連載

『焼きなすの梅味噌がけ』レシピ。夏バテでもさっぱり食べられる絶品おつまみ!

うだるような熱さで食欲がない……そんなときは「焼きなす」で食卓にさわやかなひと品を沿えましょう。特製の梅味噌ダレですっきり仕上げました。梅干しが苦手な方も、味噌と和えることで優しい口当たりで食べやすいですよ。

いつもの焼き茄子に飽きたら‥梅味噌はいかが?

なすのとろりとした食感がおいしい「焼きなす」。この季節においしくいただけるひと品ですね。

お出汁やポン酢で食べてもさっぱりとしておいしいし、生姜醤油でもすっきりとしていてまた違った味わいに。ごま油やラー油でアクセントをつけるのもよいですよね。

でも、レパートリーにも限界が……たまにはちょっと変わった味付けを楽しんでみませんか?

今回ご紹介するのは、夏バテでも食べられる梅味噌がけ。お出汁やお醤油よりも、すっきりとした口当たりで食べやすいひと品です。

梅干しをそのままで食べるのが苦手な方も大丈夫なように、味噌とだし汁でまろやかな味に仕上げました。

『焼きなすの梅味噌がけ』の作り方

材料(小鉢で4人分)

なす 3本
梅干し 大1個(たたいた時に大さじ1になる程度)
味噌 大さじ1
A だし汁 50cc
A ごま油 2〜3滴
A すりおろし生姜 少々
かつお節 お好みで
かいわれ大根 お好みで

作り方

①なすは十字に切り込みを入れ、強火で皮が焦げるまで魚焼きグリルで焼く。
調理器具によりますが、片面強火で10分ずつ程度です。
②反対側も同じように焦げるまで焼く。
③焼き終えたなすは流水で冷まして、皮を剥く。
流水でよく冷まして、火傷に気をつけましょう。皮は焦げるまで焼くと、簡単にむけます。
④水にさらして、中までよく冷やします。
⑤梅干しは種を取り出し、たたいてペースト状にします。
⑥たたいた梅干しに、味噌とAの調味料を加え、よく溶いてタレを作ります。
味噌がダマにならないよう、先に梅干しと味噌を和えてから、だし汁を少しずつ足すときれいに仕上がります。
⑦なすは水気を切り、食べやすい太さに割いてお皿に盛り付ける。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

前田未希

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう