簡単ジューシー♪「なす餃子」の基本レシピ

今回は「なす餃子」のレシピをご紹介します。いつもの餃子より簡単なのにジューシーななす餃子。餃子の皮の代わりになすを使う基本のレシピだけでなく、肉だねになすを入れるものやピリ辛アレンジも教えちゃいます♪

なす餃子の基本レシピ

材料(12個分)

なす……2本
合挽き肉……100g
キャベツ……50g
にら……20g
塩……小さじ1杯
にんにく……1片
ごま油……適量(フライパン用)

合わせ調味料

しょうゆ……大さじ1/2杯
酒……大さじ1/2杯
ごま油……大さじ1/2杯
鶏がらスープの素……小さじ1杯
砂糖……小さじ1/4杯
片栗粉……小さじ1杯
塩……少々
こしょう……少々

つけだれ

しょうゆ……大さじ1杯
酢……大さじ1杯
ラー油……適量(お好みで)

下ごしらえ

1. キャベツとニラはみじん切りに、なすはヘタとガクをとります。

2. にんにくをすりおろしておきます。

3. 合わせ調味料をよく混ぜておきます。

作り方

1. なすを縦に5mm幅で8枚の薄切りに、外側の皮の部分2枚はみじん切りにします。

2. ボウルに水を500cc入れて、塩小さじ2杯を溶かし(分量外)、なすを5分ほど浸してアク抜きし、手で挟むようにして水気を絞ります。

3. ボウルに肉だねの材料と合わせ調味料、1でみじん切りにしたなすをすべて入れて、粘りが出るまでよく混ぜます。粘りが出てきたら12等分にしましょう。

4. 薄切りにカットしたなすの片面に片栗粉を薄くふります。12等分にして丸めた3をなすの中央にのせて、なすを折りたたみます。

5. 中火で熱したフライパンにごま油をひき、にんにくを入れて香りが立つまで炒めます。

6. 香りが出てきたら4を加えて、表面に軽く焼き色がつくまで裏返しながら中火で焼きましょう。

7. なすの両面に軽く焼き色がついたら弱火にし、蓋をして4〜5分ほど蒸し焼きにします。

8. つけだれの材料を小皿に入れたら完成です。

コツ

肉だねを包むとき、両端を2cmほど残して、なすの太い方に肉ダネを置くと上手く端をくっつけることができます。包む際になすの端をくっつきやすくするために、水気をあまり絞りすぎないようにするのもコツです。

なす餃子のアレンジレシピ4選

1. ピリ辛ジューシー♪ 麻婆なす餃子

白いお皿に盛られた麻婆茄なす餃子

Photo by macaroni

基本のなす餃子をピリ辛にアレンジしたレシピです。作り方はほとんど変わりませんが、肉だねを作るときに合わせ調味料は入れません。なす餃子に焼き色がついたら、合わせ調味料で煮ていきます。お酒のおつまみにもなるひと品です。

2. 餃子のタネに混ぜたなす餃子

いつもの餃子のように作るなす餃子のレシピです。白菜やキャベツの変わりになすを入れて、肉だねを作ります。あとは餃子の皮でその肉だねを包み、フライパンで焼いたら完成。これならなすが入っているとわからないので、なすの苦手なお子さんでも食べやすいですよ。

特集

SPECIAL CONTENTS