手のひらサイズのミニウェディングケーキ♩小さいけど大きな幸せ詰まってます

結婚式に花を添えるウェディングケーキ。時代の流れと共にウェディングケーキのスタイルもどんどん変わってきています。今、海外ではミニウェディングケーキを使う人達が急上昇。大きなケーキの縮小版でゲストには大好評だとか。さっそくご紹介しましょう。

2016年8月31日 更新

ミニウェディングケーキの魅力

その昔、ウェディングケーキは高さを競いあっていました。まるで、より高く大きなウェディングケーキの方が幸せ度も高いかの如く、○○の結婚式では高さ何メートルのケーキが出たとか出ないとか……人々はうわさし合ったものです。

時代は流れ、今、アメリカで静かに広まっているのがミニサイズのウェディングケーキ。大きなケーキをそのまま縮小し、細部にわたりしっかりとデコレーションが施されているものや、ただシンプルに素材のよさにこだわったものなど、手の平にのる大きさのケーキをウェディングに使う人々が増えています。

ミニサイズのウェディングケーキには、大きなサイズのケーキにはないよさが沢山あります。まず、切り分ける必要がないので、切るために起こる崩れなど一切心配無用。そしてゲストが、各自でウェディングケーキ1個分の形も味も、そのまますべて楽しめるのです。

小さいので持ち運びも便利。形をくずすことなく持ち歩くことができ、ウェディングの余韻をあとから楽しむことだってできるのです。ウェディングケーキも多様化してきた昨今、ミニウェディングケーキに注目してみませんか?

ミニウェディングケーキのアイデア

豪華なミニウェディングケーキ!

折角の晴れ舞台なので、ウェディングケーキがミニサイズだと目立たないんじゃないか……と心配になる方もいるかと思いますが、ミニウェディングケーキはむしろ普通のウェディングケーキよりも存在感があるのです。このように、ゲストの人数分のミニウェディングケーキをタワー状にディスプレイするだけで、人目をひく豪華さになるんですよ。

あえてシンプルに

これは、ウェディングケーキ?って思わず驚くほどシンプルなミニウェディングケーキです。色は純白、デコレーションはお花のみ。アクセントは唯一の黒いリボンだけなのに、何故か、いつまでも記憶に残るケーキです。このように、特にシンプルなケーキを望む場合、ミニウェディングケーキは最適のチョイスです。

イニシャル入りでシックに決める

こちらはケーキと言うより、ギフトボックスに見せかけたようなミニウェディングケーキです。デコレーションのかわりに、ふたりのイニシャルが個性を主張しています。ミニウェディングケーキの中でも、とりわけ斬新なアイデアのケーキです。
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

TK

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう