連載

おいしさ新発見!いろんな形に変身する「かにぱん」を食べてみた

新商品やこれから話題になりそうなものをレビューしていくこの企画。本日は三立製菓が製造・販売している「かにぱん」をご紹介します。昔からある商品ですが、実はいろいろな形に変身させて、遊びながら食べることができるんです!

「かにぱん」を実食!

1日1食、新商品や話題の品を実際に食べてみるこの企画。
本日は、三立製菓が製造・販売している、“子供たちの大好きな味”というキャッチで有名な「かにぱん」をご紹介します。
かわいい“かに”の形をした人気者の「かにぱん」。みなさんの中にもこの商品を知っている方は多いのではないでしょうか?

袋を開けると、かにの形をしたパンが!

袋を開けると、やわらかいかにのシルエットをした「かにぱん」が出てきました。随分とリアルな見た目をしており、足もしっかりと10本ありました。
愛らしい見た目と、ちぎって食べるとちょうどよい大きさになる食べやすさが人気の「かにぱん」。実はただ食べておいしいだけでなく、割れ目にそってパンを割ると、いろいろな形に変身して、遊びながら食べることができるんです。
そこで今回は、ただ食べるだけではなく、ちぎって楽しむ食べ方を実践してみます!

とんぼぱん

まず最初に、足を6本ちぎってみました。そうすると、「とんぼぱん」の完成です。かにの足だった部分が、とんぼの羽に変身しました。

せみぱん

続いて、全部の足をちぎってみました。そうすると、「せみぱん」の完成です。羽を閉じて木に止まっている、せみの形のようではありませんか?

けいたいぱん

最後に、少しかわいそうではありますが、かにの片目をちぎってみました。なんの形か分かりますか?正解は「けいたいぱん」です。せみぱんと大した差はないですが、「言われてみれば!」と納得できますよね。

気になるお味は?

「かにぱん」をいただきます!

ちぎって楽しめる「かにぱん」は、いったいどんな味なのか。ちぎってひと口でいただきます!
少し固くて独特な食感の「かにぱん」は、ほんのり甘くてミルクの香り。食べていると、どこか懐かしい気分になりました。

特別おいしいというわけではないですが、一度食べると手が止まらないヤミツキ感があります。

ごちそうさまでした!

特集

SPECIAL CONTENTS