ローディング中

Loading...

連載:一日一皿。きょうのおつまみ

よく脂が乗って肉質も上質な魚のカマはおつまみにもってこい!甘辛いタレにガツンと粗挽きペッパーを効かせた今回のレシピは、おつまみだけでなく白いご飯にもよく合います。旬の魚のカマを使って、簡単にお店の味がご家庭で楽しめますよ!

お買い得な「魚のカマ」を活用しよう!

スーパーで見かける魚の「カマ」、購入したことはありますか?
魚まるごと一匹や切り身に比べて存在感の薄いカマですが、実はとっても良いことずくめの部位なんです!

形にクセがあるため、お刺身に向いてはいませんが、カマは脂がよく乗っていて上質で非常にお買い得。
アラに比べて細かい骨もなく、また一切れが丁度良い食べきりサイズなのでおつまみにはもってこいなのです。

どうやって調理すればいいのか分からず、なんとなく敬遠している方もいるかもしれませんが、じつは下処理も簡単なんです。おつまみのレパートリーにぜひ加えてみてくださいね!

『カマのペッパー焼き』の作り方

材料(2人分)

カマ(旬の魚を使用。今回はカンパチ) 2切れ
A 醤油 大さじ2
A みりん 大さじ2
A 酒 大さじ1
A 100cc
塩 1切れにつき小さじ1程度
粗挽き黒胡椒 適量
レモン 2切れ 
大根おろし お好みで

作り方

①カマは流水で血合いや汚れ、ぬめりを落とす。
②カマの両面に塩をまぶし、15分ほど馴染ませ水分を出す。
塩をまぶして寝かせることで、生臭みがぬけます。必ずこの行程を行いましょう。
③流水で塩を洗い流し、キッチンペーパーで軽く水気を拭き取る。
④フライパンに油(分量外)を熱し、皮を下にして中火でこんがり焼く
皮を先に焼くことで臭みがなくなり、パリっと仕上がります。
⑤皮に焦げ目がついたら反対側も焦げ目がつくまで焼く。
カマにカーブがかかっていて火が通りづらい場合は、蓋をして軽く蒸し焼きにしましょう。
⑥Aの調味料を注ぎ、照りが出るまで弱火〜中火で煮詰める。
煮詰める際、スプーンで煮汁を何度かカマにかけて表面の照りを良くしましょう。

《一日一皿。きょうのおつまみ》の記事一覧

ハンバーグ おつまみ

普段は切り身をそのまま使うことの多い鮭ですが、今回はミンチしてハンバーグにしてみました!ハンバーグにすると、焼いた鮭とは違った食感を楽しめるんですよ♩ふんわりとした歯ごたえの身に、照りマヨソースがよく合います…

大根 小松菜 チーズ おつまみ

今回ご紹介するのは中華の点心でおなじみの大根もち。本格的なものは上新粉や米粉を用意しなければつくれませんが、今回ご紹介するのはよくある材料で手軽に調理できて、その上簡単!むずかしいことをしなくても、お店顔負け…

豚肉 おつまみ

甘辛い味つけと、豚肉のトロッと柔らかな食感がたまらない角煮。メインのおかずにしてもおつまみにしてもおいしいですが、作るのに時間がかかってしまうのが難点ですね。そこで今回ご紹介するのは、すぐに角煮が食べたいとき…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ まとめ

どんな料理にも「塩分」が入っていますよね。今「減塩分」が注目されています。塩分をとりすぎてしまうと高血圧やむくみなどといった原因にも繋がるので、「減塩分」で健康で美味しい食事をしましょう☆レシピもいくつか紹介…

レシピ まとめ うどん

4月に入って新しい生活をスタートされた方も多いと思います。親御さんと離れて一人暮らしを開始した方もいるかも。そんな方でも簡単に調理できる冷凍うどんのアレンジレシピをご紹介します。何の具を入れるかによって変化が…

レシピ まとめ

「ゆうこりん」こと小倉優子さんの手作り料理が人気のようです。意外にも料理教室やパン教室に通うほどの料理好きなのだとか!月間1億ページビューの大人気ブログで紹介されたレシピを中心にした本も出版しています!さっそ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ローストビーフ

お肉料理と「キリン 生茶」のマリアージュをご紹介。「ワイルドな味わいに合うの?」と不思議に思うかもしれませんが、奥行きのある深い味わいが、お肉の繊細なうまみを引き立てるんですよ!料理研究家・きじまりゅうたさん…

納豆 レシピ ハロウィン

納豆を使ったハロウィンメニュー5種をご紹介します!「個性が強い納豆は洋食に合わない」なんてもったいない!トロッととろける食感と濃厚なうまみが、どんな食材とも相性抜群なんです♩見た目もかわいく、意外性たっぷりな…

魚介をおいしく食べるための「魚屋の鍋つゆ」シリーズが、鮮魚売り場でよく見る万城食品から発売されました!お魚やホタテ、エビなど、魚介のうまみを手軽に引き出せる鍋つゆなんですよ。4種類の鍋つゆを実際に試してみまし…

前田未希

料理家 フードコーディネーター レシピライター 料理教室講師 st...

http://studio-racconto.com/

ページTOPに戻る