生クリームのカロリーとは?カロリーオフの簡単テクで賢くダイエット!

高カロリーなイメージの生クリーム。種類によってカロリーは異なりますが、カロリーオフのコツを知れば安心してお菓子作りに使用できます。生クリームのカロリーから栄養、カロリーオフのテクニック、さらにはヘルシーでおいしいスイーツレシピも紹介します。

2018年1月30日 更新

生クリームと上手につき合う方法

生クリームといえば高カロリーでダイエット中は控えたいもの……。そうは思っても、ついつい食べたくなりますよね。でも、上手な取り入れ方を知れば、無理に我慢する必要はないのです。そんな生クリームとの付き合い方と、生クリームをカロリーダウンして作るヘルシーレシピをご紹介します。

生クリームのカロリーは?

生クリームには、動物性生クリームと植物性生クリームがあり、それぞれカロリーが少し異なります。動物性生クリームは100gあたり433kcalとなっており、ご飯100gあたりのカロリー168kcalと比較してやはり高カロリーとなっています。それに対して、植物性生クリームのカロリーは392kcalとなっており、動物性生クリームのカロリーよりは少ないものの、決して低いとは言えないカロリーです。

生クリームの栄養について

動物性生クリームの栄養

【カルシウム】

生クリーム100gあたり60mgのカルシウムが含まれています。カルシウムは、骨や歯を丈夫にする働きがあり、生クリームに含まれるマグネシウムがさらにカルシウムの吸収率を高めてくれます。

【ビタミンA】

生クリーム100gあたりレチノール活性当量は390μg含まれ、皮膚や粘膜を正常に保ち、細菌に対する抵抗力を高める作用があります。乳脂肪分と一緒に摂ることで吸収されやすくなる特徴があるので、生クリームとして効率的に摂取することができます。

【ビタミンB2】

糖質やタンパク質、脂質の代謝に働きかけるビタミンB2は生クリーム100gあたり0.09mg含まれています。皮膚・髪・爪などの細胞の再生に働き、不足すると口角炎や口内炎などの症状が引き起こされる場合もあります。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう