ローディング中

Loading...

「エディブルボウル」って聞いたことありませんか?海外では人気の高いボウルごと食べられる料理なんです。メインからスイーツまで、おしゃれな見た目に仕上がりますので、パーティーなどにぴったりですよ。レシピも簡単なものが多いので試してみませんか?

おしゃれな「エディブルボウル」

暑い日が続くと、どうしても食欲が減退しがちになります。そんな時、食欲がわくようなおしゃれなひと品があるとうれしいですよね。

そこでおすすめしたいのが「エディブルボウル」。エディブルボウルとは、器まで食べられるボウルのことで、海外ではポピュラーなお料理です。後片付けも楽で、見た目もきれいでおしゃれなエディブルボウルは、ホームパーティーでも大活躍するでしょう。今回は、14個のレシピをご紹介していきます。

1. パルメザンチーズエディブルボウル

すりおろしたパルメザンチーズを焼いて作ったボウルに、チーズと相性のよいサラダやパスタをのせて食べるボウルです。香ばしいチーズの香りが食欲をそそります。

クッキングペーパーを敷いた天板の上に、ボウルにする小さめの器を逆さまにして置いていきます。器同士の間隔を5センチほどあけて並べましょう。すりおろしたパルメザンチーズを器の回りに丸く散らすと、パルメザンチーズの円ができます。器を取り除き、円の内側にもパルメザンチーズをふり、きれいな円形を作りましょう。あまり厚くしないように注意してくださいね。

175℃に温めておいたオーブンで5分ほど焼きます。パルメザンチーズが黄金色になり、多少泡立てばOKです。3分ほど冷ましたら、先ほど使った器を逆さまにして、器に沿わせるようにパルメザンチーズに形をつけ、そのままの状態で30分置いて固めます。固まったら、パルメザンチーズのボウルのできあがりです。お好みのサラダ、パスタを入れて食べましょう。

2. ベイクドベーコン&エッグポテトボウル

こちらは、ポテト・ベーコン・卵を組み合わせたまろやかな口あたりのエディブルボウル。朝食に使えそうなメニューですね。

まず、オーブンは200℃に温めておきます。大きめのじゃがいもを洗い、塩、胡椒と少量のオリーブオイルをつけ、アルミホイルで包みオーブンでやわらかくなるまで焼きます。ベーコンはスキレットを使ってカリッとするまで焼き、冷めたら細かく刻みましょう。ベーコンを焼いた油はとっておいてください。

焼いたじゃがいもを、まず縦半分にカットしてください。皮の回り1.5センチほど残して、じゃがいもの中身をスプーンで取り出しボウルに入れます。じゃがいもの皮には塩、胡椒をふっておきましょう。取り出したじゃがいもを潰し、刻んでおいたベーコン、ベーコンの油、牛乳、チーズ、ねぎ、塩、胡椒を加えてよく混ぜ合わせます。

じゃがいもの皮にすりおろしたチェダーチーズを入れ、真ん中にスプーンの背で穴を作り、卵を割り入れて190℃のオーブンで焼きましょう。

3. ベリーココナッツスムージーボウル

ココナッツのボウルにスムージーを入れて、フルーツをトッピングをしたかわいらしいボウルです。

ココナッツミルク 、ココナッツウォーターorアーモンドミルク、凍ったベリー類 。凍ったバナナ 、潰したフラックスシードorチアシードの粉、 はちみつ、オーツをブレンダーもしくはフードプロセッサーに入れ、なめらかになるまで回します。濃いスムージーがお好みの場合は、冷蔵庫で30分以上冷やしてください。半分に切ったココナッツにスムージ—を入れ、ナッツやベリー類でトッピングをしましょう。

4. チリブレッドボウル

お次は、パンがボウルの「チリブレッドボウル」。トマトベースで煮込んだチリビーンズをぎっしり詰め込めば、ボリュームたっぷりです。

まずはチリビーンズを用意します。挽肉と玉ねぎのみじん切りをフライパンで炒め、余分な油は取り除いてください。チリパウダーとシナモンをふり、お酢、 トマトソース、 水、 ベイリーフ、 塩、胡椒、ウスターソース、 缶詰のポークビーンズを加えて煮込みましょう。

お好みのパンの中身をくり抜いて、チリビーンズを入れたら完成です!

5. スパゲッティ・スカッシュピザボウル

夏野菜の「スパゲッティ・スカッシュ」は、加熱すると繊維がほぐれて糸状になることからネーミングされました。おもしろいことに、日本でも「そうめんかぼちゃ」と呼ばれています。そんなスパゲッティ・スカッシュもボウルになるのです。

オーブンを200℃に温め、天板にアルミホイルを敷き、軽く油を塗っておきます。スパゲッティスカッシュを半分に切り、種やわたを取り除き、オリーブオイルを塗ったら塩、胡椒をふって天板にセットします。中身がやわらかくなるまでオーブンで焼きましょう。

焼いたあとは、中身がスパゲッティ状になるまでフォークで刻み、ピザソース、チーズを入れ混ぜ合わせます。お好みのトッピングやモッツァレラチーズを加え、焦げないように注意しながらあぶり焼きをしてください。チーズの溶け具合は、お好みで調節してください。

6. エディブルチョコレートクリームカップ

ベーキング用の紙カップに、湯煎で溶かしたダークチョコレートを少量入れ、底全体に広げます。小さなブラシでチョコレートをカップの側面全体に塗り、お皿にカップをのせ冷凍庫で5分冷やします。取り出したカップに再びチョコレートを重ね塗りし、冷凍庫に入れます。この作業を3回繰り返して冷蔵庫で寝かせます。

ブレンダーに、チョコレートを割ったもの、卵、砂糖、バニラエッセンス、塩を入れます。生クリームは電子レンジで温めておいてください。ブレンダーを回しながら生クリームをブレンダーに入れて回します。

チョコレートカップにフィリングを入れ、冷蔵庫で1時間以上冷やしてください。ラズベリー、ザクロの実、砂糖を鍋に入れ沸騰させたら、火から下ろしてください。余熱で混ぜながら砂糖を完全に溶かし、フタがしっかりと閉まるジャーに入れ、冷蔵庫で冷やしましょう。お好みでオレンジリキュールを入れてもよいですね。

チョコレートカップを冷蔵庫から出し、注意しながら紙カップを破ります。お好みでトッピングをすればかわいいエディブルチョコレートクリームカップの完成です。

7. サマーアサイーボウル

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ハロウィン チョコレート お菓子

いよいよ今月末に迫ってきたハロウィン!パーティーの準備はできましたか?あんまり手の込んだものはちょっと……という方にお勧めしたいのが、「蜘蛛の巣ペイント」♩用意するのはチョコペンだけ。見た目よりも、簡単なので…

レシピ まとめ

新鮮な鯛を使ったカルパッチョを作ってみましょう!材料たったの3つでできるカルパッチョソースの作り方と、ソース別のアレンジレシピ7選をご紹介します。鯛のカルパッチョを、ご家庭で優雅に満喫しちゃいましょう。

レシピ スープ まとめ

グラタンやサラダに使われることの多い「マカロニ」。今回は、マカロニを使ったスープのレシピに焦点を当ててご紹介したいと思います。コンソメを使ったやさしい味わいのものから、クリームスープといった濃厚なものまでさま…

豚肉 まとめ

脂が適度にのっていて、ボリューム感のあるレシピからさっぱりとしたレシピまで、さまざまに応用可能な豚肩ロースブロック。定番のチャーシューや角煮、炊飯器を使ったレシピなど、いろいろな活用方法をチェックして、豚肩ロ…

春雨 中華 まとめ

人気の韓国料理「チャプチェ」。しかしチャプチェは本来特別な春雨を使用して作るため、食材の調達が大変です。そこで今回は、手に入りやすい緑豆春雨で作る「なんちゃってチャプチェ」をご紹介!春雨炒めのレシピで、韓国気…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ まとめ アレンジレシピ

人気モデルで、現役Jリーガーである稲本選手の奥様でもある田中美保さんは料理上手でも有名です。そんな田中美保さんの料理をまとめてみました♪スポーツ選手の旦那様を支える彼女の料理は、とても参考になりますね♡

レシピ まとめ

今回は人気料理家・青山有紀さんのレシピをご紹介します。「お願いランキング」などの番組でおなじみの人気料理家で、料理好きの方は一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。体にやさしい和食ばかりなので、ぜひご家…

お弁当 サンドイッチ レシピ まとめ

可愛らしく形を抜いたサンドイッチは見てるだけで幸せな、楽しい気分になりますね。お弁当に入れてもよし、パーティーで皆が集まったときに出す一品としても、喜ばれること請け合いです^^おすすめのレシピをご紹介しますね♪

マドレーヌ レシピ まとめ

フランスの焼き菓子の1つマドレーヌ。あまりにも有名ではありますが時折「無性に食べたい!」となることはありませんか?この記事ではそんな時のために基本のマドレーヌのレシピからアレンジレシピまでをご紹介します♪

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

生茶にぴったりなお肉料理の写真をInstagramにアップするだけで、料理研究家・きじまりゅうたさんセレクトの高級お肉セットが当たる「#フォトジェ肉生茶」キャンペーンを開催します!とっておきの1枚で参加してみ…

納豆 レシピ ハロウィン

納豆を使ったハロウィンメニュー5種をご紹介します!「個性が強い納豆は洋食に合わない」なんてもったいない!トロッととろける食感と濃厚なうまみが、どんな食材とも相性抜群なんです♩見た目もかわいく、意外性たっぷりな…

魚介をおいしく食べるための「魚屋の鍋つゆ」シリーズが、鮮魚売り場でよく見る万城食品から発売されました!お魚やホタテ、エビなど、魚介のうまみを手軽に引き出せる鍋つゆなんですよ。4種類の鍋つゆを実際に試してみまし…

ページTOPに戻る