沖縄旅行に行ったら絶対食べておきたい!八重山そばってどんなそば?

美しい海に囲まれた沖縄。その中でも自然豊かな石垣島を含む八重山地方は、観光スポットとしても人気の場所です。旅行先での楽しみと言えば、その土地のグルメ。八重山地方で有名なグルメとえば八重山そば!今回は八重山そばについて詳しくご紹介します。

2016年8月12日 更新

八重山そばとは

八重山ってよく耳にしますが、一体どこの地域かご存知ですか?石垣島をはじめ、その周辺の島々を含めた地域を八重山地方と言います。とっても自然豊かな場所で、いろいろなアクティビティも楽しめますよ♩

この八重山地方で有名なグルメが八重山そば!八重山地方で食べられているそばだから八重山そばと呼ぶんです。分かりやすくて覚えやすいですね!沖縄には、沖縄独特のそばが多く存在します。どれもこれも一緒というわけではないんですよ。

八重山そばの特徴やおししいお店などを、詳しくご紹介します。

石垣島では八重山そばを食べよう

せっかく旅行に行ったなら、その土地の名物グルメを食べてみたいですよね。特に沖縄には、独特の文化が多く残っています。その文化の中には、もちろん食文化だって含まれます。

石垣島らしい食文化を楽しむのなら、八重山そばはもってこいのグルメ。八重山そばが食べられるお店はたくさんありますよ。八重山の魅力がギュッとつまっています。

いろいろな説がありますが、八重山そばは中国から伝わってきたと言われています。中国には古くから麺が存在しました。その麺が沖縄に伝わり、長い時間を経て沖縄の文化と融合し、今のかたちになったそうです。

沖縄で作られている麺類の総称を沖縄そばと言い、その中に八重山そばも含まれます。沖縄そばにはたくさん種類があるんですね。

石垣島に行ったなら、絶対八重山そばを味わてみて下さい。

八重山そばの特徴

八重山そばの特徴は、ほんのり甘いスープ。透き通ったキレイな色をしています。麺は細めで断面が丸いものが一般的ですが、中には平たくしたものもあります。「そば」と呼ばれてはいますが、そば粉ではなく小麦粉で作られた麺を使うのが一般的です。

トッピングにはかまぼこや豚肉をのせることが多いんですよ。他にも島胡椒をいれたり、紅ショウガを入れるなどすることもあります。

スーパーでは、自宅で八重山そばを楽しめる麺やスープも販売されていますよ。地元の方にも親しまれている食べ物なんですね。

八重山そばとソーキそばの違い

沖縄の有名な料理といえば「ソーキそば」ですが、八重山そばとは一体何がどう違うのでしょうか。なんとなく一緒だと思っているかもしれませんが、それぞれに特徴があるんですよ。

まずは麺の違いです。ソーキそばで使われる麺は、八重山そばと違って太めでちぢれています。八重山そばと比べてもまったく違いますね。

何より大きな違いは、ソーキそばがその名で呼ばれる理由、そう、ソーキがのっている点です。ソーキとはスペアリブのこと。スペアリブを醤油や砂糖などで、甘辛くじっくり煮込んだホロホロのお肉をトッピングします。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう