歴代モデルをご紹介!ソーダストリームの使い方やシロップまとめ

自宅で簡単に炭酸水が作れるソーダストリーム。お店で見かけたことはあるけど、よく知らないという方も多いのでは?今回はソーダストリームの使い方や販売中のモデル、価格、ボトルの販売などもご紹介します。お家で炭酸生活をスタートしてみませんか?

2017年11月30日 更新

好きなものに炭酸を入れられる

お家にある好きなもので炭酸飲料が作れるのも魅力のひとつ。自動販売機やコンビニでいちいち買う必要がないので、時間の短縮やお金の節約になりますね。 「冷蔵庫にジュースを入れたら、お茶を入れるスペースがなくなってしまった」なんてことはありませんか?「ソーダストリーム」なら思いついたときにすぐ炭酸水を作れるので、冷蔵庫のスペースを占領する心配もありませんよ。

追加で炭酸を入れられる

炭酸飲料を飲んでいたら時間がたってしまい、炭酸が抜けてしまった、なんて経験がある方も多いはず。「ソーダストリーム」なら簡単に炭酸が追加できます。お好みで炭酸の強さも変えられるので、飲む人によって調節できるのもポイントです。いつでも出来立てのおいしさが味わえますよ!

モデルごとの違いを比べてみよう

ソーダメーカーが欲しいけれど、結局どのモデルがいいのかわからない……。そんな方のために、各モデルの違いを比較してみました。自分にあったモデルがどれかチェックしてみてくださいね!

価格が魅力!「ジェネシス」

ITEM

ソーダストリーム ジェネシス スターターキット

サイズ(約):W13.5×H42×D23.5cm
重量(約):1000g
素材:プラスチック、アルミ

¥9,900〜 ※2018年7月6日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
高いもので30,000円近くする「ソーダストリーム」ですが、一番リーズナブルなのがこのモデル。特別な機能はついていませんが、「光沢のあるポップな見た目がかわいい!」と、今でも人気がおとろえません。ちょっと試してみようかなという方や、気軽なプレゼントにもおすすめです。

食洗器を使いたい人には「クリスタル」

ガラスのカラフェが特徴のこちらは食洗器で洗える、というのが魅力。ガラス製なので他のモデルより高級感があるのもポイントです。ただし1kg前後の「ジェネシスデラックス」と違い、2750gと重いので持ち運ぶことが多い方にはおすすめできません。

機能が充実!「ソースデラックス」

ITEM

ソーダストリーム ソースデラックス スターターキッド(ブルー)

サイズ:W12.4xD23.3xH42.3cm
重量(約):2500g

¥20,500 ※2018年7月6日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
「ジェネシスデラックス」や「クリスタル」よりも機能が充実したモデル。価格は25,000円以上と少し上がりますが、カラーバリエーションが4色と豊富なのもうれしいところ。ブルーはこちらのモデルか「ジェネシスデラックス」にしかないので、「機能も充実させたいし、ブルーがいい!」という方におすすめです。
3 / 6

特集

FEATURE CONTENTS