鮮やかな紫が食卓に映える。「紫キャベツ」を使ったレシピ10選

キャベツと言えば緑のキャベツが定番ですが、紫キャベツも食べてみませんか?きれいな色は食卓を明るくしてくれるだけでなく、緑のキャベツを上回る栄養を含んでいるのです。千切りにすればそれだけでもおいしくいただけますし、加熱するレシピも豊富ですよ。

2016年10月22日 更新

作り方

オリーブオイル、ライム汁、塩、胡椒を器に入れ混ぜ、紫キャベツ、紫玉ねぎ、マンゴー、パクチーと和えます。海老に塩、ターメリック、赤唐辛子フレーク、クミンをまぶし、オリーブオイルを入れたフライパンで両面焼き、仕上げににんにくを入れ炒めます。火から下ろし、ライム汁を回しかけ、紫キャベツのスローと一緒にお皿に盛りましょう。 ご飯やパンとこの一品だけでも、十分な一食分になりますね。ピリ辛のスパイス類が食欲を増します。辛さ加減はお好みで調節してくださいね。

紫キャベツの色を生かそう

鮮やかな紫色を食卓に活かすには、紫キャベツをサラダやコールスローなど、生で食べるレシピがおすすめです。加熱すると、どうしても色が多少は褪せてしまうからです。 ですので、加熱するレシピは、極力、短時間で火を通すようにすると色がきれいに残りますよ。紫キャベツを日々の食卓に取り入れてみませんか?

特集

FEATURE CONTENTS