「ザ・パイホール・ロサンゼルス」が新宿ルミネに日本初上陸!これぞアメリカの母の味!!

昔ながらの製法で作る素朴なパイで人気の「ザ・パイホール・ロサンゼルス(The Pie Hole Los Angeles)」が、新宿ルミネにオープンします。人気の秘密や看板商品についてお伝えするので、今のうちに先取りしておきましょう♩

トッピングにピーカンをびっしりとしきつめたパイ。香ばしいピーカンが大好きな方には、もうたまらない味でしょう。何層にも重ねられた繊細な塩キャラメルのソースで、ピーカンをより味わい深く楽しめますよ。アメリカでは、11月にある感謝祭にこのようなパイを食べるのが一般的なんだそう。コーヒーがマッチしそうなパイですよね。

メキシカンチョコレートパイ

アメリカでは有名な「メキシカンホットチョコレート」という飲み物を、そのままパイに作りかえた個性的なメニューです。グラハムクラッカーで作ったクラスト生地にスパイスとシナモンをふんだんに入れたチョコレートソースをたっぷりと流し入れて、上に添えるホイップクリームもエスプレッソ味。ちょっと大人の味わいのパイかもしれません。

お母さんの味・アップルパイ

お店のオーナーである、ベッキーさんのオリジナルレシピで作られるアップルパイ。りんごはスライスして少し硬めに煮込み、スパイス、バターと一緒に混ぜ合わせて焼きあげました。アメリカの人はこれを味わうと童心に帰るのだとか。ふるさとの味、母の味ということなのでしょうか?見た目も素朴で、まさにハンドメイドというのが伝わってきますね。

シリアルキラーパイ

卵を使っていないチーズケーキパイで、カラフルな小粒のものはフルーツを使ったシリアル。私たち日本人もよく見るコーンフレークが、一番上にトッピングされています。生地はウェハースを細かく砕いて作り、甘さひかえめで材料もシンプルにしあげています。シリアルに牛乳を入れて食べているかのようなやさしい味わい。

10月の日本上陸が待ちきれない!?

アメリカのお母さんの味を見事に再現して、アメリカ人に大人気の「ザ・パイホール・ロサンゼルス」。10月に日本上陸ということで、くわしいことはまだ未定ですが、今からその日が待ちきれませんね!

パイ生地もグラハムクラッカーやウェハースなど、それぞれのメニューに合ったものにこだわって作られています。日本人の味覚にも合う、古きよきアメリカの家庭で作られていた素朴なパイを、あなたもぜひ堪能してみてはいかがでしょうか?

お店の情報はこちらでもチェックできます

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

noranora69

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう