ローディング中

Loading...

夏の遊びの定番「スイカ割り」に、公式ルールが存在するって知っていましたか?大人も子どももみんなで楽しめる楽しい遊びなんですよ。スイカ割りの公式ルールや、もっと楽しむためのテクニックやグッズをご紹介します!今年の夏は、ぜひ試してみてください。

スイカ割りの正しいルール知ってる?

スイカ割り、したことはありますか?子どもの頃に幼稚園や小学校の行事でやったという方が多いかもしれません。目隠しをした挑戦者に「もっと右!」「左に行きすぎだよ!」と声をかけてスイカの位置を教えてあげたり、わざと違う方向へ誘導したり……スイカを割る人も、それを見守る人も、みんなでワイワイ盛り上がれる夏の風物詩です。

日本で古くから親しまれてきたスイカ割り。なんと、「日本すいか割り協会」という団体が作った公式ルールが存在するんですよ!スイカ割りの起源や公式ルール、スイカ割りをさらに盛り上げるグッズについてご紹介します。

スイカ割りの起源

スイカ割りの起源には、さまざまな説があります。まずは、京都の地主(じしゅ)神社にある「恋占いの石」を起源とする説。この石は、10m離れたところから目隠ししてたどり着くと恋が成就すると言われています。目隠しをするという点では一致しますね。

さらに、「豊臣秀吉が安土城建築の際に始めたパフォーマンスが始まり」という説や、「スイカの原産国であるアフリカで行われていた、スイカの豊作を占う風習が伝わった」という説など……。どの説が正しいのでしょうか?

スイカ割りの公式ルールを紹介している「日本すいか割り協会 公式ルール&マナーブック」の中では、次のように紹介されています。

「古来、すいか割りは居合抜きの修業にも用いられてきた」

居合抜きとは、鞘に収まった刀を抜くと同時に野菜や果物などを切って見せる、大道芸の一種です。神経を研ぎ澄まして果物を切るという点では一致しますし、なんだか説得力がありますね。さまざまな説が生まれるほど、スイカ割りは多くの人々から愛されてきたことがわかります。

実は公式ルールがある

日本スイカ割り協会とは

スイカ割りのルールを発表している「日本すいか割り協会」とは、どんな団体なのでしょうか。初めて名前を耳にした方も多いかと思います。

「日本すいか割り協会」は、スイカの消費拡大を目標に、農業協同組合(JA)が1991年に設立した団体です。英語表記は「Japan Suika-Wari Association」、略してJSWA。国際組織風でかっこいいですね。団体自体は解散してしまい残っていませんが、公式ルールは現在でも確認することができるんですよ。その一部をご紹介します。

競技場所

・ どこでも楽しめるが、「砂浜」または「芝生の広場」が最適。
・ スイカと競技者(割る人)の間の距離は、5m以上7m以内。

スイカまでの距離が5m以上とは、意外と長いですね。棒を振り回しても何かに当たる心配がない、広い砂浜か広場で行いましょう。

用具

・直径5cm以内、長さ1m20cm以内の棒を使用すること。
・ 目隠し用に、てぬぐいまたはタオルを準備する。
・ スイカは、「日本国産スイカ」を用いる。


スイカを割る棒は、直径5cmまでOKです!小さいお子さんは太めの棒の方がスイカに当てやすそうですね。スイカは国産のものと決まっています。国産スイカの消費拡大を願ったJAの方々の思いが見えますね。

競技の進行と後片付け

・競技者(割る人)の持ち時間は1分30秒。
・スイカに棒が当たらなかった場合、時間内であれば3回まで棒を振ることができる。
・空振りは0点、スイカに棒が当たったら1点、スイカにヒビ割れができたら2〜4点、スイカの果肉が見えたら5〜10点。
・勝ったチームにはスイカを食べる権利がある。負けたチームは、残ったら食べることができる。
・競技後は勝負の勝ち負けに関係なく、 競技場所をきれいにしてゴミは持ち帰ること。

競技に勝たないとスイカを食べる権利をもらえないなんて!意外とストイックな競技だったんですね。時間制限や公式の加点方式を取り入れれば、競技がさらに盛り上がること間違いなしですよ。
▼このほかにも、公式ホームページでは「審判員の条件」や、さらに細かい競技ルールが掲載されているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

スイカをうまく割るコツ

公式ルールでは「スイカの果肉が見えたら5〜10点」となっていますが、割れたスイカの断面の美しさで点数が変わってくるんですよ。みんなで食べる際にも、なるべくきれいに割れていた方が分けやすいですよね。スイカ割りで上手にスイカを割るコツをお教えします。

スイカの置き方

スイカをそのまま地面に置くと、ゴロンと転がってしまいます。棒でたたく際も、しっかり刺激が伝わりにくく、美しく割れませんよね。スイカを固定するために、シーチキンの空き缶を活用しましょう!食べ終わったシーチキンの缶の蓋を取り、よく洗ってスイカの台座にします。缶の上にスイカを置けば、スイカが安定して転がりにくくなりますよ。

スイカを置く向き

スイカを置く向きにもひと工夫!青いヘタの部分を下にして置くと、ヒビが真下まできれいに入りやすくなるんですよ。スイカにこっそり隠し包丁を入れておくと、さらに美しく割りやすくなります。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

夏もジビエ!新宿三丁目「パンとサーカス」で夏鹿&ヒグマフェア開催

ジビエ 新宿 新宿三丁目

新宿三丁目の肉バル「パンとサーカス」が8月から「夏鹿」と「ヒグマ」を使ったフェアを開催!ジビエといえば冬のイメージが強いですが、さっぱりとして爽やかな「夏鹿」は近年注目を集めている食材です。夏バテ対策におすす…

いつも飲むのは「チューハイ」?それとも「サワー」?違いを徹底解説!

居酒屋 ドリンク

皆さん、「チューハイ」はお好きですか?居酒屋のメニューでも、おうち飲みでも人気の「チューハイ」ですが、そもそも他のアルコールとどこが違うのか、ご存知でしょうか?今や様々な味が楽しめる「チューハイ」について、調…

しそとみょうが香る♩「鶏ひき肉の松風焼き」は夏の薬味で爽やか!

夏野菜 鶏肉料理 鶏肉 おつまみ

おせちに入っているイメージが強い松風焼き。今回は、鶏ひき肉を使ったレシピをご紹介します。しそやみょうがを入れると、夏にぴったりなひと品に!夏バテで食欲のない時でもオススメです。爽やかな口当たりで、冷酒や焼酎に…

ピザーラを安く注文する方法総まとめ!持ち帰り割引もクーポンも無駄なく活用♩

ピザ テイクアウト

大人気宅配ピザチェーン「ピザーラ(PIZZA-LA)」。今回はそのピザーラで持ち帰りをしたら果たしてお得なのか? など、少しでもお得に楽しくピザを食べるノウハウをまとめちゃいます!クーポンのゲット方法やイベン…

ハンバーグにナツメグを入れるのはなぜ?身近なアレで代用もできる!

ハンバーグ

ハンバーグ作りをする際にレシピを見ていると、必ずといっていいほどナツメグが出てきます。ハンバーグにナツメグを加えることで本格的な味わいになりますね。ここでは適した量や、ナツメグがないときの代用についてもご紹介。

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

あの痩せた芸能人がやっていた「ダイエット法」まとめ♡

まとめ

あの芸能人も行い、実際に痩せたというダイエット方法をまとめました。美しさを保つために芸能人の方々も様々な努力をしているようですね!皆さんも参考にして始めてみてはいかがでしょうか?

インフルエンザに効果的な食べ物6選!身体の中から病気と戦おう!

まとめ

予防接種をしてもかかる可能性があるインフルエンザ…。なんとそんな強力なインフルエンザウイルスと戦ってくれる食べ物があるそうです!身体の中から病気と戦いましょう!インフルエンザに効果的な食べ物を紹介します。…

花見やハイキングの強い味方!使い捨てだけどかわいい食器『3』選

おしゃれ まとめ

花見やハイキングにお弁当や料理を持ちよるときは、使い捨ての食器があると助かります。とはいえ味気ない食器を使うとせっかくの行楽気分も少し残念な気分に。そこで、是非持っていきたい、使い捨てだけどデザインがかわいい…

居酒屋でも健康・美容にいいものを♪迷ったら頼みたいメニューまとめ♡

居酒屋 まとめ

居酒屋でも健康や美容にいいものを積極的に選んでみませんか?知っているか知っていないかでは大違い!?迷ったらぜひチョイスしたいようなメニューをまとめました。参考にしてみてください♪

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

大人になっても変われる!野菜嫌いを克服できるおすすめレシピ10選

レシピ まとめ

嫌いな野菜はありませんか?嫌いな野菜を食べられるようになりたい人、食べてほしい人がいる人必見。野菜嫌いを克服するための10のレシピを集めました。嫌いな野菜をおいしくお料理して、野菜嫌いを克服しませんか?大人に…

日本のソウルフード「マグロ」が絶滅の危機!? 食べられない日が来る?

日本に流通しているマグロのうち、半数以上の種類が絶滅危惧種に指定されていることをご存じですか?絶滅危惧種でありながら、スーパーの鮮魚コーナーでマグロのお刺身に出会わない日はありません。このままでは、マグロが食…

使う食材3つだけ♩チーズのび〜る「ほくほくいももち」を作ってみよ

じゃがいも レシピ

まるでお餅のような食感が楽しめる「チーズいももち」のレシピです。じゃがいもで作った生地はモッチモチの弾力。中からはモッツァレラチーズがとろ〜っと飛び出します。食べやすく一口サイズに丸めれば、パーティーの一品に…

でぐでぐ

おいしいものを食べること、作ること、撮ることが大好きです。 天気の...

ページTOPに戻る