光り輝く幻想的なスイーツ。「チェレンコフゼリー」で夏の食卓をさわやかにしよう

いまツイッターで話題の「チェレンコフゼリー」。ある材料を使うと、青く光る幻想的なゼリーが作れます。今回は、その作り方やどうして光るのかなど詳しくご紹介します。身近に購入できる材料で、簡単にできる夏スイーツを楽しみましょう。

2016年7月22日 更新

光のひみつは「トニックウォーター」

作り方は、井上リサさんの「チェレンコフ寒天」と一緒で、寒天の部分をゼラチンに変えただけですが、ふつうの水ではなく、トニックウォーターを使うところがポイントです。そこへ紫外線をプラスすると、トニックウォーターに含まれた香料が反応して光るのだとか。

ちなみにブルーキュラソーで青く色付けはできますが、お酒が得意でない方は、かき氷シロップのブルーハワイでもできるのではないか?と、ぐるぐるうづまきさんもアドバイスされていますので、そちらでトライしてみてもいいですね。
▼ぐるぐるうづまきさんが使用されたのは、シュウェップスの商品。こちらで購入できますよ。

みんなチェレンコフゼリーに夢中!

ツイッターでは、このチェレンコフゼリーにみなさん話題騒然。光るゼリーとあって、その注目度も高いようです。また、ぐるぐるうづまきさんにインスパイアされて、蛍光する食品を作りたいと、緑茶とサラダ油を混ぜたり、緑茶に除光液を混ぜたりして光らせる実験をしている方もいるほどです。

もちろん、寒天のレシピを参考に自分で作ってみる方などさまざま。まさに大人の自由研究状態になっているのです。ツイッターで話題になったものは、”togetter(トゥゲッター)”で、みなさんの反応のツイートなどもふくめてまとめられるのですが、やはりこのチェレンコフゼリーもまとめができています。それだけ大勢の人の注目を集めているということがわかりますね。

あなたも自由研究で作ってみませんか?

青く美しく光る、芸術的な「チェレンコフゼリー」。当初は、発光するだけに体によくないものが入っているのでは?とちょっと心配になった方もいたようですが、そんなことはなく、ごくふつうの食材で作れますので、安心安全です。お子さまと夏の自由研究の題材として、親子で楽しんでみるのもありかもしれません。

ぐるぐるうづまきさんは、実は元・研究者ということですから、ご自分の知識を活用してこのように光るゼリーも考案できたのではないでしょうか?

暑い夏に清涼感あふれる青いゼリーを、ぜひ作ってみてくださいね。
2 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

noranora69

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう