まるで本物⁉︎ 台湾発祥「スイカパン」のレシピをお届け!季節感を存分に楽しもう

台湾のパン屋さんからじわじわ人気を集めている、スイカそっくりのスイカパンがSNSで人気を集めています。食紅や抹茶を使って色付けした生地で、スイカそっくりなパンができあがるんです。今回は、スイカパンレシピやデコレシピもご紹介します。

2018年11月9日 更新

見た目が涼しい「スイカパン」が人気

最近インスタグラムをはじめ、SNSを騒がせているスイカパンをご存知ですか?スイカの見た目を忠実に再現したパンで、作品によっては本物のスイカと間違えそうなほどのビジュアルです。

夏の風物詩としてのスイカを、パン生地で作ったものは、なんだか涼しげな雰囲気を感じさせてくれます。スイカの見た目なのに、食感はもっちりなのでなんだか不思議な気分になりますね。

スイカパン発祥は台湾のパン屋さん

スイカパンは2015年秋台湾のパン屋さん「幾米烘焙手創坊(ジーミーホンベイショウチュアンファン)」で作られたのが最初です。台湾の絵本作家、ジミー・リャオさんの影響を受け、独創的なパンを作りたいとお店の人が考案したそうです。その見た目のリアルさにみんなびっくり!かつて日本で芸能活躍をしていたビビアン・スーさんもインスタグラムで発信するなど、瞬く間に日本でも評判になり、パン作りが趣味のみなさんの間で作られるようになりました。

スイカパンの作り方

パン生地に、赤、緑の色を付けたものと白いままの生地3種類を用意します。赤いローフ生地に、白、緑の生地を巻きます。これを容器に入れて焼き上げれば完成!冷ましてスライスすれば、鮮やかなスイカがお目見え。三角に切れば、よりスイカのように見えますよ。

スイカの種は、レーズンを混ぜて再現しています。レーズンの代わりにチョコチップでもいいですし、仕上げの工程として、チョコやゴマで種を表現してもいいですね。色付けには食紅(赤・緑)を使ったり抹茶で緑に着色したりする場合が多いようです。

台湾の「幾米烘焙手創坊」オリジナルレシピでは、赤は紅麹菌(べにこうじかび)を使い、緑の皮の部分は抹茶、黒い部分は竹炭を使ってイチゴの香料で香りづけをしています。

スイカパンのアレンジ5選

1. 材料は4つ!簡単スイカパン

ホットケーキミックスを使った簡単レシピです。使うのは、ホットケーキミックス、牛乳、緑の食紅、赤い食紅です。ミックスと食紅を先によく混ぜてから牛乳を加えて生地にしていきます。あとは、パンになるようにまとめてオーブンで焼いたら完成。

スイカに見えるように縦に半分に切った後でスライスしていきます。スイカの種は、チョコペンでちょんちょん!お子さまと一緒に挑戦してみてはいかがでしょか。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

misokko1

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう