これで完璧!アイスピックの正しい使い方をマスターして、おうちバーを楽しもう

アイスピックで氷を割る姿……おしゃれなバーでよく見かけますよね。自宅でも同じことができたら、格好いいと思いませんか?そこで今回は、アイスピックの正しい使い方や持ち方、おすすめの商品までご紹介します。あなたも本格おうちバーを開いてみては?

アイスピックを正しく使おう!

アイスピックは氷を割るための調理器具です。お酒を作るための氷を割るときに使うことがほとんどなので、あまり馴染みがない人も多いのではないでしょうか。カクテルやオン・ザ・ロックを作るときに欠かせないアイスピックは、お酒を作る人の手元が見えるバーなどで見かけることもありますよね。

アイスピックは千枚通し(穴開け用の道具)を大きくしたような形状です。一般的なアイスピックは1本のニードルに柄が付いています。先端が先分かれしたものやバネ付きのものなど、用途に応じた形のアイスピックもありますよ。

アイスピックの正しい使い方

アイスピックは使い慣れるまで練習が必要です。正しく使わないと思わぬケガにつながることも。氷を割る感覚が身に付くまでは手順を踏んでゆっくりと進めていき、安全に配慮しながら行いましょう。慣れれば氷を割るのも手早く簡単に!形の美しさが求められる丸い形の氷を作ることにも挑戦してみてくださいね。自宅にいながらお店にいるような感覚が味わえますよ。まずは正しい持ち方・使い方をマスターして安全に使用してくださいね!

持ち方

アイスピック持つときは、先端から1cm~2cmの部分をしっかりと握りましょう。先のとがった部分が飛び出るようなイメージです。飛び出ている先端部分が長いほど危険度が増してしまいます。柄があるからといって柄の部分を握らないように気を付けてくださいね。片手でアイスピックをしっかり握り、もう片方の手で氷を持ちます。

使い方

アイスピックを氷に当てるときは、アイスピックの先端が斜めに当たることを意識すると使いやすくなります。イメージとしてはアイスピックの「先端を当てる」のではなく、アイスピックを持っている手の「手首を当てる」感覚で氷を割りましょう。力任せに割ったり勢いが強すぎたりすると、滑ってしまってケガをする可能性があります。感覚がつかめるまでは慎重に行ってくださいね。

おすすめのアイスピック5選

遠藤商事 パイロットミニアイスピック

こちらはミニサイズのアイスピック。全長が135mmと短めなのが特徴のアイスピックです。一般的なニードルが1本のタイプのアイスピックは初めの購入にぴったり!初心者はもちろん、女性や手の小さい人にもおすすめですよ。

Trillycoler ステンレスアイスピック

こちらは全長21.5cmのアイスピック。アイスピックの中ではポピュラーな長さです。ステンレス製のニードルに木製ハンドルの組み合わせがシンプル!リーズナブルな価格で挑戦しやすいのもうれしいポイントです。

クラッシャー付きアイスピック

こちらはクラッシャー付きのアイスピック。持ち手の裏側に付いているスパイクの部分で氷を砕くことができます。ブラックのボディがかっこいい印象ですね!洗練されたおしゃれなデザインのアイスピックは、見た目の美しさを重視するこだわり派におすすめです。

星三製作所 ガード&クラッシャー付きアイスピック

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう