、サプリメントの一日の摂取量を守らずに、ついつい多量に摂取してしまうケースがみられます。また、個人で海外からサプリメント取り寄せる人も増えているようです。

日本で認可の下りていないサプリメントを服用した場合、一日の摂取量の上限をはるかに超えた亜鉛の量が入っているケースも。サプリメントは、簡単に亜鉛を補給できる分、一日の摂取量や摂取方法にじゅうぶん注意する必要があります。

亜鉛メッキ

亜鉛の過剰摂取の原因として、サプリメントと同様にあげられるのが、亜鉛メッキです。トタン屋根など、亜鉛メッキでコーティングされた鉄材の作業をしている時に、気づかぬうちに酸化して腐敗した亜鉛メッキを体内に取り込んでしまっていることも。

ほかにも、亜鉛メッキを使用している食器で食事をして、知らず知らずに亜鉛メッキが付着した食物を食べてしまっているケースもあります。一度、ご自宅のお皿を確認してみてはいかがですか?

改善方法

では、急性の亜鉛中毒や亜鉛の過剰摂取による副作用が出てしまった場合、どうしたらいいのでしょうか。改善方法をみていきましょう。

バランスよく食べる

まず、バランスの良い食生活を送ることを心がけることが、何より肝心でしょう。亜鉛を多く含む食物は牡蠣、レバー、肉類があげられます。ただし、これらばかりを大量に食べ続けてしまうと、亜鉛の摂りすぎになってしまいます。

その一方、亜鉛の取りすぎを恐れるばかりにこれらの食物をさけて、炭水化物ばかり取ってしまうと、逆に亜鉛が不足してしまいます。どんな食べ物も過不足なく、バランス良く摂ることを心がけましょう。サプリメントを利用したい方は、用法用量を守りながら、あくまで食事で摂れない分の補助というつもりで使いましょう。

大量の汗を体外に排泄すること

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

カフェ

美と健康を楽しむ食料品店「タマチャンショップ都城本店」が、宮崎県都城市にオープン!九州パンケーキやカフェメニューが楽しめるカフェも併設されます。ヘルシーな食品たちで、美と健康を目指してみてはいかがですか?

スープ 沖縄

沖縄で日常的に食べられている「もずく」。酢の物や天ぷらなどおかずとしてはもちろん、味噌汁の具材としてもよく食べられています。今回は、カロリーも低く調理しやすいダイエットにおすすめな「もずくスープ」の人気レシピ…

美容・健康を応援する「ケールビューティー」がドミノ・ピザから新発売!食べる美容液と言われる栄養満点のケールをふんだんに使用したヘルシーピザです。関東地区の店舗で、2017年9月2日(土)から期間限定発売!

レシピ お弁当

そぼろというと、お肉で作るもの……という印象が強いかもしれませんが、実は鯖そぼろもおいしいんです。ヘルシーで栄養価も高い鯖そぼろは、栗原はるみさんもおすすめのひと品です。作り方も簡単ですから、ぜひ常備菜として…

薬味として、しゃきしゃきの食感を楽しむのはもちろん、煮込めば甘みが増すネギ。風邪の流行る冬場に欠かせない野菜ですよね。そんな長ネギですが、皆さんはどのように保存していますか。今回は、長ネギの保存方法や新鮮なも…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

代表的な食品添加物、着色料。実は様々な種類があり、特徴や危険性が異なります。正しい知識を身に付けて、賢く活用しましょう。

お弁当 まとめ

みなさんは、コンビニやスーパーで売っているお弁当に入っている、おかずとおかずを仕切る“アレ”の名前をご存知ですか?今回はそんな身近に潜む、意外な知らない食にまつわる正式名称をご紹介します!…

まとめ

飲みすぎ・食べすぎが重なるこの時期に胃もたれになる人も多いのではないでしょうか?何も食べたくないとき、飲み物なら飲めるという人もいるでしょう。胃もたれのときにおすすめの飲み物を紹介します。

まとめ

思わず髪を切りすぎて、後悔したことってありませんか?そんなときに食べると効果的と言われる食材を紹介します。髪の毛の健康を考えて、一日でも早く髪の毛を伸ばすために、食べ物にこだわってみてもいいかもしれませんね!…

ニューヨーク レストラン カフェ スイーツ まとめ

ご旅行などでNYに行かれる予定のある方必見♡なんと、10ドル以下で食べられるお店がNYにはたくさんあるんです。美味しくてお財布に優しいお店を紹介していきます。

パン まとめ

コストコの人気定番商品『ディナーロール』。安いのにたっぷり入っており、冷凍しておくことで色々なレシピに使うことができるんです。今回はおいしく食べられる冷凍&解凍法と、アレンジレシピをご紹介!ぜひ買ってみてはい…

調味料 まとめ

ごま油・オリーブオイル・アーモンドオイル・えごま油・こめ油の健康的な効能をまとめました。これらの油の効果を知って使い分けできていますか?料理にはもちろん、それぞれに嬉しい効果がいっぱい♪ぜひチェックしてみてく…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る