ローディング中

Loading...

鮮やかな紫色とやさしく高貴な香りを持つラベンダーは、鎮静作用などさまざま効能があることで知られています。とても人気が高く、古くから香料やスキンケア、薬草として用いられてきました。その由来や効能、ブレンドオイルの作り方などをご紹介します。

ラベンダーとは

ラベンダーはシソ科の植物です。世界各地で栽培されており、アロマオイルや入浴剤、ハーブティーなどさまざまな使い方があります。他のいかなる香料もしのぐといわれ「香りの庭の女王」なんて呼び名もあるそうですよ。

日本にラベンダーがやってきたのは江戸末期ですが、古代ローマ時代から沐浴のときに、芳香剤や消毒剤として用いられたようです。そのため、「ラベンダー(lavender)」は、ラテン語で「洗う」を意味する「ラヴァーレ・ラワーレ(lavare)」が語源だといわれています。

ラベンダーと聞くと、北海道富良野の畑一面に広がった紫色のラベンダーが、ゆったりと風にそよぐ幻想的な風景を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。その情景を思い浮かべるだけで心に癒しを感じるほど、ラベンダーという存在自体が人の心とからだを穏やかにしてくれます。また、昔から天然の万能薬と評判が高かっただけあり、たくさんの効能があるようですよ!

ラベンダーの効能

ラベンダーの香りをかぐと人の脳にはα(アルファ)波が増加するそうです。α(アルファ)波は、リラックスした状態の人の脳に増える脳波ですよね。また、イライラや興奮を抑制してくれる鎮静作用があり、漢方では「体温を下げる」と考えられています。そのため、以下の通り多くの効能が伝えられています。

ストレスの軽減

ストレスを感じているとき、人は緊張状態にあるので筋肉が硬くなります。また、呼吸も早くなり深部の体温が上昇しますが、そのぶん手足には血液がまわらないので冷たくなります。これは、自律神経のひとつ「活動の交感神経」が優位になっている状態です。

逆に、リラックスした状態になると筋肉の緊張がほぐれ、呼吸がゆるやかになり深部の体温が下がるため、末梢血管が広がり手足が温かくなります。これは、自律神経のひとつ「休息の副交感神経」が優位になっている状態です。

ラベンダーの香りは、この副交感神経を刺激して緊張をやわらげ、リラックスに導いてストレスを軽減してくれます。この効能は、研究結果でも示されているそうですよ。これが、睡眠促進効果にもつながるようです。

痛みの緩和

「痛み」は神経を伝わり大脳で認識されますが、そのときの人の状態によっても、痛みが変化するそうです。たとえば、怒りや不安を感じているときは痛みを増強させますが、逆に、安心した状態であれば痛みが和らぐそうです。そのため、心身をリラックスした状態に導くラベンダーは、痛みを感じにくくする働きがあります。

傷や火傷

フランスの化学者ルネ・モーリス・ガットフォッセが実験中に火傷を負った際、たまたま近くにあったラベンダー精油を塗ったところ、驚くほど治りが早かったと伝えられています。この出来事は、アロマテラピー誕生(1930年代)のきっかけにもなりました。なお、フランスの軍医であったジャン・バルネ博士は、兵士たちの傷の消毒や鎮痛ケアにラベンダーが効果を発揮したと記録しています。

エッセンシャルオイルとアロマオイルの違い

「エッセンシャルオイル(精油)」と「アロマオイル」は、ごちゃ混ぜに使われやすい言葉ですが、示すものに違いがあります。

「エッセンシャルオイル(精油)」とは、植物の花・葉・果皮・根・種子・樹脂・樹皮などから抽出した液体(揮発性の芳香物質)のことをいいます。100%天然由来なので植物の有効成分があります。少しでも合成香料などが含まれている場合は、「エッセンシャルオイル(精油)」とは表記できません。

「アロマオイル」とは、合成香料が加わったものや、100%天然由来のエッセンシャルオイルすべてを示す、広い意味の言葉(広義語)です。ただし、「『エッセンシャルオイル(精油)』以外の合成香料などを含んだもの」を示す場合に使われることもあります。

ラベンダーオイルの種類

ラベンダーには、いくつかの種類があります。種類によっては取扱いに注意が必要なものもあります。主な3つをご紹介しましょう。

ラベンダー・アングスティフォリア

ラベンダーオイルのなかでも最高品質で、安全といわれています。イングリッシュラベンダー、真正ラベンダーとも呼ばれるようです。リラックス効果が高く、スキンケアにも向いており、火傷や虫よけにも有効です。主な効果は鎮痛・鎮静・誘眠・抗炎症など。ただし、妊娠初期は避けましょう。

ラベンダー・ストエカス

フレンチラベンダーとも呼ばれます。脂性肌・乾燥・敏感肌のスキンケア、鼻水などの粘液調節や、火傷、出産後の妊娠線ほか、傷跡のケアに効果があると伝えられています。ただし、神経毒性のあるケトン類が含まれているため、十分な希釈(薄めること)が必要だとのこと。妊婦さん、授乳中の方や、小さなお子さん、高齢者の方や、てんかん患者の方はご使用できません。

ラベンダー・スピカ

リラックス効果よりも抗毒素作用に優れ、クラゲや蜂、ムカデなど毒を持つ虫から刺されたときに効果を発揮するようです。刺激が強いので、妊婦さん、授乳中の方や、小さなお子さん、高齢者の方や、てんかん患者の方がご使用する際は注意が必要です。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

まとめ

今年もスタバから、毎年大人気の「オータムデザイン」のオリジナルグッズは販売されました!秋の定番、紅葉柄から今年注目のサボテン柄まで、バリエーション豊富にそろえています。マグやタンブラー、ボトルなどの人気商品を…

作り置き まとめ

ヘルシーでお手頃価格の「鶏胸肉」は、主婦の心強い味方食材。今回は、作り置きできるヘルシーでおいしいレシピを15件ご紹介します。忙しい日でも作り置きおかずがあれば、家族を待たせずにごはんを出せますよ。お弁当にお…

レシピ まとめ

まろやかで豊かな香りが人気の「ごまドレッシング」。今回は、基本のごまドレッシングの作り方とアレンジレシピ6選、活用レシピ3選をご紹介します!手作りのごまドレッシングで、野菜をもっとおいしく食べてみましょう!

豚肉 まとめ

豚ももブロックは脂肪が少なく、ヘルシーに食べられると人気の部位。しかし、どんな料理に使えばよいか分からない方も多いのでは?今回は、豚ももブロックのレシピを調理法別にご紹介します。角煮やチャーシューなど、人気の…

まとめ

無印良品は、ホントにおいしい!使いやすくて便利!というフード&グッズがたくさんそろっているので、見ているだけで楽しいお店ですよね。ここではそんな無印良品で、いま話題の人気商品を10点ご紹介していきます。注目の…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

女子会 合コン まとめ

これからの時期、本当に忘年会や新年会などの飲み会が多いですよね。そしてよくあるのが、ついつい終電を逃してしまった…なんて事態。そんな時に役にたつ対処法を5つあげてみました。是非ピンチの時に参考にしてみてくださ…

合コン ワイン 日本酒 まとめ

忘年会や新年会が多いこの時期、上司やお偉いさんとお酒の席を共にする事も多いですよね。そんな時、社会人として絶対に覚えておきたいお酒の席でのマナーを7つ選びました。これをしっかり覚えて飲み会に望めば失敗すること…

まとめ

予防接種をしてもかかる可能性があるインフルエンザ…。なんとそんな強力なインフルエンザウイルスと戦ってくれる食べ物があるそうです!身体の中から病気と戦いましょう!インフルエンザに効果的な食べ物を紹介します。…

まとめ

料理をする人必見の知っておくと便利な裏技、キッチンライフハックをご紹介します。小さな事でも知っているのと知らないのとではストレスの差が違ってきますよ。料理を楽しむためにも無駄を省くためにも役に立つ豆知識・コツ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

生茶にぴったりなお肉料理の写真をInstagramにアップするだけで、料理研究家・きじまりゅうたさんセレクトの高級お肉セットが当たる「#フォトジェ肉生茶」キャンペーンを開催します!とっておきの1枚で参加してみ…

おにぎり お弁当

カレーや麻婆豆腐など、人気の定番おかずがおにぎりの具に変身する「おにぎり丸®️」をご紹介します!ボールのような見た目なので、スポーツキッズの応援弁当にぴったり。おにぎりをテニスボールや野球ボール風にデコるアイ…

納豆 レシピ ハロウィン

納豆を使ったハロウィンメニュー5種をご紹介します!「個性が強い納豆は洋食に合わない」なんてもったいない!トロッととろける食感と濃厚なうまみが、どんな食材とも相性抜群なんです♩見た目もかわいく、意外性たっぷりな…

ページTOPに戻る