歴代モデルをご紹介!ソーダストリームの使い方やシロップまとめ

自宅で簡単に炭酸水が作れるソーダストリーム。お店で見かけたことはあるけど、よく知らないという方も多いのでは?今回はソーダストリームの使い方や販売中のモデル、価格、ボトルの販売などもご紹介します。お家で炭酸生活をスタートしてみませんか?

2017年11月30日 更新

簡単全自動「ソースパワー」

ITEM

ソーダストリーム ソース パワー スターターキット(ブラック)

サイズ:W12.4×H42.3×D23.3cm
重量(約):2,504g

¥31,320〜 ※2018年7月6日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
ワンタッチで炭酸水を作れる「ソースパワー」は「加減がわからない」という方におすすめ。唯一の全自動モデルなのでお値段は少々高めですが、炭酸の加減を間違える心配がありません。ただしこちらは電源コードが必要なので、設置場所に注意しましょう。

初心者におすすめ!「ソースv3」

ITEM

ソーダストリーム ソースv3 スターターキット

サイズ(約):W12.4×H42.3×D21.5cm
重量(約):2100g
カラー:ブラック、ホワイト、レッド

¥20,520〜 ※2018年7月6日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
機能も充実し、価格もお手ごろなのがこちらのモデル。重さも1kg程度と軽いのでキッチンと食卓の移動も楽々!「ソースパワー」と違い全自動ではありませんが、コードが必要ないので場所を選ばず、カラーもブラック、ホワイト、レッドの3色と豊富です。どれを買っていいかわからない!という方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

ガスシリンダーの交換場所

使ってみて気になるのがガスの交換。方法は2種類あるので自分にあった方法を選びましょう。

1.お店で交換する

近くに店舗がある方におすすめしたいのが、お店での購入。空になったガスシリンダーを持っていけば交換できます。

2.ネットで交換する

近くに店舗がない!という方におすすめなのがネットで交換する方法。わざわざ外に出る必要がないので、時間がない方にもおすすめです。送料や代引き手数料が無料になるお得なプランもあるので、賢く活用したいですね。

追加でほしい!500mlボトル

ITEM

ソーダストリーム専用プラスチックボトル

本体サイズ(約):500ml
内容量:2本

¥2,130〜 ※2018年7月6日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
あわせておすすめしたいのが別売りの500mlボトル。2本あれば2種類のフレーバーを作ったり、持ち歩きに使ったりと、とっても便利。価格も2本で2,000円とお手頃ですので、手に入れてみてはいかがでしょう。
4 / 6

特集

FEATURE CONTENTS