ローディング中

Loading...

視力アップ成分として有名な「アントシアニン」。メタボリックシンドロームや花粉症の改善効果でも知られています。今回は、効果、摂取量、摂取方法、多く含有する食品など、アントシアニンについて詳しく解説します。

アントシアニンとは?

アントシアニンはポリフェノールの一種で、青紫色をした天然色素です。植物が外部の刺激(紫外線やウイルスなど)から自分自身の身を守るために作り出す成分で、強い抗酸化作用があるといわれています。

アントシアニン(Anthocyanin)の語源は、ギリシャ語のanthos(花)とcyanos(青)で、「花の青色成分」という意味。ただし実際には、赤色や紫色など幅広い色が存在します。また、種類もじつに豊富で、現在までに発見された自然界のポリフェノールは500以上ともいわれます。

その美しい色調から、古代より食品の着色に用いられてきた歴史があります。日本人に身近なものでいえば、梅干しが代表的。梅干し独特の鮮やかな赤色は、赤シソの葉のアントシアニンによって着色されたものです。

もともと食品の着色に用いられてきましたが、いくつもの研究によってポリフェノールの健康効果が判明してきて、アントシアニンもさまざまな作用を持つ成分であるとわかってきました。

あるエピソードが研究のきっかけ?

アントシアニンの研究が進むようになったといわれる、一つのエピソードがあります。第二次世界大戦中、イギリス軍のパイロットがブルーベリーのジャムを食べていたそうで、そのおかげか暗い中での視力がよくなり、物がよく見えるようになったというのです。

ブルーベリーはアントシアニンを多く含む食品のひとつ。パイロットの視力が改善した理由も、このアントシアニンのおかげではないかということから、アントシアニンの研究が始まるようになりました。

今回は、アントシアニンの効果や摂取量の目安、摂取量の多い食品など、アントシアニンについて詳しくお伝えしましょう。

アントシアニンの目に関する効果

いま述べたエピソードからもわかるように、アントシアニンといえば、まず目に関する効果が思い浮かべます。では実際に、アントシアニンと目の不調には、どのような関係があるのでしょうか?

視覚機能の改善

私たちが物を見て、物として認識するには、目のなかで複雑な働きが起こっています。目の中に情報が入ると、網膜を通って「像」として認識され、その後、脳に「信号」として送られます。わかりやすくたとえれば、目がカメラ、脳がフィルムの現像所。カメラ(目)で写した情報が信号としてフィルムの現像所(脳)に送られ、そこで情報が現像されて初めて「物が見える」んです。

脳に信号を伝える役割を担っているのは、網膜にある「ロドプシン」というタンパク質。ロドプシンは情報を受けるたびに分解され、新たな情報を得るために再び合成されます。この流れを常に繰り返すことで、私たちは「見る」という感覚を持てるんです。

ところが、目を酷使したり、年齢を重ねるとともにロドプシンを再合成する力が衰えてきてしまいます。そうなるとロドプシンの分解ばかり進んで、再合成が追いつかず、視力低下を引き起こします。また、目がしょぼついたり、目がかすむなど、疲れ目の原因にもなるんです。

アントシアニンがなぜ目によいかというと、このロドプシンの再合成を促す作用があるため。「物が見える」ために欠かせない要素をアントシアニンが補ってくれて、視力低下や疲れ目を予防・改善してくれるんです。

アントシアニンのその他の効果

アントシアニンといえば目の成分、というイメージがありますが、それ以外にも期待できる効果がいくつかあります。特に注目されているのが「メタボリックシンドローム予防」と、「花粉症予防」です。以下に詳しく説明しましょう。

メタボリックシンドローム予防

メタボリックシンドロームは「内臓脂肪症候群」ともいわれており、食べすぎや運動不足といった生活習慣の影響で、内臓に脂肪が溜まりやすくなる症状です。放っておくと、高血圧、糖尿病、動脈硬化など、大病の原因となる病気を引き起こしかねません。その点、アントシアニンは脂肪の合成を下げたり、内臓脂肪の蓄積を抑えてくれるので、メタボリックシンドロームの予防に役立つんです。

花粉症の予防

体内に花粉が入ってくると、体は花粉を有害なものと判断して、体外に排出しようと働きます。そのため「ヒスタミン」という物質を放出して、ヒスタミンが花粉を洗い流そうとするんです。これが、くしゃみや鼻水、目のかゆみなど、花粉症の代表的な症状の仕組みです。

アントシアニンは、ヒスタミンを減少させる働きがあると実験でもわかっています。ヒスタミンが減れば、花粉症のツラい症状の軽減も望めるでしょう。

アントシアニンを多く含む食品

黒豆

アントシアニンというとベリー系の食材に多く含まれていますが、黒豆にもたっぷり。見た目からおわかりのように、種皮の色素がアントシアニンです。

カシス

最近はカシスという呼び名も定着してきたが、和名は「クロフサスグリ」や「クロスグリ」です。赤い実や白い実のカシスもありますが、アントシアニンを多く含むカシスは、黒い実のものです。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

焼きそば レシピ まとめ

手軽に作れて人気の焼きそばですが、作りすぎて翌日に「残り物」を食べることってありませんか?今回は、そんな焼きそばのリメイクレシピ15選をご紹介。ひと味違ったそばめしや焼きそばパン、余った麺の活用レシピもありま…

まとめ

プチプラでかわいい雑貨がそろう、大人気のダイソー。この秋にもおしゃれで胸キュンな新商品が、続々お目見えしています。そこで今回は、新商品の中からおすすめのグッズを厳選してご紹介します。秋の行楽やハロウィンパーテ…

レシピ パン まとめ

きな粉を使ったパンはほのかな甘さと香ばしさで、年齢を問わず人気がありますね。今回は、きな粉を使ったパンの人気レシピをご紹介。手軽にできるトーストから、手ごねで作る本格パンまでバリエーション豊かなレシピを揃えま…

レシピ 豚肉 肉料理 まとめ

コリコリした歯ごたえと骨まわりの柔らかさが特徴の「豚軟骨」。調理法がわからず買ったことがなかったという方も多いのでは?今回は、豚軟骨を味わいつくす人気レシピを厳選してご紹介。煮込みや炒め物のほか、子どもが喜ぶ…

ハロウィン まとめ

もうすぐハロウィン♩飾りつけだけでなく、食欲の秋も満たしたいですよね。身近なコンビニでもハロウィン商戦が始まっています。中でもローソンのハロウィン商品は注目です。見た目の可愛さはもちろん、おいしいローソンのハ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

ピザ パン まとめ

世界には、何でこんなことをしようと思ったんだろう…と思ってしまうようなことが沢山あります。でも、そんなしょうもないことでも、世界一なら認定してくれるのがギネスこと『guinnessworldrecords』!…

ワイン 居酒屋 まとめ バー

キリスト教の祖「イエス・キリスト」は、最後の晩餐の席において、ワインとパンを自分の血と肉に例えて弟子達に与えたとされています。神が与えたものだからいくら飲んでも大丈夫!とは言いませんが、歴史上のワイン好きは人…

日本酒 まとめ

家で料理を作っている女性のみなさん!どの料理にどんな日本酒が合うかを今回教えちゃいます。日本酒好きな旦那様や彼氏がいる方に是非読んでもらえればと思います。

コーヒー まとめ カフェ

ドリップコーヒーを作ると必ず残るのが「コーヒーかす」。普通だったらそのまま捨てるところですが、実はこのコーヒーかすは捨てるのはもったいないほど驚きの様々な効果があるのです。そこで、その驚きの効果を「9」つまと…

おしゃれ カフェ レストラン 東京 まとめ

東京にはおしゃれなカフェがいっぱい!今回は雑誌の撮影などで使われるお店を中心に、SNS映えする店内やフォトジェニックでおいしい料理が食べられるカフェを厳選しました。これで行きたいお店が見つかるはずです!

まとめ

白髪の原因については老化や遺伝、ストレスなど、多くあるようですが、最近の研究によって徐々に解明されつつあるそうです。今回は白髪の予防・改善に効果的な食べ物を紹介します。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ローストビーフ

お肉料理と「キリン 生茶」のマリアージュをご紹介。「ワイルドな味わいに合うの?」と不思議に思うかもしれませんが、奥行きのある深い味わいが、お肉の繊細なうまみを引き立てるんですよ!料理研究家・きじまりゅうたさん…

生茶にぴったりなお肉料理の写真をInstagramにアップするだけで、料理研究家・きじまりゅうたさんセレクトの高級お肉セットが当たる「#フォトジェ肉生茶」キャンペーンを開催します!とっておきの1枚で参加してみ…

おにぎり お弁当

カレーや麻婆豆腐など、人気の定番おかずがおにぎりの具に変身する「おにぎり丸®️」をご紹介します!ボールのような見た目なので、スポーツキッズの応援弁当にぴったり。おにぎりをテニスボールや野球ボール風にデコるアイ…

ページTOPに戻る