かわいくってヘルシー!「なすボート」のホントにおいしいレシピまとめ

なすをくりぬいて作る「なすボート」、ご存知ですか?ハムやソーセージ、ツナなど、好きな具材とチーズを詰めて、焼いたものです。なすのジューシーさと、チーズのコクがよく合っておいしいですよ。その中から、特におすすめしたいレシピをご紹介しますね。

かんたんかわいい「なすボート」

「なす」が嫌いなお子さまって、けっこう多いですよね。ご家族になすが苦手な方がいるなら、かわいくておいしい「なすボート」を試してはいかがでしょうか?

「なすボート」というのは、ボートのようになすをくりぬいて、中にお好みの具材とチーズ、プチトマトなどを詰めて焼いた、グラタン風の料理です。ジューシーななすに、チーズがとってもよく合うんですよ。

詰めて焼くだけなので、忙しい合間にもカンタンにサッとできるのも魅力です。これなら、なす好きの方はもちろん、なす嫌いの方でもおいしく食べられるかもしれません。

なすボートの基本的な作り方

「なすボート」は、見ためは豪華ですが、想像以上にカンタンにできますよ。

1. なすをたて半分に切ったら、5~7mmほどの厚みを残して、中をくり抜いてボートにします。中味は荒く刻んでおきます。

2. 耐熱皿にオイルを塗ってなすを並べて、くりぬいたなすの中身とお好きな具材を詰めて、チーズ、塩コショウをふりましょう。火が通りにくい具材は、あらかじめ炒めたり、レンジ加熱しておいてください。

3. トースターやオーブンで、なすが柔らかくなるまで焼いたらできあがりです。

では次に、アレンジレシピをご紹介します。

なすボートのアレンジレシピ

1. パルメザンチーズアレンジ

トマトとなすが並んだ、とても夏らしいひと皿です。赤いプチトマトを一緒に焼くと、アクセントになっていっそう華やかになりますね。塩気のある生ハムを使った、おもてなしにもぴったり。味わい深い、グルメななすボートです。

作り方は、生ハム、たっぷりのパルミジャーノ・レッジャーノ、パセリ、ホワイトペパー、粗挽きガーリックを詰めたなすに、オレンジ果汁とオリーブオイルを回しかけて焼くだけ。

2. ツナマヨアレンジ

こちらはお手軽な、ツナマヨを詰めたアレンジです。シーチキンにマヨネーズとケチャップを混ぜ、ナスに詰めたら、とろけるチーズと粉チーズをダブルでかけます。こんがりチーズが色がつくまで焼いたらできあがり。

すぐにできるので、朝食でもよさそうですね。ツナの代わりに、ひき肉や鶏肉で代用してもよく合いますよ。

3. ミートソースアレンジ

ミートソースととろけるチーズ、プチトマトを詰めたボリュームまんてんのなすボートです。なすとミートソースって、ぜったい外れない鉄板コンビですよね。濃厚なミートソースも、ジューシーななすと、酸味のさわやかなトマトにはさまれて、さっぱり味わえそうです。

4. ドリアアレンジ

なんとこちらは、ごはん入りのなすボートです。ごはんといっても、焼き肉のたれ、酒、味噌、砂糖でしっかり味をつけてあるので、淡白ななすにもよくなじみます。チーズがとけるまでじっくり焼いたら、仕上げにオリーブオイル、パセリをふって完成です。かわいいボートにのったドリアに、食べたらきっと驚きますよ。

特集

SPECIAL CONTENTS