ローディング中

Loading...

高カロリーなイメージの生クリーム。種類によってカロリーが異なり、さらにカロリーオフのコツを知れば、安心してお菓子作りに使用できます。普段、甘いお菓子や料理のコク出しに使用しているけど、カロリーが気になるという方、ぜひ参考にしてみてください

生クリームと上手につき合う方法

生クリームといえば高カロリーでダイエット中はちょっと……。そうは思っても、ついつい食べたくなりますよね。でも、上手な取り入れ方を知れば、無理に我慢する必要はないのです。そんな生クリームとの付き合い方と、生クリームをカロリーダウンさせたヘルシーレシピをご紹介します。

生クリームのカロリーは?

生クリームには、動物性生クリームと植物性生クリームがあり、それぞれカロリーが少し異なります。動物性生クリームの100gあたりのカロリーは433kcalとなっており、ご飯100gあたりのカロリー168kcalと比較してやはり高カロリーとなっています。それに対して、植物性生クリームのカロリーは401kcalとなっており、動物性生クリームのカロリーよりは少ないものの、決して低いとは言えないカロリー量です。

生クリームの持つ栄養について

動物性生クリームのもつ栄養

【カルシウム】
生クリーム100gあたり、60mgのカルシウムが含まれています。カルシウムは、骨や歯を丈夫にする働きがあり、生クリームに含まれるマグネシウムがさらにカルシウムの吸収率を高めてくれます。

【ビタミンA】
生クリーム100gあたり380μgと、トマトの約8倍の量が含まれています。ビタミンAは、目や皮膚、粘膜を強くし免疫力を高める効果があります。乳脂肪分と一緒に摂ることで吸収されやすくなる特徴があるので、生クリームで効率的に摂取することができます。

【ビタミンB2】
脂肪の代謝に働きかけるビタミンB2は生クリーム100gあたり0.09g含まれています。皮膚・髪・爪などの細胞の再生に働き、肌荒れなどのトラブルを解消してくれます。口角炎や口内炎などの予防にも効果的です。

植物性生クリームのもつ栄養

【脂質】
100gあたり36.1gの脂質が含まれているため、効率的なエネルギー源の補給ができます。脂質は三大栄養素のひとつでもあり、脳の機能に大事な働きをするほか、体の細胞膜やホルモンを作る上でも大変重要な成分になっています。


【たんぱく質】
100gあたり6.3gと、動物性生クリームの約3倍含まれています。たんぱく質もまた三大栄養素のひとつであり、私たちの身体の筋肉や血液、皮膚、爪、臓器などを構成している欠かすことのできない栄養素です。

【リン】
こちらも動物性生クリームより多く含まれており、100gあたり190mgと、動物性生クリームの4倍の量になります。成人の体には最大850gのリンが含まれており、その85%がカルシウムやマグネシウムとともに骨や歯をつくる成分になっています。残りの15%は筋肉、脳、神経などの様々な組織に含まれ、エネルギーをつくり出すときに必須の役割をしています。

生クリームとダイエット

ダイエット中の生クリーム

ダイエット中に生クリームなんて禁物!そう考える方も多いかもしれませんが、我慢しすぎてストレスになっては逆効果。どうしても食べたくなったら、ほかの食事を低カロリーのものにしたり、摂る時間帯を少し意識するといいかもしれません。午後2時~3時は、体内に脂肪を溜め込むたんぱく質「ビーマルワン」の分泌が1日のうちで最も少ない時間帯なので、おやつの時間といわれる午後3時は太りにくい時間帯だそうですよ。

また、料理やお菓子に使う生クリームを別のもので代用したり、量を減らしたりすることで、大幅なカロリーダウンが可能。外食したり市販品を食べるより、少しの手間でも手作りすることで健康にもダイエットにもいい影響を与えます。時間があるときはできるだけ手料理を取り入れたいですね。

生クリームをカロリーオフするコツ

料理やお菓子作りに生クリームを使うときは低脂肪タイプのものがおすすめ。ケーキを作るときなど、たくさん生クリームを使いたい場合には、低脂肪タイプを選ぶとよいかもしれませんね。

そのほか、生クリームの量を半分にして、その代わりにヨーグルトや牛乳、豆乳などを混ぜてホイップする方法もあります。また、ケーキなどのスイーツを作る場合には、フルーツを多めにするのもポイントです。フルーツの量が増えると生クリームの量が少なくても満足することができますよ!

生クリームの代用品、豆乳クリーム

ヘルシーなのにコクのある「豆乳クリーム」は植物性の生クリームよりもさらにカロリーが低く、大豆の栄養価も摂ることができる、いま注目のクリームです。既製品もありますが、豆乳に砂糖と薄力粉を混ぜてとろみが出るまでフライパンでかき混ぜれば簡単に手作りすることもできますよ。

低カロリーの生クリームレシピ

高カロリーになりがちな生クリームを使ったレシピも、アイデア次第でヘルシーに仕上げることが可能です。そんなレシピをいくつかご紹介しますのでダイエット中の方はぜひ参考にしてみてくださいね!

ヨーグルトを使ったフルーツバーガー

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

新米の季節!甘くておいしいお米があるとついつい食べ過ぎてしまいますね…!そこでぜひ手に入れてほしいのが、ダイエットに便利だというニトリの飯碗。目安に合わせてごはんをよそえば、きっちりとごはんの量を制限できると…

この秋のトレンドとなりそうな安納芋を使った和スイーツ「鹿児島県産安納芋の純生クリーム大福」がローソンに登場!もち米粉を使ったやわらかな皮で安納芋餡と純生クリームを包んだというひと品がいったいどんな味なのか、実…

生クリームの泡立て、上手にできていますか?ハンドミキサーがあれば比較的簡単な生クリームの泡立てもホイッパーを使ってやろうとすると上手に泡立てられないこともありますよね。ハンドミキサーなしでふわふわの生クリーム…

日本酒

おいしくて、ついつい止まらなくなる日本酒。上手に楽しく呑むためには、日本酒一合の量やカロリーを知ることが大切です。今回は、日本酒一合の量、カロリーを基本に、日本酒のおもしろいウンチクまで詳しくご紹介します。

じゃがいも グラタン まとめ

ホクホクのじゃがいもで作るポテトグラタンは、どこか懐かしい気持ちになります。今回は、濃厚ソースでも、あっさりソースでもおいしいポテトグラタンの人気レシピを、23選ご紹介します。ホワイトソースなしの簡単レシピも…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

現在アメリカで、Zach Kingという男性がVine上で公開しているマジック動画が話題を集めています。その編集作業やCG技術を駆使した独創的かつ精巧な動画は、見れば見るほどに魅入ってしまう中毒性があるんです…

合コン ワイン 日本酒 まとめ

忘年会や新年会が多いこの時期、上司やお偉いさんとお酒の席を共にする事も多いですよね。そんな時、社会人として絶対に覚えておきたいお酒の席でのマナーを7つ選びました。これをしっかり覚えて飲み会に望めば失敗すること…

おしゃれ カフェ レストラン 東京 まとめ

東京にはおしゃれなカフェがいっぱい!今回は雑誌の撮影などで使われるお店を中心に、SNS映えする店内やフォトジェニックでおいしい料理が食べられるカフェを厳選しました。これで行きたいお店が見つかるはずです!

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

納豆 レシピ ハロウィン

納豆を使ったハロウィンメニュー5種をご紹介します!「個性が強い納豆は洋食に合わない」なんてもったいない!トロッととろける食感と濃厚なうまみが、どんな食材とも相性抜群なんです♩見た目もかわいく、意外性たっぷりな…

魚介をおいしく食べるための「魚屋の鍋つゆ」シリーズが、鮮魚売り場でよく見る万城食品から発売されました!お魚やホタテ、エビなど、魚介のうまみを手軽に引き出せる鍋つゆなんですよ。4種類の鍋つゆを実際に試してみまし…

おにぎり お弁当

カレーや麻婆豆腐など、人気の定番おかずがおにぎりの具に変身する「おにぎり丸®️」をご紹介します!ボールのような見た目なので、スポーツキッズの応援弁当にぴったり。おにぎりをテニスボールや野球ボール風にデコるアイ…

ページTOPに戻る