江戸生まれのお料理「柳川鍋」について詳しくご紹介します!

江戸時代に生まれた「柳川鍋」。ドジョウを使った精力のつくお料理として、古くから愛されてきました。ドジョウとゴボウをみそとしょうゆの割下で煮たものを、最後に卵でとじるのが特徴です。そんな「柳川鍋」について、詳しくご紹介します。

2020年1月7日 更新

豚肉の柳川鍋風

豚肉を2cm幅に切り、ゴボウは下処理をしてささがきにします。ささがきにしたゴボウを水から茹でて、冷ましたあと、しっかりと水気を絞っておきましょう。 煮汁とゴボウを深鍋に入れ、火にかけます。煮立ったら、豚肉を入れて火を通しましょう。 再度煮立ったら、溶き卵を流し入れ、蓋をして蒸らして完成です。器に盛り付けたら、お好みで山椒をかけていただきます。

牛肉の柳川鍋ふう

材料は、和牛切り落とし、新ごぼう、新玉ねぎ、わけぎ、水、酒、みりん、砂糖、醤油、白だし、卵など。 ゴボウをささがきにして、酢水につけてアク抜きします。玉ねぎは薄切り、わけぎは斜めに細切りに。鍋に水と調味料各種を入れ、ごぼうと玉ねぎを入れましょう。次に、フライパンにごま油をしいて牛肉を焼き、赤みが残る程度で先の鍋に移します。アクを取ったらフタをして、弱火でじっくり煮込みましょう。 ごぼうが煮えたら溶き卵2/3ほどを回し入れ、わけぎを散らします。再びフタをして、卵に火が通ったら残りの卵を投入。火を消してフタをします。半熟になったらできあがり。

柳川鍋の老舗「駒形どぜう本店」

おいしい柳川鍋を食べられる老舗「駒形どぜう本店」をご紹介します。
和を基調にした外観と店内です。1階のお座敷では、ゴザの上に板が敷かれており、その上にお鍋やお料理を置いていただきます。

柳川鍋

柳川鍋は、完成品がお鍋に入った状態で運ばれてきます。 さばいたドジョウを使っている柳川鍋は、どぜう鍋のドジョウのもつ苦みはなく、ドジョウの身の旨みを存分に味わうことができるのです。

店舗情報

■店舗名 :駒形どぜう 本店 ■最寄駅 :都営地下鉄浅草線 浅草駅 A1出口 ■住所 :東京都台東区駒形1-7-12 ■電話番号:03-3842-4001 ■営業時間:11:00〜21:00 ■定休日:年中無休 ■参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1311/A131102/13003684/ ■公式HP:http://www.dozeu.com/

おわりに

どじょうを使った、柳川鍋についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。どじょうはふだん親しみのない食材かもしれませんが、だんだん試してみたくなったのでは。あなたもぜひ食べてみてくださいね。
2 / 2

特集

FEATURE CONTENTS