ローディング中

Loading...

夏の野菜の代表格「なす」。煮ても、焼いても、炒めてもおいしいですよね。そんな「なす」にはどれくらいのカロリーが含まれているかをご存知ですか?今回は気になるカロリーと栄養、ダイエットに向きのレシピまで、まとめてご紹介します!

万能食材の「なす」

なすは煮ても、焼いても、炒めてもOKの万能食材。いろんな料理に使えるので、食卓に並ぶことも多いのではないでしょうか。スーパーでは年中とおして手に入るなすですが、旬は夏。

なすは、日本へは奈良時代に伝わり、お漬物として親しまれてきた古い歴史のある野菜です。「一富士、二鷹、三なすび」ということわざの中で、なすを初夢に見ると縁起がよいとされるのは、なすは早く身が成るということが起源なのだそう。

今回は、そんななすのカロリーや栄養、ダイエットにおすすめのレシピまで、まとめてご紹介します。

ナスのカロリーは?

なすのカロリーは、100gあたり約22kcalです。茹でると中の水分が飛ぶので、19kcalにまで減ります。とてもヘルシーですね。へた以外は皮の部分も食べられるので、1本あたりのカロリーは、中サイズのなすだと約25kcalです。

代表的ななす料理のカロリーは?

では、代表的ななす料理のカロリーもご紹介します。

なすを使った代表的な料理で思い浮かぶのが「麻婆なす」。大人から子供まで、幅広い世代に人気の中華料理ですね。なすを豚ひき肉と炒め調味料で和える麻婆なすの、100gあたりのカロリーは約124kcalです。小皿ひと皿ぶんの麻婆なすを食べると、約180kcal。

また、「焼きなす」もなす料理の定番。グリルで丸ごと焼いて、皮を剥いて食べる焼きなすは、100gあたり75kcal、なすを1本食べても約80kcalと低めのカロリーです。生の状態よりもカロリーが少し上がるのは、醤油などの調味料がプラスされたからです。

なすはそのままだととても低カロリーなお野菜ですが、油をよく吸収するので、油を使うとそのぶんカロリーも高めになってしまいます。ダイエット中に食べるのなら、炒め物より、焼きなすの方が摂取カロリーは低くなります。

なすの栄養をご紹介

ナスニン

ナスの濃い紫色は、「ナスニン」と呼ばれる色素の一種で、なすからしか抽出されないポリフェノールが含まれています。ポリフェノールには、抗酸化物質が含まれていて、体内の活性酸素を制御してくれるので、美肌効果、老化防止、そして、がんの予防への効果も期待されているのです。

ナスニンが含むポリフェノールは、アントシアニン系色素の一種。これは、ブルーベリーなどにも含まれていて、眼精疲労の回復にも効果的です。なすの皮の濃い紫色にはこのように、人の健康維持に欠かせない栄養が含まれていますので、ぜひ皮を剥かずに食べましょう。

カリウム

カリウムは、体内にある余分な塩分や水分を外に排出して、体内のバランスを整えてくれる大事な栄養素です。なすにはこのカリウムが、100gあたり220mg含まれています。カリウムが不足すると、身体の中は塩分濃度をあげようとして細胞の中に水分を取り込もうとします。これが足などのむくみの原因になるのです。むくみやすい夏の季節に、ぜひ取り入れたい栄養素といえます。

βカロテン

βカロテンとは、発色豊かな緑黄色野菜に含まれている強い抗酸化作用をもつ栄養素。なすには100gあたり100μg含まれています。βカロテンは体内でビタミンAに変換され、粘膜や皮膚の細胞を正常化したり、目の健康を保ったりするはたらきがあります。

なすとダイエット

なすの魅力は、低カロリーなこと、そして、水分が多いことです。なすは食物繊維をほかの野菜にくらべて多く含んでいるので、水分との相乗効果で便秘解消につながります。そして、なすに含まれているビタミンB群もダイエットには強い味方。ビタミンB群は代謝を促すので、積極的に摂ることで、ダイエットに効果が発揮されます。

なすのおすすめの食べ方

ほかの食材とも相性のよいナスは、カロリーも低めで、調理方法を選べばダイエットにも向いた食材です。今回は、おすすめのレシピをいくつかご紹介します。

ますの胡麻和え

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

和食 レシピ まとめ

めんつゆ、白だしなどがしみ込んだ「なすの煮浸し」は、和食の定番メニュー!今回は、レンジやフライパンで調理するものなど、なすの煮浸しの人気レシピを22選ご紹介します。じゅわっと旨味が口のなかで広がる煮浸しで、ほ…

サムギョプサル レシピ 韓国料理

韓国料理の定番ともいえる「サムギョプサル」ですが、みなさんはどんな料理か説明できますか?サムギョプサルとは、韓国語でどういう意味なのか…。食べ方や気になるカロリーまで、まるっとご紹介したいと思います。…

レシピ うどん キャベツ 豆腐

味噌のコクとお肉のうまみがぎゅっと詰まった肉味噌は、お子さんにも大人にも大人気!今回は、肉味噌の作り方と、肉味噌を使った「丼」「うどん」「キャベツ」「冷奴」「なす」料理をご紹介します。ぜひ、参考にしてみてくだ…

パフェ

洋菓子ブランド「銀のぶどう」から、『「パフェ・アート」糖質とカロリーにこだわりました』が登場。おいしさ・かわいさはもちろん、気になる糖質とカロリーにもこだわりが!話題の「シールド乳酸菌®」も加えられています…

夏野菜 レシピ おつまみ

そろそろなすがおいしい季節ですね。油との相性が抜群にいいなすは、揚げることでとろとろっとやわらかな食感に♩今回は、挽肉を挟んで食べごたえのあるはさみ揚げに仕上げました。甘酢あんをたっぷりからめて召し上がれ!

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

鉄板焼き まとめ

いかに無駄を削ぎ、己の思い描く理想像への最短距離を追求する…これ、一流のシェフの流儀なり。一方で、“いかに観客を魅せるか”ということに心血を注ぐシェフもまた存在するんです( ゚д゚) 今回は、そんな自己アピー…

アメリカ まとめ

そのネーミングからか、アメリカオリジナルだと思っていた代表的な食べ物が、実はアメリカ人の発明ではなかった....そんな食べ物9選を紹介します。あなたは幾つご存知でしたか?

まとめ

キッチンタオル、安くて可愛いデザインのものが増えましたよね。そのキッチンタオルに一手間加えるだけで新しいインテリアグッズ、キッチングッズを作ることができちゃいます♪ぜひこの記事でアイデアを見つけて試してみてく…

とうもろこし まとめ

食用利用されることが多い食材「野菜」。実は世の中には観賞用として栽培される品種もあるんです!今回は、そんな目で見て楽しむための一風変わった野菜をご紹介。味にクセあって食用には適さないものも、インテリアとして…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

スープ

「お腹いっぱい食べたい!でもヘルシーな食べ物を口にしたい」これは女性共通の想いですよね。そこでおすすめしたいのが、イトーヨーカドーのレンジアップスープ。具たくさんでヘルシーだと話題の厳選3品を実食し、一番おい…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る