あなたも、オブアートをやってみませんか?

絵を書くのが苦手な人でも、オブアートなら大丈夫です。前もってオブラートに絵を写して、色をつけて乾燥させておけば、忙しい朝でも仕上げにオブアートをのせれば、たちまち立派なキャラ弁ができてしまいます。オブラート自体に味はありませんから、風味をさまたげることもなく安心ですよね。特にビギナーさんは、厚手のオブラートを使う方がスムーズです。 チーズにオブアートを貼り付けて、お弁当やトーストに使っている方も多いようですし、ケーキなどのトッピングに使っても。お誕生日など特別な記念日に、きっと喜んでもらえることでしょう。
▼ほかのフードアートが気になる方はこちらもチェック!

編集部のおすすめ