野菜は冷凍保存が正解!「ダイレクトフリージング」のポイント

野菜は本当にいたみやすいですよね。買い置きして冷蔵庫の野菜室に入れても、使おうとしたらすでに劣化していたなんてコトありませんか?野菜をそのまま冷凍すれば、鮮度を保った状態でキープできて便利です。冷凍野菜を買うよりも安上がりですよ!

野菜の基本の保存法をおさらい

野菜の基本の保存方法をおさらいすると、

・買ってきてすぐに、包装用の包みから出す
・密封できる容器に移し替えたり、新聞紙にくるんで、冷蔵庫の冷気が直接あたらないようにする
・葉野菜は根元や芯の部分を、水でぬらしたキッチンペーパーでくるむ
・なるべく縦に置いて保存する(土に生えている状態に似た環境を作ることが、野菜を長持ちさせるコツです)

とはいえ、猛暑の続く夏には、買って帰る段階ですでに野菜の劣化は始まっています。通常の保存方法では、やはり数日しか鮮度を保てません。

野菜の冷凍保存には「ダイレクトフリージング」

そこでおすすめなのが、「ダイレクトフリージング」という野菜の冷凍方法です。これは、野菜を買ってきたときの状態から調理(下味をつけるなど)をせずに冷凍してしまうという方法。更に、凍った状態のまま解凍せずに調理するというところも特徴のひとつです。

村田裕子さんのフリージングについて書かれた著書『史上最ラク フリージング革命』も発売されているので、あわせてチェックしてみてくださいね。

具体的なやり方をチェックしよう

それでは、ダイレクトフリージングの具体的な工程を、3ステップで紹介しましょう。

1. 新鮮なうちに始めます

市販の冷凍素材がおいしいのは、採れたての新鮮なうちに凍らせるから。ホームフリージングでも同じです。買って来たらすぐに、包装を外して凍らせます

包装したまま野菜室に放置すると、野菜が呼吸することによって発生するエチレンガスで、劣化が進むんです。劣化すると微生物の繁殖もするので、注意が必要ですよ。

2. きれいに洗って水気をとります

冷凍した野菜をすぐに調理できるように、表面の汚れを洗い流しましょう。

ざるにあけてしっかり水気を取るのも大事。水分が多くついたままだと、大事な栄養素が流れ出たり、味も悪くなったりしてしまいます。

3. 野菜をひと口大にカットしたらフリーザーバッグへ

ひと口大に切っておくと、使いやすくかさばりません。野菜炒め用、煮物用など、用途別に切り方を変えて保存しておくと便利。ミックス野菜にしておいても、調理するときラクチンです。

カットした野菜はフリーザーバッグに平らに並べて、空気をできるだけ抜き、急速に冷凍できるようにするとおいしさがキープできます。

冷凍保存するメリット

ダイレクトフリージングのおすすめポイントは、なんといってもカンタンでおいしく保存できること。ここで、野菜をそのまま凍らせることのメリットをまとめておきます。

1.カットしておくことで、市販の冷凍野菜のように解凍の手間なく調理できます。

2.加熱しないので、大切なビタミン、ミネラルの損失を抑えられます。

3.生のまま凍らせることで、べちゃっとしたり、しんなりした、イヤな食感になるのを防げます。

4.じゃがいもやゴボウ、大根など、冷凍に不向きとされていた野菜も凍らせられます。

5.根野菜は凍らせることで味がしみやすくなり、煮物などの調理時間を短縮できます。

いかがでしょう?積極的に冷凍保存を活用したくなりますね。

冷凍保存がおすすめな野菜

新鮮、採れたて、が何よりだと思いがちな食材ですが、実は、生よりも凍らせた方がいい野菜もあります。その理由は、旨みがアップするとか、ビタミン、ミネラルを逃さず食卓に出せる、などなど。そんな、積極的に冷凍したい野菜をまとめました!

きのこ類

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

wasante

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう