水晶を食べてみない?海外で人気の「水晶ケーキ」をお家で作ってみよう!

ウエディングケーキは長い間、白が中心の清楚で上品でどちらかと言えばあまり個性のない美しさが主流でした。そんなウエディングケーキの常識を打ち破るようなケーキがアメリカで登場。宝石そのものがケーキになった「水晶ケーキ」。勿論、全て食べられます。

2016年9月2日 更新

息をのむ美しさ「水晶ケーキ」

どう見ても宝石がケーキの中に入っているアート作品にしか見えない、これが全部食べられるなんてあなたは信じられますか?ケーキと宝石を合体させたようなこのケーキは、今アメリカで人気の「水晶ケーキ」と呼ばれるウエディングケーキなのです。アメジストのほかにも、エメラルド、アクアマリーン、ルビー色をした数々のデザインが生まれています。こんなウエディングケーキが登場したら、ゲストの目はすべてこのケーキに注がれてしまいそうですね。

見た目はとても凝っていますが、実は家庭でもこの水晶ケーキは作れるのです。家庭で作る場合、カップケーキや普通サイズのケーキ、そしてロリポップにこの水晶ケーキを応用できます。ホームパーティーで出すと、注目度ナンバーワンになること間違いなし!
では、ため息が出そうな水晶ケーキが家庭でも気軽に楽しめるアレンジレシピをご紹介します。まずは一番簡単なカップケーキから始めましょう!

1. 簡単!水晶カップケーキ

材料

・グラニュー糖
・コーンシロップ
・食用の着色料
・バタークリームをぬったカップケーキ

作り方

お鍋にグラニュー糖とコーンシロップを入れ火にかけ、グラニュー糖が溶け沸騰し始めたら、そのまま2〜3分加熱を続けます。このとき、かき混ぜないようにしましょう。明るい茶色に色づいたら火から下ろし、お好みの色の着色料を入れ、ムラにならないようにしっかり混ぜ、手早くクッキングペーパーを敷いた天板に流し入れ、冷蔵庫で冷やします。

完全に固まったら、手、ナイフ、金槌などを使って砂糖を砕きましょう。少し大きめに砕けたものはトッッピング用にとっておきます。カップケーキのベースに敷く砂糖は、フードプロセッサーを使うか、またはビニール袋に入れ布巾で包み、金槌で叩いて細かく砕いてください。
細かく砕いた砂糖をお皿などに広げ、バタークリームをぬったカップケーキを逆さまにして
表面に砂糖をつけます。取っておいた大きめの固まりをトッピングすれば完成です。

時短で作りたい場合は、市販のロリポップやキャンディーを砕いて使うともっと簡単に作れますよ。お好みの色のキャンディーを使ってみてくださいね。

2. 「水晶」とカップケーキへのアレンジ

材料

・フォンダン2種*(白、チョコレート)
・砂糖
・水
・紫の食用着色料(お好みの色を使ってください)
・カップケーキ
・バタークリーム
・さまざまな色のハードキャンディー
・紫色に染めた砂糖(こちらもお好みの色で)
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

TK

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう