日本でも人気急上昇!美しすぎる「レインボーフード」のレシピ10選

日本でも人気沸騰中の「レインボースイーツ」。ベーグルやケーキが有名ですが、それ以外でも作れちゃうんですよ。今回はおすすめレシピを10個ご紹介。簡単なものから手が込んだものまでありますので、お好きなものをチョイスして作ってみてはいかが?

レインボースイーツが大流行中

このカラフルな「レインボーフード」は、もともとはアメリカで考案されたものです。現在、日本では「レインボースイーツ」が流行中で、メディアでもこのところよく取り上げられています。カラフルで華やかな虹色のスイーツは、見ているだけでテンションが上がっちゃいますよね?

macaroniでも、レインボースイーツについてご紹介してきました。
ということで、今回はスイーツに限らず、レインボーカラーをモチーフにした料理のレシピを海外からご紹介します。あなたも特別な日に、ぜひ作ってみませんか?

レインボーフードのレシピ10選

1. バーベキューで野菜の串焼き

どうしても茶系の色が多くなってしまうバーベキュー料理ですが、使う野菜をひと工夫すれば、こんなに美しく彩りがあざやかになりますよ。

レシピでは、赤とオレンジ、黄色のピーマン、ふつうの緑のピーマン、スクワッシュ(かぼちゃの1種)、ズッキーニと紫芋、レッドキャベツ、レッドオニオンを使って串に刺して焼いています。紫芋は下ゆでしてからほかの野菜と混ぜ、オリーブオイル、黒コショウ、にんにく、塩、バルサミコ酢を混ぜたソースを入れてよく味をなじませます。

2. カラフルベジタブルピザ

上の串料理と要領は同じです。ピザ生地を作ったらトッピングにトマトやブロッコリー、レッドオニオンや黄色いピーマン、コーンなどをのせて焼けばOK。ヘルシーかつキレイなピザができあがりです。自然の色味だけでここまでできますよ。

3、フルーツものせて。スムージー

:冷凍ラズベリー、いちご
オレンジ色:冷凍の桃、マンゴーとふつうのオレンジ
黄色:冷凍パイン
緑色:冷凍パインとふつうのほうれん草
ブルー:冷凍パインと青い食用色素
紫色:冷凍ミックスベリー
マゼンタ:冷凍ラズベリーかいちご、薄切りのビーツ(赤カブ)

それぞれの色の食材に、冷凍バナナ、ギリシャヨーグルト、水を加え、(※マゼンタのみ水は不要)別々にミキサーで撹拌(かくはん)します。最後にグラスの中に順番にスムージーをのせていくだけ。あまったフルーツでトッピングしましょう。

緑色になりがちのスムージーも、まるでジュースやカクテルのように楽しめちゃいます。

4. レインボーベーグル

生地を作るのはふつうのベーグルと変わりませんが、1時間ほど発酵させたら生地を6個に分割し、食用色素を使ってそれぞれ色をつけましょう。少し乾かしてから6個の生地を伸ばして手でこねながらひとつにまとめます。

生地は8つに切り、中央は空洞になるようにベーグルの形にして、10分発酵させます。沸騰したお湯に片面30秒ずつくぐらせて、冷ましてから230度で予熱したオーブンで焼いてください。

こんなすてきなベーグルが朝ごはんに出てきたら、思わず眠気も吹き飛んでしまいそう。

5. カップケーキも虹色で

あらかじめプレーンのカップケーキは準備しておき、しぼり袋は口金の部分を下にして、乾燥しているブラシで食用色素を順番に、袋の内側のビニール部分をぬるように入れていきます。ブラシはほかの色と混ざらないように、できれば各色専用に用意したほうがよいでしょう。すべての色をしぼり袋に入れたら、バタークリームをそっと詰めます。

口金と反対の部分を持ってそっとひねり、封をします。最初は色が混ざりすぎているので、ちょっとしぼり出してからデコレーションしていきます。

※食用色素は液体ではなく、ジェル状があればそちらがおすすめです。

6. とってもキュートなマカロニチーズ

バター、牛乳、チーズ、小麦粉、塩を鍋に入れて、中火で溶かします。焦げないように気をつけて混ぜ続けましょう。溶かしたチーズは4つの容器に分けていれ、食用色素で色をつけます。マカロニはゆでてから4つの容器に入れ、よく混ぜてチーズでコーディングするようにしてください。

これでチーズの風味豊かなレインボーマカロニのできあがり。サラダのトッピングにもよさそうですね。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

noranora69

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう