長崎名物「トルコライス」の起源は?レシピ3選&地元や東京のおすすめ店も

長崎に行ったら食べて欲しい名物「トルコライス」。この記事では、トルコライスの発祥や由来の謎から、本場長崎だけでなく東京周辺でも食べられるお店、そしてお家で食べられるレシピまでご紹介します。まるで大人のお子様ランチのようなトルコライスを、ぜひ食べてみてくださいね♪

2019年6月21日 更新

オムハヤシのトルコライス

「向日葵亭」には、「オムハヤシのトルコライス」(1,190円)というメニューもあります。ふわふわのオムライスに特製ハヤシソースをかけた、アレンジトルコライス。一番人気の「向日葵風トルコライス」に次ぐ、人気メニューです。

店舗情報

3. 白ばら「トルコライス」

1,000円

長崎でも有名な観光地である佐世保でも、もちろんトルコライスは食べられますよ。こちらは、佐世保のトルコライスといえば「白ばら」といっても過言ではない有名店です。デミグラスソースとウスターソースの2種類のソースが楽しめます。

店舗情報

東京周辺でトルコライスが食べられるお店3選

東京でも、トルコライスは食べられます。そこでここからは、都内でおすすめのトルコライスのお店を3店舗ご紹介。

4. パタタ食堂「長崎名物トルコライス」

神奈川県の大船駅から、徒歩10分ほどの場所にある「パタタ食堂」で食べられる、長崎名物と名のついたトルコライス。内容は基本のトルコライスに忠実に、カレーピラフ、ナポリタン、ポークカツのワンプレートです。
4 / 5
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

kamomm

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう