ライター : きう

なにげない日々の暮らしを豊かに送りたいと考えています。休みの時間は、主に散歩や読書をして過ごしています。心と身体においしい食べ物の情報を中心にみなさんに伝えたいです。

お味噌汁作りは手間がかかる……

家庭の味、日本の味の代表である「お味噌汁」。温かいお味噌汁を飲むとなんだかほっとしますよね。そのおいしさはもちろん健康への効果も合わさり、毎日にでも飲みたい料理のひとつといえるでしょう。 具材を切り、お味噌を溶かすなど、お味噌汁は一見簡単な調理法に思われます。ですが作ったことのある人は共感できると思いますが、案外手間ひまかかります。特に理想的なお味噌の量を計ることや、味噌をスプーンで取りおたまに移し箸で溶く……これらの作業の厄介さに悩む人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、お味噌汁作りの悩みを解決してくれる商品をご紹介します!

みそマドラーでお味噌汁を気軽に

忙しい時代、なるべく料理の時間は省きたい……そんな願いを叶えてくれるのが、オークス社から販売されているレイエ「計量みそマドラー」です。レイエは女性目線をコンセプトにしているブランドです。こちらの商品を使うことで、手間のかかるお味噌汁作りをぐっと楽にしてくれますよ。 テレビや新聞といったメディアでも、こちらの商品の便利さが話題となっています。両端にある丸みを帯びたワイヤーで味噌をひとすくいするだけで、普段のお味噌汁作りがとっても楽になるんです。その魅力を紹介していきます。

みそマドラーの魅力

理想のお味噌汁の味が簡単に

お味噌汁作りのなかでも、お味噌の量の調整に苦労しませんか。量が少なすぎると薄味になり、反対に量が多いと味が濃くなってしまいます。お味噌は塩分を多く含むために入れすぎは高血圧につながる可能性があります。 「計量みそマドラー」は両端についている大小の丸がそれぞれ約大さじ2,大さじ1となっています。そのため、毎回決められた量のお味噌をはかれるんです。自分がどれぐらいの量をいれたのかもわかりやすく、毎日のお味噌汁の味も安定します。

味噌をすくったまま溶かせる

スプーンですくったお味噌をおたまに移し、箸で溶く……この作業は煩わしい上にいくつもの器具を使うため洗い物も多くなってしまいます。 「計量みそマドラー」はお味噌をすくい、そのままお鍋に入れ溶かすことができます。他の道具を使わずお味噌が溶けるので、おたまもお箸も不要です。これさえあれば面倒くさい洗い物の悩みも解消!

美しいフォルム

どんなに便利な商品でも、その姿が気に入らなければキッチンに置く気にはなりませんよね。この「計量みそマドラー」はフォルムもきれいでおしゃれな商品となっています。キッチンのインテリアとしても映えること間違いなし。
また、全長20cm×最大径4cmというコンパクトなサイズなので収納もばっちりです。キッチン用品は幅を取るものが多くありますが、こちらの商品小さめなので、収納スペースを確保する心配もありません。 さらにうれしいのはお手入れのしやすさ。オールステンレス製で洗いやすいうえに食器洗いにも対応しています。衛生が問われるキッチン用品の清潔さを保てるのは何より大切なポイントですね。

みそマドラーの使い方

その使い方はとっても簡単。料理をはじめたばかりの方にもおすすめです。 まず「計量みそマドラー」の端の丸い部分をお味噌の容器のなかに入れ、くるりと回転させます。次に、そのままマドラーをお鍋に入れてください。これでお味噌汁の完成です。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ