ゴクゴク飲むために!知っておきたいビールのカロリーと賢い飲み方

ビールといえば国民的に人気のお酒ですね。味や種類、飲まれるシーンもさまざま。暑い時期にビアガーデンで飲むビールは最高です!しかし気になるのがそのカロリー。とりあえず1杯、手軽に家で飲むことができるビールのカロリーを徹底分解してみましょう。

ビール大好き!でも気になるのは…

外食の時、気づけば「とりあえずビール」と注文してしまう方も、とにかくビールが大好きでたまらないという方も、ゴクゴク飲みながら実は気になるのが……ビールのカロリーですよね!
夏にはさわやかなのどごしが、冬には豊かなコクがたまらないビール。一年を通じておいしいですが、カロリーに関する情報もしっかりおさえておきたいものです。この記事では中ジョッキビールや各社の缶ビールのカロリー、最近人気のクラフトビールのカロリーなどまとめてご紹介します。

ビールのカロリー

ビール中ジョッキのカロリー

一般的な居酒屋やビアガーデンなどで、よく使われている中ジョッキの容量は435mlです。この量のビールのカロリーは約170kcal
お茶碗1杯のご飯のカロリーが約269kcalなので、中ジョッキでビールを2杯飲むと、ご飯1杯分よりも多いカロリーを摂取したことになります。

350mlの缶ビールだと約150kcal。家で飲むときも缶ビール2本飲んだあとに、〆でお茶漬けを食べたとしたら、お茶漬けを2杯以上食べたことになってしまいますね。

各社のビールのカロリー

日本の大手4社、主力銘柄のカロリーをご紹介します。(各100mlあたり)
キリンビール
『一番搾り』44kcal、『ラガービール』42kcal
アサヒビール
『スーパードライ』42kcal、『ドライプレミアム』49kcal
サントリー
『ザ・プレミアム・モルツ』47kcal、『ザ・モルツ』42kcal
サッポロビール
『黒ラベル』40kcal、『ヱビスビール』42kcal

今流行のクラフトビールのカロリー

全国各地で開催されている、オクトーバーフェストなどのビールのイベントで、日本も含め世界各国のクラフトビールを飲める機会が増えました。日本国内にあるクラフトビール醸造所の数は200以上あり、スーパーやコンビニでも気軽に買えるようになりましたね。

醸造所、作り手、それぞれによって味や香りが多種多様で個性的なのがクラフトビールの特徴であり、大手各社のビールと違う点です。そこで気になるクラフトビールのカロリーですが、「銀河高原ビール」の『ペールエール』が100mlあたり54kcal、『ヴァイツェン』が56kcalとなっています。大手各社のビールと比べると少々高いですね。ちなみに海外のビールで、日本でもよく知られている「バドワイザー」のカロリーは40kcalです。

カロリーが高くても人気があるクラフトビール。国内外のクラフトビールをセレクトした専門店もあり、その中でも流行しているビールが「IPA(アイピーエー)」。IPAとはインディア・ペールエールの略で、ホップを大量に使って作られているため、強い苦味とともに、柑橘類のような華やかな香りがする、味わい深いビールなのです。のどごしに重点を置いたビールと違って、味わいながらゆっくり飲むことをおすすめします。

発泡酒とのカロリー比較

ビールと発泡酒は、麦芽の使用率と使用原料の違いによって酒税法で分けられています。麦芽の使用率が3分の2以上であるものがビールで、3分の2未満のもの・ビールには使えない原料を使って作られたものが発泡酒です。

カロリーの違い

麦芽の使用率が違うと、カロリーも違ってくるのか気になりますよね。350ml缶のビールと発泡酒を比較してみると、キリンビールの『一番搾り』のカロリーが144kcal、発泡酒である『麒麟淡麗』が158kcalです。しかし発泡酒にはカロリーオフの商品もあります。アサヒビールの『スタイルフリー』のカロリーは84kcalです。単に値段が安いだけではなく、選択肢が多いのが発泡酒の良いところだと言えますね。

同じビールでもカロリーの違いが生まれるのはなぜ?

製法の違い

特集

SPECIAL CONTENTS