ローディング中

Loading...

空腹を感じない、食べる気が起きない……食欲不振の原因には、どのようなものがあるのでしょうか?また、食欲不振になったとき、どう対処すればよいのでしょうか?今回は食欲不振の原因を中心に、改善方法から効果的な食べ物まで、詳しく紹介します。

食欲不振ってなに?

食欲不振とは、「食欲が振るわない」、つまり「食べたいと思わない」状態を指します。いつもならお腹が空いてもおかしくない時間なのに、一向に空腹を感じない、食べる気が起きない、そんな日々が続く場合、食欲不振になっている可能性があります。

食欲を感じるかどうかは、脳の視床下部の中にある食欲中枢の働きに左右されます。食欲中枢が正しく働いていれば、お腹が空くと空腹を自然に感じます。ようするに、食欲不振とは、食欲中枢がきちんと働いていないこと、といえるでしょう。

では、なぜ食欲中枢が正常に働くなり、食べたいという意欲が湧かなくなってしまうのでしょうか。今回は、食欲不振の原因や症状を中心に、食欲不振の改善方法などを詳しくまとめました。

食欲不振の原因

食欲不振の原因を一つに絞ることはできず、人によってさまざまです。ただし、大きく2つに分けることはできます。「日常生活によるもの」と「病気によるもの」です。

多くの食欲不振は「日常生活」、具体的にいえばストレスや運動不足など、日常生活で起こった何らかの原因に端を発します。そのため、食欲不振になっても特に気に留めず、「食欲がないなぁ」と思う程度で、そのまま放っておく人が少なくないでしょう。

しかしながら、病気が食欲の不振を引き起こしている可能性もあるため、軽く見るべきではありません。食欲不振の原因を見極めて、その原因を根本的に改善する必要があります。以下に、食欲不振の原因をお伝えします。

ストレス

私たちは精神的になんらかのストレスを抱えると、食欲不振になることがあります。人間関係、仕事、育児など、いま置かれている立場にかかわらず、ストレスの原因はさまざまです。

人は多かれ少なかれストレスを感じながら生活しており、完全にストレスフリーで生きることはほとんど不可能といえます。また、自分ではストレスフリーだと思っていても、実際には気づかないところでストレスが蓄積している場合も少なくありません。問題なのは、ストレスがあるかないか、ではなく、ストレスを過剰に抱え込んでしまっているかどうか。なぜかというと、過剰なストレスは、体の自律神経を乱してしまうからです。

先ほど述べた脳の視床下部は、自律神経を調節する場所でもあります。自律神経が乱れると、空腹になってもその情報が上手く食欲中枢に伝わらないため、食欲が低下してしまうんです。

夏バテ

夏バテも食欲不振を引き起こすことが多くあります。

夏の時期は、気温が上がり、湿度も多くなるため、体温を一定に保とうと働きます。じつは、その働きは想像以上にエネルギーを使い、体の大きな負担になるんです。暑い日々が続き、負担が体のキャパシティを超えると、暑さに対応しきれなくなり、自律神経が乱れてしまいます。自律神経の乱れは上に述べたとおり、食欲不振の原因になります。

運動不足

私たちは通常、なぜ空腹を感じるかというと、体内のエネルギーが不足して、脳がエネルギーを補給するように指令するからです。しかしながら、運動不足が続くと、そもそも脳がエネルギー不足を感じなくなります。「エネルギーが余っている」と判断して、食事によるエネルギー補給を求めなくなるんです。

睡眠不足

先ほどから何度もお伝えしているように、食欲不振の大きな原因のひとつは自律神経の乱れです。慢性的な睡眠不足もまた、自律神経の乱れを引き起こす要因となります。多忙な生活や頻繁な夜更かしなど、日常生活を見直すように心がけて、睡眠時間を確保するとよいでしょう。

アルコールの摂りすぎ

夕食をお酒と一緒に摂ると、おつまみが中心となり、お酒の量が増えていきます。アルコールには食欲を減少させる作用があるからです。しかも、アルコールを摂りすぎると、肝臓に負担がかかり、肝機能が低下していきます。肝機能の低下は、胃や膵臓など他の臓器にも負担をかけてしまうため、消化吸収の機能が落ちて、食欲不振を引き起こすのです。

妊娠

妊娠初期のつわり時、極端に食欲がなくなってしまう人がいます。赤ちゃんを守るために女性ホルモンが増加して、ホルモンバランスが乱れてしまうことが原因と考えられています。また、妊娠という大きな出来事が心理面に影響して、つわりによる食欲不振につながることもあります。

つわりの症状には個人差こそありますが、50〜80%の人が経験するといわれます。ある程度、避けられないことですから、症状と無理なくつきあいながら、食べられるものを、食べられるときに食べるようにしましょう。

子どもの食欲不振の原因

時として子どもも食欲不振になることがあります。「全然食べてくれない……」と不安に思うママも少なくないはずです。栄養が足りていないのではないか、何か病気にかかっているのではないか、と心配になります。

食事の前にお菓子を食べ過ぎてしまった、外で遊ばずに家でテレビを見ていた、というわかりやすい身体的な原因の場合は、基本的に生活習慣を変えるだけで済みます。ただし、子どもの場合でも、精神的な原因で食欲不振になることがあります。

たとえば、食事の時間が楽しくない、無理に食べさせようとしてストレスを感じている、など。笑顔でコミュニケーションを取る、味付けや彩りを変えてみる、といった工夫をしてみましょう。

食欲不振をもたらす病気

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

秋のカルディ本気モード!季節限定のおすすめ「新作フード」4選

まとめ

10月に入ってカルディから新商品が次々と販売されています。みなさんはもう試しましたか?チョコミントと海老が好きな人が喜びそうな注目商品を4つ選んでみました。気になっていた人も、まだ購入していない人もチェックし…

もはやメイン!具だくさん味噌汁のアレンジレシピ15選

レシピ まとめ

具だくさんのお味噌汁は、その一杯だけでお腹を満たしてくれます。根菜、きのこ、お豆腐などをたっぷりと使ってヘルシーに仕上げてもよいですし、お肉や魚介を使えばボリューム満点。朝食から夕食までおすすめの具だくさん味…

作り置きOKの「鶏胸肉」のレシピ!お弁当からメインまで15選

作り置き まとめ

ヘルシーでお手頃価格の「鶏胸肉」は、主婦の心強い味方食材。今回は、作り置きできるヘルシーでおいしいレシピを15件ご紹介します。忙しい日でも作り置きおかずがあれば、家族を待たせずにごはんを出せますよ。お弁当にお…

どの味がお好き?「ごまドレッシング」のレシピ、基本からアレンジまで!

レシピ まとめ

まろやかで豊かな香りが人気の「ごまドレッシング」。今回は、基本のごまドレッシングの作り方とアレンジレシピ6選、活用レシピ3選をご紹介します!手作りのごまドレッシングで、野菜をもっとおいしく食べてみましょう!

余った焼きそば&麺のリメイクレシピ15選!主食におかずに大変身◎

焼きそば レシピ まとめ

手軽に作れて人気の焼きそばですが、作りすぎて翌日に「残り物」を食べることってありませんか?今回は、そんな焼きそばのリメイクレシピ15選をご紹介。ひと味違ったそばめしや焼きそばパン、余った麺の活用レシピもありま…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

【これであなたも日本酒通(ツウ)!?】日本酒に使える香りの表現5選

日本酒 まとめ

日本酒を飲んでも「おいしい」だけで終わらせていませんか?味覚の表現を豊かにすれば、お酒を飲むのも楽しくなるはず!ということで今回は、日本酒の香りを表現するヒントを5つピックアップしてみました。

激変!狭いキッチンのおしゃれ収納方法!引き出しや棚下に一工夫しよう

おしゃれ まとめ

簡単でオシャレなキッチン収納方法をご紹介します。アパートなどキッチンが狭いと料理も収納も面倒くさく適当に投げ出してしまいがち……。でも、引き出しや壁面などにちょっとした工夫をするだけで、可愛く綺麗にキッチング…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

記事広告

乳幼児期の味覚レッスン!グリコ「幼児のみもの」で親子の楽しい食育タイム♩

グリコ「幼児のみもの」が2017年10月2日(月)にリニューアル!シリーズ5商品全てが無香料になりました。新しい味わいを、人気フードアナリスト・とけいじ千絵さんに味見していただきました。食育のコツと合わせてご…

記事広告

きじまりゅうたさん厳選高級肉ゲット♩「#フォトジェ肉生茶」投稿キャンペーン開始!

生茶にぴったりなお肉料理の写真をInstagramにアップするだけで、料理研究家・きじまりゅうたさんセレクトの高級お肉セットが当たる「#フォトジェ肉生茶」キャンペーンを開催します!とっておきの1枚で参加してみ…

記事広告

おいしくて見た目もかわいい!意外な○○で作るハロウィンレシピ!

納豆 レシピ ハロウィン

納豆を使ったハロウィンメニュー5種をご紹介します!「個性が強い納豆は洋食に合わない」なんてもったいない!トロッととろける食感と濃厚なうまみが、どんな食材とも相性抜群なんです♩見た目もかわいく、意外性たっぷりな…

ページTOPに戻る