ローディング中

Loading...

美容や健康のために毎日ヨーグルトを取り入れているという人は多いですが、実は、食べ過ぎるとお腹を壊したり、太ることもあるって知っていましたか?健康効果を損なわずに上手に食べるための方法や、オススメのヨーグルト活用レシピをご紹介します!

ヨーグルトの食べ過ぎは危険⁉︎

健康に良いといわれているヨーグルト。毎日の朝食に必ず食べているという人も多いのではないでしょうか。ですが、ヨーグルトを食べ過ぎてしまうと体に良くないということが研究によってわかってきています。今回は、ヨーグルトを食べ過ぎることで出やすい症状や、ヨーグルトの摂取量の目安などをご紹介します!

食べ過ぎたら起こる症状

下痢や便秘に

ヨーグルトに整腸作用があることは有名ですが、食べ過ぎてしまうと下痢や便秘の症状を引き起こしてしまうことがあります。

下痢の症状で代表的なものは「乳糖不耐症」というもので、体内のラクターゼという成分を分解する酵素が少ない人にあらわれやすくなっています。ヨーグルトを食べる際は、常温にしてから食べるようにしたり、無糖タイプのヨーグルトを選ぶことで下痢の症状を予防することができます。

一方、便秘は消化できなかったたんぱく質が、長い間腸に留まってしまうことで起こります。ヨーグルトの種類が体に合っていないことが考えられますので、違うヨーグルトに切り替え、様子を見るようにしましょう。

体が冷える

あまり知られていませんが、ヨーグルトには体を冷やす働きがあります。これにより、ヨーグルトを食べ過ぎてしまうと、冷え体質へとなってしまうことがあるのです。また、ヨーグルトと一緒に摂取するフルーツによって、さらに体を冷やしてしまっていることも少なくありません。もしもヨーグルトに何かトッピングをする際は、体を冷やさない黒糖やきなこ、シナモンパウダーなどがおすすめです。

食べ過ぎると太る

ヨーグルトは無糖タイプのものであっても100gあたりのカロリーが65kcalほどあり、糖質もたくさん含まれています。そのため、1日の摂取量が100~200g程度であればいいのですが、それ以上となると、カロリーが気になってしまいます。

さらに、便秘を解消しようとしてフルールグラノーラやオリゴ糖などと一緒に食べているようであれば、完全なカロリーの過剰摂取であるといえるでしょう。低脂肪タイプのヨーグルトや豆乳ヨーグルトであれば、カロリーを抑えやすいですよ。

1日にどれくらい食べても大丈夫?

乳酸菌は1日200~300gほど摂取すると効果を感じやすいといわれています。ただし、すべての乳酸菌をヨーグルトだけで摂取することは、あまりおすすめできません。また、これ以上ヨーグルトを摂取すると太りやすくなってしまうなど、悪い影響も体に及ぼしてしまいます。ヨーグルトは毎日100gほどの摂取に抑え、さまざまな食品から乳酸菌を取り入れるようにしましょう。

ヨーグルトの効果効能

免疫力向上

ヨーグルトに含まれる乳酸菌やビフィズス菌が善玉菌を増やしてくれます。そして、これにより腸内環境が整い、免疫力がアップすることがわかっています。

腸内環境を調整

ヨーグルトに含まれるバクテリア菌(プロバイオティクス細菌)の働きで、腸内の悪玉コレステロールを減少させることができます。腸内環境が整えば、美容や健康にいいメリットがあるでしょう。

美容効果

ヨーグルトによって腸内環境が整えば、ニキビや肌荒れといったお肌のトラブルの原因となる有害物質が減り、美肌に良い効果がもたらされます。

ヨーグルトを使ったおすすめレシピ

水切りヨーグルトで!冷製カルボナーラ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ヨーグルトで作るケーキ♩しっとりからふわふわまでレシピ20選

ヨーグルト ケーキ レシピ お菓子 ムース まとめ

普段食べているヨーグルトをケーキにしてみませんか?ホットケーキミックスや炊飯器で手軽に作れるもの。しっとりチーズケーキやふわふわパウンドケーキなど人気レシピを紹介します。ヨーグルトが余ってしまったら、ケーキに…

「飲むヨーグルト」って太る?効果的に摂ればむしろやせ体質に!

ヨーグルト

健康や美容にいい飲むヨーグルト。その手軽さに惹かれて冷蔵庫に常備し、つい飲みすぎて太る……なんて可能性も侮れません。普通のヨーグルトとの違い、気になるカロリーや効果的な飲み方にも注目してご紹介します。正しい知…

アイスの中にグミをイン!「ぷっちょアイスバー」の冷えぷち新食感にぞっこん♩

ヨーグルト

「ぷっちょ」がアイスになったってご存じでしたか!? ヨーグルト風味のアイスにソーダ味のグミを入れたアイスバー。その食感は、やっぱりかなり独特でした……。「こんなのはじめて!」という人も多いだろうこのアイスの味…

あの栃木名物がアイスに!「レモン牛乳ソフト」はファンも納得の味わい♩

栃木 ヨーグルト

栃木のご当地ドリンクとして知られているレモン牛乳。そのレモン牛乳が、ソフトクリームに変身してさらに注目を集めているって知っていましたか?今回は、レモン牛乳をたっぷりと使用した「レモン牛乳ソフト」をご紹介します…

さっぱりすっきり!「ラッシー」の作り方&アレンジレシピ10選

ヨーグルト まとめ

カレーと一緒に出されることの多い「ラッシー」。お店で飲むイメージが強いかと思いますが、実はお家でも簡単に作れるんですよ♩今回は、プレーンラッシーとマンゴーラッシーの作り方に加え、人気のアレンジレシピ10選もご…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

やっぱり気になる!?カフェのフードメニューカロリーをまとめてみた。

カフェ フレンチフライ まとめ

カフェメニューのカロリー第二弾。今回は、カフェのフードメニューカロリーをまとめてみました。 好きなものはカロリーが高いって少し憂鬱ですね。でもカロリーを把握しておけば、コントロールできると思います。

【これが出来たら一流?】接待などで使える日本酒ビジネスマナー5選!

日本酒 接待 和食 まとめ

社会人になると、お客さんと接待なんて事も20代半ばあたりから増えてきますよね。特に営業の方はあると思います。接待というと和食なイメージもあるので、そこで好まれるのお酒と言えば、やはり日本酒。そんな日本酒に関す…

ハッピーホルモン「セロトニン」を増やすおすすめ食材5選

まとめ

セロトニンという物質の名前を聞いたことはありますか?実はこの物質は体内で作ることができないため、食材から摂取しなければなりません。身体にとってとても重要で、精神状態も左右してしまう恐れがあるようです。食生活を…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

連載記事

感動!北海道の人気スイーツ「牧家のクレームブリュレ」がローソンで買えた!

プリン スイーツ

北海道のお土産として人気の「牧家のクレームブリュレ」が、なんとローソンで販売されているんです!丸い風船の中に入ったプリンは、つまようじを刺すとクレームブリュレが飛び出します。なめらかなプリンと、カリカリのカラ…

3人家族の平均食費は一体いくら?子育て中の節約法と満腹節約レシピ

月々の家計で目に見えて節約効果が出やすいのは食費です。子育て世帯(3人家族)の平均食費をご存知ですか?今回は子どもがいる家庭向けの節約法、そして育ち盛りの子どもも大満足!の満腹節約レシピをご紹介します。

普通のオリーブと何が違う?ブラックオリーブの栄養とおすすめレシピ

「オリーブ」といえば何を思い浮かべますか?オリーブオイルや、マリネなどに使用されるグリーンオリーブ、ピザにトッピングされているブラックオリーブなどがありますよね。この、緑色と黒色のオリーブにはどんな違いがある…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る