あの人気スポットがカレーに!「黒部ダムカレー」は、圧巻のご当地グルメ

「黒部ダムカレー」とは、無料観光スポットとして人気のダム「黒部ダム」から生まれた長野県のご当地カレー。まるでダムそのものなボリュームは圧巻!今回は「黒部ダムカレー」誕生の秘密、レトルト商品について、おすすめの店舗をランキング形式でご紹介。

2016年8月23日 更新

「黒部ダムカレー」が気になる!

今や全国各地に存在するご当地グルメ。普段は食べられないものだからこそ、見かけたらつい食べたくなってしまいますよね。「黒部ダムカレー」も、そんなご当地グルメのひとつです。なんでも、「黒部ダム」をモチーフにした大ボリュームのカレーだそうですよ。

まるでダムのようにダイナミックに盛られたご飯に、なみなみと注がれたカレールウ。長野県大町市内で20店舗ほどが提供しているこちらのカレーは、実は全国にファンが多い長野県の隠れた逸品なのだとか。今回はそんな黒部ダムカレーを詳しくご紹介します。

「黒部ダム」とは?

長野県と富山県の間に位置する、日本一大きいアーチ状のダムです。なんとその高さは186m。「こんなに大きいのか……!」と感動する人も少なくないそうですよ。

雄大な自然に囲まれた黒部ダムは観光スポットとしても大人気です。毎年6月下旬から10月中旬まで行われるダムの放水は、思わず言葉を失ってしまうほどの迫力なのだとか。国内を対象に行われている「無料観光スポットランキング」で1位になったこともあるんですよ。

黒部ダムカレー誕生の歴史

今やご当地カレーとして大人気の黒部ダムカレーですが、いったいどのようにして生まれたのでしょう?黒部ダムカレーの誕生は、昭和32年にまで遡ります。

当時、大破砕帯(隙間に大量の水を含んだ岩石)にぶつかり、毎日寒さに震えながら作業をしていた黒部ダムへ通じる大町トンネルの工事中。作業員達の心のより所となっていたのが、飯場のカレーライスでした。週1回のカレーライスは、冷え切った作業員たちの体を芯から温めてくれたそうです。

ダム完成後、飯場のカレーは一部の店舗で「アーチカレー」として販売されました。そして、平成21年。長年愛され続けた「アーチカレー」は大町市内の15店舗で長野県のご当地グルメ「黒部ダムカレー」として販売されることとなったのです。

黒部ダムカレーのルール

ご当地グルメである「黒部ダムカレー」には、5つのルールがあります。

1. お米をダムの堰堤(えんてい)の形にするべし
2. カレーのルーは必ず堰堤(えんてい)の内側に流し込むべし
3. カレーのルーの上にガルベ(遊覧船)に見立てたトッピングをのせるべし
4. 料金は700円以上とするべし
5. 必ず水をつけるべし

この5つのルールを守ってはじめて、「黒部ダムカレー」と名乗れるのです。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

milkpop

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう