ローディング中

Loading...

連載:一日一皿。きょうのおつまみ

暑い日はよく冷えたビールが飲みたくなりますね!ビールのお供に、夏にぴったりのさわやか仕立ての「つくね」はいかがですか?ニンニクとネギで旨味たっぷり。レモンであと味すっきりなひと品に仕上げました。いくらでも食べられちゃいそうなおいしさですよ。

暑い日はつくねも夏仕様にチェンジ!

暑くてビールが恋しくなる夏本番がやって参りました。

キンキンに冷えたビールといえば、焼き鳥!ですが、いざ食べようとするとタレのこってり具合に「思ったようにお箸が進まない……」ということがありませんか?

今回は、そんな夏バテ気味の時にも食べやすい夏仕様のつくねをご紹介します!レモンが効いてさわやかな口当たりです。

ネギとにんにくがたっぷり入っているので、スタミナもばっちり。ぜひお試し下さいね。

『ネギ塩レモンの夏つくね』の作り方

材料(2〜4人前 つくね9〜10個分)

鶏胸ミンチ 150g
卵 1玉
片栗粉 小さじ2
玉ねぎ 1/4玉
A 刻みネギ 15cm程度
A だし汁 50cc
A 酒 大さじ1
A ごま油 大さじ1
A すりおろしにんにく 1片
A レモン 小さじ2〜大さじ1
A 塩 3g

作り方

①玉ねぎはみじん切りし、ラップをかぶせ電子レンジで600Wで1分加熱する。
②加熱した玉ねぎの半量と、鶏胸ミンチ、卵、片栗粉をボウルに入れてよく混ぜる。
加熱した際に崩れないよう、粘りがでるまでよく混ぜましょう。
③フライパンに油(分量外)を熱し、ひと口大に丸めた生地を中火で炒める。
④焼き色がついたら、ひっくり返して反対側も焼く。
⑤残りの玉ねぎ、Aの調味料をボウルに入れてよく混ぜ合わせる。
⑥つくねを焼いたフライパンを洗わず調味料を注ぎ、ひと煮立ちする。
つくねの残り汁がついたフライパンで調味料を熱することで、肉汁の旨味があるタレになります。
⑦アルコールが飛んだらすぐに火からおろす。

《一日一皿。きょうのおつまみ》の記事一覧

おつまみ

少し肌寒さを感じる季節にぴったりな、秋ナスと長ネギを使った焼きマリネをご紹介!あらかじめ加熱してからマリネにすることで、とろんと甘くやわらかい食感が楽しめます。お酢を使って保存性が高くなっているので、常備菜に…

おつまみ スープ

肌寒い季節に食べたい、ほっと温まるワンタンスープはいかが?タネをこねることなく、手軽にワンタンが作れちゃうんです♩スープの具材はおろし玉ねぎを使うと、甘くてとろける食感に。食べごたえバツグンで、ビールや日本酒…

缶詰 さんま フレンチ おつまみ

今回は、洋風おつまみ「さんまのあん肝巻き」をご紹介します。秋が旬のさんまは、塩焼きや蒲焼きなどの和食に偏りがち。たまには洋風にアレンジしてみませんか?フォアグラの代わりにあん肝の缶詰を使って、食べてびっくりな…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

マヨネーズ レシピ まとめ

ケチャップとマヨネーズを混ぜて簡単に作れる、オーロラソース。今回はそのオーロラソースを使ったレシピを10個、厳選しました。意外と色々な食材に合うオーロラソース。上からかけるだけではなく、炒め物などもありますの…

調味料 レシピ まとめ

塩レモンがとても流行しています。そして同じ要領で作られる、「塩ゆず」がじわじわ人気を上げてきています。果たしてこの「塩ゆず」、どんなお料理に使われているでしょう?美味しそうな活用法を探してみました!どうぞご覧…

レシピ おつまみ まとめ

レタスってサラダなどでそのまま食べるイメージが強いですが、実はおつまみにもピッタリなんですよ♫シャキシャキした食感は食べ応えもあって、なおかつヘルシー!今回はレタスを使ったおつまみのレシピを9個ご紹介します♡

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ

緑茶は和食や和菓子にしか合わないと思っていませんか?濃厚なうまみの「キリン 生茶」なら、日本の料理だけでなく世界のさまざまな料理ともぴったり合うんです!今回は、生茶とチーズ料理のマリアージュをご紹介します♩

前田未希

料理家 フードコーディネーター レシピライター 料理教室講師 st...

http://studio-racconto.com/

ページTOPに戻る