自律神経の乱れ

自律神経とは、消化、呼吸、循環などの活動を調整する神経のこと。活動状態の交感神経、リラックス状態の副交感神経のスイッチを切ったり入れたりする役割を担う、人の活動に不可欠な神経です。

カフェインには覚醒作用や興奮作用が含まれており、過剰摂取すると自律神経の働きがバランスを失うおそれがあります。

カフェインとの上手な付き合い方を見つけよう

コーヒーは上で記したようにいろんな効果が期待できますが、飲み方を間違えては逆効果。一日に飲む量は、多くても4杯程度にとどめましょう。コーヒーを飲んでも気分がすっきりしないときは、思い切って脱カフェイン生活を送ってみるのも手です。 コーヒーやカフェインと、上手に付き合ってくださいね。
【参考文献】
(2019/10/07参照)
▼こだわりの器具でコーヒーを淹れよう
▼せっかくならおいしいコーヒー豆を♪
▼どう淹れたらおいしく仕上がる?
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ