NYで流行中のスイーツ「バブカ」って?人気店や気になるレシピもご紹介

NYでいま新たに人気の「バブカ」。チョコレート入りのバター風味豊かなパンなんです。チョコバブカでは、人気NO.1といわれるベーカリーや、気になるレシピについてご紹介します。日本に上陸する日も近いかもしれませんよ。

2017年6月15日 更新

チョコレートバブカ

牛乳をあたため、ドライイーストと砂糖を入れて泡が出てくるまで待ちます。別のボウルに砂糖と卵黄、卵を混ぜてイーストを混ぜたものを加えましょう。次にハンドミキサーで小麦粉と塩を入れて撹拌し、先ほどの卵を混ぜたものを追加して低速でなじむまで撹拌します。

さらにバターを入れて生地によく混ぜ合わせ、打ち粉をしてなめらかになるまでこねてたら、そのあと1時間発酵させましょう。チョコはみじん切りにして、砂糖、シナモン、バターと混ぜ合わせておきます。

長方形のパンの焼き型にバターをぬり、生地はガス抜きをして麺棒などで伸ばします。生地を3つに分けたら、生地は1枚当たり約30cm四方に伸ばしましょう。用意したチョコフィリングをのせて包むように巻いたら、しっかりと封をして、手で生地をひねり、ツイストドーナツのような形状にしましょう。(中のチョコが出てこないように注意)

焼き型にツイストした生地を折りながらのせていき、トッピングに砂糖、小麦粉、バターを混ぜてポロポロにしたものをのせます。そのまま30分置いたら、180度で予熱したオーブンで焼きあげます。1時間ほどで向きを変え、170度に温度を下げて再度焼いて完成です!

クリームチーズバブカ

基本の作り方は上のものと一緒です。チョコレートのフィリングをクリームチーズに変えればOK。室温にもどしたクリームチーズと砂糖をダマにならないように混ぜて、卵黄、バニラエッセンス、塩を入れて混ぜ合わせ生地に入れましょう。

このレシピでは、ドライフルーツのあんずも使って一緒に生地に入れています。あんずはオレンジジュース、レモン汁、砂糖と煮込んで粗熱がとれたらフードプロセッサーで撹拌し、ペースト状にして使用します。

パンプキン&シナモンバブカ

かぼちゃの甘みやシナモンのよい香りが食欲をそそるバブカがこちら。

かぼちゃのピューレはあらかじめ、小麦粉などと混ぜ合わせて生地を作ります。ブラウシュガーと溶かしたバター、シナモン、塩を合わせてフィリングを作り、発酵させた生地を四角く伸ばして中に入れましょう。かぼちゃのやさしい甘さと、シナモンがよく合います。トッピングは、小麦粉、砂糖、溶かしたバター、メイプルシロップを混ぜてポロポロにしたものを使います。

おわりに

いかがでしたでしょうか?
ニューヨークの流行グルメは、続々と日本にも進出しています。これから「バブカ」も日本で流行しそうな予感!チョコレート風味がもっとも有名なバブカですが、フィリングを変えれば、いろいろな味で楽しめます。ぜひひと足お先にバブカを作って、味わってみてくださいね。
▼他にもNYの注目グルメはたくさん!
3 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

noranora69

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう